利用者 47 万人突破!

(2020年10月1日更新)

フランス
インターンシップするには?2分で始める留学実現の第1歩

H1 label
フランスインターンシップの費用、成功させたい人必見!

文化のみならず、世界経済の一角を担う国であるフランスには、世界の企業や国際機関が多く集まっています。
企業から専門職まで、幅広いインターンの場が設けられていますよ!

パンフレットを見てみたい!

フランスのインターンシップの特徴

フランスでは、インターンシップのことをスタージュと言います。
大学によってスタージュを必須科目のひとつとして取り上げているところもあり、現地の学生たちが就職活動の一環として行っていることも多いです。

フランスのインターンシップで体験できる職場は多岐に渡ります。
企業体験のみならず、料理研修やファッション関連の研修など、女性人気の高いカルチャー系の内容も行われています。

また、フランスのインターンシップは法律によってさまざまな規定が設けられています。
インターンシップ参加の前に、フランスインターンシップの仕組みをしっかり理解しておくことも大切です。

フランスでインターンシップができるおすすめプログラム

芸術の国としても知られるフランスには、女性の憧れるインターンシップ内容が多いのが特徴です。
インターンシップを通して、手に職をつけるチャンスもあるかも!?

プログラムをもっと見る

フランスのインターンシップに必要な費用について

フランスのインターンシップで必要な費用の目安

期間 費用の目安
1ヶ月 10~40万円
3ヶ月 30~90万円
半年 50~180万円
1年間 70~300万円

フランスのインターンシップにかかる費用の目安は、半年間で50~180万円です。
食費や宿泊費、語学レッスンありのプログラムもあるので、費用の目安は幅広くなります。

また、インターンシッププログラムの中には、ワーキングホリデービザを取得して参加できるものもあります。
より長くフランスで研修や就労経験を積みたい場合は取得を考えるのもひとつの方法です。

食費や宿泊費がプログラムに含まれていない場合は、滞在都市によってもかかる費用が変わってきます。
特に、首都圏などでは物価が高い傾向にあるので、無給のインターンシップに参加するときには余裕をもって資金の準備をすると良いでしょう。

学生がフランスでインターンシップを行う場合

フランスでは、学生がインターンシップを行うにあたってさまざまな規定を設けています。

たとえば以下のような事柄が国によって定められています。

  • 学生がインターンシップを行う場合、雇用期間が最長6ヶ月間まで
  • 学生のインターンシップにおける最低賃金は月額554ユーロ(約7.3万円)
  • 手当てが支給されるのはインターンシップ期間が2か月以上の場合

自分が参加するインターンシップではどのような規定があるのか、参加の前にエージェントや企業への確認などをしっかりと行うようにしましょう。

フランスの有給インターンシップでもらえる手当てについて

インターンシップの多くは無給で行われていますが、中には手当てをもらうことができる研修もあります。
学生のインターンシップでの最低賃金も考慮に入れて、月額500~1,000ユーロ(約6.5~13万円)がひとつの目安となります。

また、フランスの最低賃金は2017年に引き上げを行い時給9.76ユーロ(約1,287円)となっています。
ただし、インターンシップでも同様の規定が適用されるかは確かではありません。
また、有給で働く期間によっては、税金を納める義務が発生することも考えられます。

あらゆる可能性を考慮に入れながら、インターンシップの計画を立てていきましょう。

フランスのインターンシップに必要なビザは?

フランスのインターンシップのために必要なビザとしては、下記のような種類の取得が考えられます。

また、申請料金もビザの種類によって変わってきます。

ビザ名称 概要
学生の研修生ビザ 大学生が、大学での学業または講習の一環として行う場合
社会人の研修生ビザ フランス国外の企業に勤める給与所得者が研修を行う場合
ワーキングホリデービザ 18~30歳までの年齢で、過去にワーホリビザを取得していない場合

研修生ビザは長期滞在ビザに該当するので、99ユーロ(約1.3万円)の申請料金がかかります。 ワーキングホリデービザは、申請料は無料です。

学生・社会人の研修ビザは、ビザ申請者が日本国籍者を有している場合、滞在期間が90日未満であればビザの申請は不要になります。
ただし、労働局が承認した研修協定書を持っている必要があります。

また、ワーキングホリデービザは18~30歳までの年齢制限がありますが、1年間の滞在が可能です。
インターンシッププログラムの中にはワーキングホリデービザ取得者が対象のものもあるので、ぜひプログラムを探してみてくださいね!

フランスインターンシップ

フランスのインターンシップ関するその他詳しい情報

こちらではインターンシップに関する費用面以外の情報をお届けしています。 フランスでのインターンシップをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

フランスのインターンシップでできる仕事について
フランスでできるインターンシップは、パティシエなどの料理研修、ホテル業、フローリスト研修、ファッション関係の研修など専門分野に関わるものが多いことが特徴です。

また、フランスや日系の企業でもインターンシップ生を募集しているところがあります。
フランス語は世界的にも多くの国で話されている言語なので、世界に通用するフランス語を鍛える場にもなりますね!

インターンシップは無給のプログラムも多いですが、体験することでたくさんのことを学べたりスキルアップにつながったりします。
お金に代えられない、将来に向けての自己投資という気持ちでチャレンジすることが大切です♪

フランスのインターンシップに必要な語学力について
フランスのインターンシッププログラムでは、実際にインターンシップを始める前に語学コースを設けているものもあります。
語学をしっかり身につけてから研修に臨むことができる点が嬉しいですね!

一方で、研修内容によっては中級以上の語学力を求めているところもあります。
パティシエなどの専門分野の場合、「語学力よりも技術が重要」と思うこともあるかもしれませんが、仕事をよりスムーズに進めるには職場でのコミュニケーションも大切です。

語学力があるに越したことはないので、研修前の語学コースを有効活用したり、渡航前にフランス語を学んだりすることでより充実したインターンシップにつながるでしょう。

フランスはインターンシップに関する国の取り組みがある!
在日フランス大使館では、日本学生がインターンシップを通してフランス企業を知る機会を持ってもらおうと、「イノベーション・インターンシップ100」プロジェクトを始めています。

対象者は、日本国籍を有する学生、または30歳未満の既卒者。
ワーキングホリデービザを取得した上で、フランス企業の募集するインターンシッププログラムに参加することができます。

詳細は在日フランス大使館の公式サイトに掲載されているので、フランスでのインターンシップに興味がある方はぜひ情報をチェックしてみてくださいね!

「イノベーション・インターンシップ100」について詳しくはこちら(フランス大使館公式サイト)

フランスでインターンシップ

フランスのインターンシップで、夢や将来の可能性を広げる体験を!

多様な職種を体験できるフランスのインターンシップ。
将来はフランスやヨーロッパで働きたい、フランス語を使った仕事に就きたい、専門技術を極めたい…といったあらゆる可能性にチャレンジできるので、やりがいもたっぷりです!

「フランスも含め、もっといろいろな国のインターンシップ情報を知りたい!」という方は、パンフレットの無料請求やエージェントへの相談などもしてみてくだいね。
海外インターンシップへの参加で、日本での職場とはまた違った視点を養っていくこともできますよ♪

パンフレットを見てみたい!

フランス留学の目的

人気の目的をもっと見る
 

フランス留学に人気の都市

フランス留学関連情報

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!