利用者 47 万人突破!

(2020年10月28日更新)

ブレーメン留学するなら!費用やメリット、基本情報など

ブレーメン留学するなら!費用やメリット、基本情報など
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットを見てみたい!
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

ブレーメンといえば、グリム童話「ブレーメンの音楽隊」で有名なドイツの都市です。
古い建物が並ぶ旧市街は絵本のように可愛らしく、まさにブレーメンの音楽隊の世界そのもの。

ブレーメン留学では、物語の主人公になったかのような気分で生活ができますよ!

今回は、ドイツ屈指のメルヘンな街ブレーメンの留学情報について詳しくご紹介します。

パンフレットを見てみたい!

ブレーメン留学のメリットと特徴

  • メルヘンな街並みを堪能できる!
  • 交通手段が豊富で生活しやすい!
  • 文化やアートなど教養が身につく

ブレーメンはドイツの観光都市で、中世の雰囲気が感じられる美しい街並が人気を集めます。

マルクト広場や、世界遺産でもあるブレーメン市庁舎など、魅力的な観光スポットが盛りだくさん!
定番の観光スポットは旧市街に集まっているので、学校帰りや休日にまとめて巡りやすいのもポイントです。

観光地でありながらも他の大都市ほど混雑しておらず、落ち着いて生活できるのもブレーメンの魅力ですよ。

メルヘンな街並みを堪能できる!

ブレーメンは「絵本の町」と呼ばれ、現実離れした可愛らしい街並みが魅力です。

特にシュノーア地区という住宅街は、レンガ作りの建物が並ぶ人気の観光エリア。
石畳の道にはカラフルや建物が並び、まさに物語の世界のような光景が広がっています。

可愛いものが好きな方やファンタジーが好きな方は、ブレーメンの街を眺めているだけで幸せな気分になれるはず!

ブレーメン留学中は、近代化した街にはない昔ながらのドイツの風景に出会えますよ。

交通手段が豊富で生活しやすい!

ブレーメンは市内にトラムとバスが走っていて、この2つの乗り物だけで不自由なく生活ができます。

特にトラムは、市民や足として活躍する重要な乗り物。
5分から10分間隔で停車駅にやってくるので、待ち時間が少なくて済むんですよ!

またブレーメンには、景観や環境に配慮して自転車に乗っている人がたくさんいます。
ブレーメン留学中は、美しい街並みを眺めながら自転車通学するのも気持ちよさそうですね。

ブレーメン留学

文化やアートなど教養が身につく

「ブレーメンの音楽隊」という童話があるとおり、ブレーメンではドイツ本場の音楽に触れることができるんです。
劇場では交響楽団のクラシックを聴くことができ、留学中に音楽の知識をつけることも!

またブレーメン美術館を始めとした美術館や博物館も多く、気軽にドイツのアートや文化を学ぶこともできます。
ブレーメンで留学をすれば、語学力だけでなく幅広い分野の教養を身につけられますよ。

ブレーメン留学

ブレーメンが気になったら パンフレットを見てみたい!

ブレーメン留学の費用

語学留学した場合の費用目安

期間 費用の目安
1週間 約14万円~約20万円
1ヶ月 約26万円~約46万円
6ヶ月 約102万円~約211万円

※航空券(往復)・語学学校の学費・滞在費・食費込みの金額

含まれない金額
おこづかい、海外旅行保険

語学留学のモデル費用(1ヶ月)

項目 費用の目安
合計 約36万円
航空券(往復) 12万円
語学学校 9万円 ※授業時間数:20時間/1週間
滞在費+食費(ホームステイの場合) 9万円
おこづかい 4万円
海外旅行保険 2万円

ブレーメンで1ヶ月の語学留学をした場合の費用目安は約36万円です。

ブレーメンの物価は大都市ほど高くなく、日本と同じレベルの生活をすることも難しくありません。
語学学校の数も一定数あり、エージェントに相談をすれば学費が安い学校を探すこともできます。

ただ航空券代が少し高い傾向にあり、最も安い航空会社や時期を狙っても10万円ほどの費用がかかります。

ブレーメン留学の費用を抑えるなら、オフシーズンに航空券を予約したり、日本への帰国回数を減らしたり工夫するのがポイントですよ!

ブレーメンの物価

項目 費用
ペットボトルの水(1.5L) 0.37ユーロ(約44円)
マクドナルドのセット 7.5ユーロ(約900円)
最低賃金 9.35ユーロ(約1,123円)

※2020年2月時点

参考:NUMBEO

ブレーメンの物価は、日本よりも少し低い程度だと考えてよいでしょう。

ベルリンやミュンヘンほどの都会ではないので、低価格で日本よりも広いアパートに住むことも。
食料品や日用品の値段も安く、日常生活であまりお金がかからないのがポイントです。

さらに街は全体的にコンパクトにまとまっているので、自転車や徒歩をメインに移動をすれば交通費を節約することもできますよ!

またドイツの最低賃金は9.35ユーロ(約1,123円)で、学生ビザでもアルバイトをすることが認められています。
しかしブレーメンには日本人向けの仕事が少ないので、あらかじめ余裕を持って留学費用を貯めておくのが安心ですね。

ドイツの留学費用についてもっと見る

ブレーメンの基本情報

美術館や博物館が豊富なブレーメンは、ドイツの芸術や文化を学ぶにはぴったりの都市。
さらにサッカー熱の高い市民が多く、スポーツが好きな方にとっても見応えのある街なんですよ。

ブレーメンでは、芸術、文化、スポーツを通してドイツを深く知れるのが嬉しいですよね!

また街がコンパクトで生活しやすく、トラムやバス、自転車を使って市内をサクサク観光できるのもブレーメンの魅力です。

ここでは、そんなブレーメンで留学するなら知っておきたい基本情報をまとめました。

項目 詳細
都市名 ブレーメン/Bremen
ドイツ/Germany
ブレーメン州/Bremen
公用語 ドイツ語
面積 325km²
人口 569,352人 ※2018年12月City Population調査
通貨 ユーロ(€)
日本からのアクセス 羽田・成田空港からフランクフルトまで12時間10分
⇒フランクフルトからブレーメンまで55分
日本との時差 -8時間 ※サマータイム時は-7時間

ブレーメンに日本人は多い?少ない?

少なめ

ブレーメンの日本人比率は、ドイツの他の大都市と比べて低めです。

日本人観光客はちらほらいますが、それでもミュンヘンやフランクフルトほど日本人を見かける機会は少ないでしょう。
そのためブレーメン留学は、日本語の使わない環境で勉強に集中したい方にぴったりなんです!

ただ、日本人留学生の総数は少ないものの、時期によってはブレーメン大学やブレーメン工科大学へは日本人学生が留学していることも。
そのためコミュニティ活動やイベントに積極的に参加すれば、同じ日本人留学生に出会うチャンスもありますよ。

ブレーメンの治安は?

良好

ブレーメンの治安は、ドイツの中でも良好です。
ブレーメンは観光地ではあるものの混雑はしておらず、スリや置き引きのような軽犯罪が発生しにくい環境だと言えるでしょう。

しかしいくら安全だからといって、日本ほど油断してよいわけではありません。
カバンのファスナーはしっかり閉めること、怪しい人に不用意に関わらないことなど、必要最低限の自衛を忘れないようにしましょうね!

ブレーメンの気候

ブレーメン気候

寒冷なドイツの中でも、ブレーメンは比較的温暖な気候の土地です。

最も寒い1月では氷点下に達することもありますが、それ以外の月では最低気温が1度から3度程度を保っていることがほとんど。
雪もあまり降らないため、降雪により不便な思いをすることも少ないんですよ。

しかし、それでも日本の冬と同じくらい冷え込むため、防寒具の用意だけは忘れないようにしましょう!

夏は最高気温が25度前後で雨も少なく、安定した気候の中過ごすことができますよ。

ブレーメン留学のよくある質問

ブレーメン留学はどんな人におすすめ?

ブレーメン留学は、音楽や演劇などアートの分野に興味がある方におすすめです!「ブレーメンの音楽隊」で知られるブレーメンでは、劇場で本場のクラシック音楽や演劇を楽しめます。ドイツのクオリティの高いアートに触れたい方は、ブレーメンでは充実した留学生活を送れますよ。

ブレーメンで絶対に訪れておきたい名所は?

ブレーメンで、まず見ておきたいのがブレーメンの音楽隊の像でしょう!マルクト広場の隅にあり、ブレーメンを代表する観光スポットとして人気を集めています。その他にもブレーメン市庁舎やベットヒャー通りなど、魅力的なスポットが豊富。ブレーメンではメルヘンな建物とノスタルジックな景観をぜひ楽しんでくださいね!

パンフレットを見てみたい!

ドイツの都市を見る

パンフレットを見てみたい!

ドイツ留学関連情報

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!