日本語教師アシスタントまるわかり!人気ランキング・費用・体験談など【留学くらべ〜る】

利用者338,685人突破!(2017年12月11日更新)

カート

0

日本語教師アシスタントを検討しているなら
準備や渡航中のサポートがあるエージェントがおすすめ!

日本語教師アシスタントのイメージ画像

日本語教師アシスタント

世界中の人に日本語を教える日本語教師(アシスタント)ですが、アシスタントであれば資格が不要なのも嬉しいポイント。
需要が高まっている日本語を教える活動は、チャレンジしがいのある留学スタイルです♪

\日本語教師アシスタントの無料パンフをまとめてもらえる/

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

日本語教師(アシスタント)の特徴/メリット

・日本語を教えながら語学力が身につく!
・コミュニケーションスキルが身につく!
・子ども好きの方にピッタリの留学!

日本語教師に求められるのは日本語力です。
ただし普通に喋るのと教えるのは大違い。日本語教師となると体系的に日本語を教えないといけないので、いつも使っているレベル以上に日本語を理解する必要があるんです!

そしてそれはアシスタントでも同じ!日本語の文法について少しでも学んでおくことで、指導がスムーズにできます。最初は難しいかもしれませんが、教えたことを子どもたちが理解した時には喜びもひとしおですよ♪

★親日家が多いオーストラリア
オーストラリアは日本語を勉強している若者が多い国!日本が輸出先No.1なので、日本語が就職に役立つと考える人が増えているんです♪

★意外な日本語人気!?アメリカ
クールジャパンが人気のアメリカ。若い世代の中には、アニメや漫画文化を学ぼうと日本語を勉強する人が増えているんです♪

★世界一日本語を勉強している中国
中国は100万人以上が日本語を勉強しています。だから、ネイティブな日本語教師の需要も多く、チャンスもいっぱいあります♪

★学習者の比率はNo.1!インドネシア
インドネシアも大人気!80万人が勉強しているのですが、人口比では中国よりも多め♪もちろん、日本語教師の需要はたくさんありますよ~!!

★100年以上の日本語教育をするブラジル
ブラジルは150万人の日系移民が暮らしている国!日本語教育も100年以上行われているので、勉強したいという子どもが多いんです!

日本語教師アシスタントで人気の国ランキング

母国語として使われているのは日本のみですが、世界では日本語の需要が少しずつ高まってきています。
日本語教師(アシスタント)ができる国には、どのようなところがあるのかこちらでチェックしていきましょう♪

日本語教師アシスタントのおすすめプログラム

日本語教師(アシスタント)の費用

海外の子どもたちと触れ合いながら日本の魅力を伝えたい!
そんな方にぴったりなのが、日本語教師(アシスタント)として留学するスタイルです。

日本語教師(アシスタント)はプロの日本語教師としてではなく、ボランティアとして日本の文化や言語を教えるサポートをします。
英語だけでなく、日本語への理解も深まるので、貴重な経験になること間違いなしです♪
こちらでは、日本語教師(アシスタント)の費用について、ご紹介していきます。

日本語教師(アシスタント)をするために必要な費用はどのくらい?

日本語教師(アシスタント)はボランティアを通して実践的な技術を学ぶことができます。
現地の掲示板などで仕事を探すことも可能ですが、あらかじめ予定を決めたいという方にはプログラムを利用してみるのもおすすめです。
プログラム費のなかに滞在費や食費が含まれる場合もありますが、まずはそれぞれどのくらい費用が必要なのか、国別にチェックしていきましょう!

日本語教師(アシスタント)の費用目安 

国名 渡航費 滞在費 生活費 プログラム例
アメリカ 7~15万円 3~10万円 3~10万円 2週間:25万円
カナダ 7~20万円 4~8万円 4~6万円 3ヶ月:30万円
オーストラリア 6~15万円 5~10万円 3~10万円 1年間:50万円
ニュージーランド 8~20万円 5~8万円 2~5万円 2週間:15万円
イギリス 5~15万円 4~15万円 4~8万円 1年間:75万円
ハワイ 6~15万円 10~15万円 4~10万円 3ヶ月:30万円

※プログラム例以外は1ヶ月あたりの費用目安です

日本語教師(アシスタント)プログラムの一例をご紹介!

実際にアシスタントとしてボランティアプログラムに参加には、いくらぐらいかかるのでしょうか。
一例として、オーストラリアのシドニーで日本語教師アシスタントとして参加するプログラムは期間別に以下の費用がかかります。

≪シドニーで日本語教師アシスタントをする場合のプログラム費用例≫
■1週間:約20万円
■1ヶ月:約25万円
■3ヶ月:約35万円
■1年間:約50万円

この費用にはサポート費用やホームステイなどの滞在費などが含まれ、渡航費やおこづかいや交通費などは別途必要になります。
また、アメリカやハワイの小中学校でアシスタントとしてインターンシップできるプログラムなら、参加費用として1ヶ月25~30万円程度、年間なら40~75万円程度が目安となってくるでしょう。

日本語教師として働くには

海外の求人のなかには、アシスタントではなく、指導技術をもった日本語教師を募集しているものも多くあります。
日本国内においては日本語教師になるための国家資格はありませんが、日本語教師の採用の際には下記のいずれかの条件を満たしていることを考慮する場合が多いです。

≪海外で日本語教師を採用する際の条件例≫

1.日本語教師養成講座(420時間)を修了
2.日本語教育能力検定試験に合格
3.大学などで日本語教育関連を専攻または副専攻
4.日本語教育経験歴3年以上
5.大学院等の高等教育機関で日本語を履修

もちろん、未経験だからといって採用されないというわけではありませんが、日本語教師の養成講座420時間を修了し、さらにボランティアなどで経験を積んでいけばさらにステップアップしていくことができるでしょう。

日本語教師になるために必要な費用

日本語教師養成講座を日本国内で受講する場合は教育機関によって費用は異なりますが、420時間の受講で50~60万円程度が目安になります。
すでに海外に住んでいる方やスクールに通学できない方には、通信教育もあります。
通信教育なら場所や時間にとらわれずに、日本語教師を目指すことができますね!

また、この講座を海外で受講できるところもあり、プログラムにかかる費用や日数は日本国内よりも抑えることも可能です。
留学先として人気のある都市に日本語教師養成講座や日本語教師の育成に力を入れている教育機関があるので、日本語教師を目指す方は海外での受講を候補に入れてみるのも良いでしょう。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】