利用者 40 万人突破!

(2018年9月22日更新)

中学生の留学

2018.09.06

留学くらべ〜る編集部

中学生で留学って早くない?と思うかもしれませんが、実は中学生ができる留学の方法ってたくさんあるんです♪
夏休みや春休みを利用した短期留学やサマースクール、卒業を目的とした正規留学など、わくわくするものばかりで、むしろ選ぶのに少し手間取るくらいかもしれません。
留学先は限られますが、海外の学校で過ごす日々は、忘れられない貴重な経験になることでしょう。

子どもだけだと心配…という方は、親子留学もオススメです♪
人生の中で3年間しか経験できない中学生の留学、少しでも興味があるという方は、ぜひ世界に飛び出してみてくださいね!

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

中学生の留学スケジュール

まずは、中学生の留学として考えられる目的を確認していきましょう!
中学生は春休みや夏休みなどの長期休暇を利用しての短期留学や、海外の中学校への正規留学(卒業を目的とした留学)など、目的に合わせていろんな選択肢から選べますよ♪

中学生におすすめの留学目的とタイミング

留学の目的 留学のタイミング
(1週間のプログラムもあります!)







その他(グループ留学、現地の学校に体験入学など)
・7月中旬~8月 夏休み
・3月 春休み

ボーディングスクール(全寮制の学校)への留学
数か月~1年単位での公立校への留学
交換留学
・各国の始業時期によって異なる
※1月や4月、9月が多い
・各国の始業時期によって異なる
※1月や4月、9月が多い

中学生の留学では、卒業を目的とした正規留学ができる国が限られています。

ですが、サマースクールや引率がついたグループ留学などは、さまざまな国で参加することができます。
期間は1週間から4週間とバラバラですが、短期間でも貴重な経験になること間違いなしですよ♪

短期の留学体験から高校留学、大学留学へとつながる可能性もあるので、ぜひプログラムもチェックしてみてくださいね。

中学留学①

中学生の留学費用

中学生の留学に必要な費用は、滞在する期間や渡航先によっても大きく異なります。
留学の目的ごとにどのくらいの費用がかかるのか、ざっくりとした目安をご紹介します♪

ただし、特に単身留学の場合は、サポート面や治安などもしっかり考慮に入れて計画を立ててくださいね!

留学の目的 費用 概要
短期留学(1週間) 約6~40万円 留学の目的がホームステイなのか、語学留学なのかなどによって変わってきます。
長期留学(1年) 約150~700万円 留学期間が長くなると、滞在先の物価によっても左右されます。
また、ボーディングスクールへの留学は費用が高い傾向にあります。
語学留学(1週間) 約10~40万円 語学学習とアクティビティがセットになったプログラムもあります♪
サマースクール(2週間) 約15~70万円 人気のサマースクールは毎年すぐに締め切られます。
予算が決まっている場合は、できるだけ早く情報を集めるようにしてくださいね。
中学留学(1年間) 約150~700万円 正規留学ができる国は限られていますが、私立高校込みであれば選択肢は広がります。
ただし、私立校は予算を高めに考えておきましょう!
親子留学(1か月) 約40~120万円 親と子ども1人分の費用は約40~120万円ほど必要です。
1~2週間から参加できるものもあるので、費用を抑えたい方は留学期間を調整するのもオススメです!

※滞在費+生活費+授業料の費用目安です。

留学費用が安い国

語学留学が安い国

リゾート地としても有名なマルタは、ヨーロッパからの留学生が多く集まる国。
ヨーロッパは費用が高いのでは?と思いがちですが、マルタはヨーロッパの中でも物価が安い傾向にあります。

留学人気国のアメリカやイギリスが1か月の留学で20~70万円ほどかかるのに対して、マルタは25~50万円が費用の目安!
同じ英語圏やヨーロッパであっても、上限の費用には差がありますよね。

マルタはこぢんまりとした国ながら、美しい海や世界遺産などのお楽しみスポットもたくさん!
ヨーロッパでは治安も良好な国で、中高生を対象にした留学プログラムも開催されていますよ♪

中学留学が安い国

治安の良さや留学生の受け入れ態勢など、中学生の留学先としてさまざまなメリットがあるのがニュージーランド。
学校も公立校が多いので、他の欧米諸国に比べて学費を抑えることが可能です。
短期留学のプログラムも豊富で、1週間5万円程度のものから選択することができますよ!

物価や渡航費が安く抑えられるフィリピンも、留学費用が安い国。
語学学校の授業はマンツーマンレッスンが主流なので、落ち着いた環境で英語を学べますよ♪

正規留学を考える場合、英語力を高めるためにまずは語学学校に通う必要がありますが、学費や宿泊費自体が安いので欧米諸国への留学よりも安い費用で挑戦できます。

中学留学の授業風景

留学費の費用節約術

渡航費を節約

中学生の留学は春休みや夏休みを利用した短期留学が多いですが、この時期は旅行シーズンと重なってしまうので、どうしても渡航費が高くなりがちです。
少しでも渡航費を節約したいというのであれば、フィリピンやグアムなど日本から距離の近い国を選んで留学するとよいでしょう。

滞在費を節約

滞在費を節約するなら、寮やホームステイ込みの留学プログラムから比較・検討をするのがおすすめです!
ある程度の費用があらかじめプログラムに含まれているので、予算を決めやすいというメリットもありますよ♪

生活費を節約

寮やホームステイの滞在であれば、「1日2食」といったように食事がプランに含まれているものも多くあります。
生活費はできるだけ節約!とお考えであれば、プラン内の食事をできるだけ利用して、余計な出費をしないようにするといいですね。

留学費用についてさらに詳しい情報を知りたい!という方は、国別や目的別などでかかる費用をご紹介しているページもあります。
ぜひ参考にして、留学のプランを立ててみてくださいね!

中学留学によくある質問

中学留学の準備はいつから?何をすべき?

留学期間にもよりますが、現地の中学への正規留学を目指すのであれば、1年前から準備を始めることをオススメします。 また、サマースクールのような短期留学であっても、人気のものは人数に達して締め切られることがあります。 まずはエージェントに相談して、情報収集をすることから始めましょう!

中学生の留学プログラムは1人でも参加できますか?

中学生を対象とした留学プログラムは数多くあり、1人で参加できるものももちろんあります。 知っている人がいない環境であっても、現地に相談できる日本人スタッフがいるプログラムが多いので、安心して参加することができますよ♪

海外の中学校では何年生になるんですか?

海外では、年齢ごとの学年の扱いが日本と異なります。 日本は6-3-3年制ですが、例えばアメリカでは6-2-4年制や5-3-4年制が主流で、小学生から中学生まではひとまとめで考えられています。 そのため、日本の中学2年生であれば「8th Grade」といった呼び方をされます。

中学留学後、そのまま海外の高校に進学することはできますか?

海外には中高一貫の国もあり、中学留学からそのまま海外の高校に進学することは可能です。 ただし、長期的に留学となると費用なども多額になりがちです。 まずは高校進学を見据えた中学留学であることも含めたうえで、エージェントやカウンセラーに相談すると良いでしょう。

留学するのにどんな手続きが必要になりますか?

正規留学をお考えであれば、希望する学校の入学願書を取り寄せる必要があります。 また、学校によって手続きに必要な書類は違いますので、あわせて確認するようにしましょう。 書類の提出後、面接やビザの申請などを経て留学をすることができます。 また、サマースクールなどの短期留学の場合は、参加したいプログラムを決め、申込みをします。 ビザや申請などの代行を行っているエージェントもあるので、手続きに不安のある人は利用するのもオススメですよ♪

宿泊先はどうやって見つければいいですか?

宿泊方法はホームステイ、もしくは寮が一般的ですが、留学先によって決まっていることがあります。 ボーディングスクールであれば全寮制の学校なので、寮での生活です。 エージェントを利用した留学であれば、宿泊先の決定などもプログラムの一部に含まれていることが多いので、エージェント依頼時に自分の希望を伝えるようにしましょう。 また、親子留学の場合はアパートやコンドミニアム、ホテルなどを利用するケースもあります。 その際はご家庭で手配が必要になることもあるので、早めに調べるようにしておくといいですね♪

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する