利用者 47 万人突破!

(2020年9月19日更新)

韓国で社会人留学するには?2分で始める留学実現の第1歩

H1 label
韓国社会人留学留学の費用、成功させたい人必見!

韓流ドラマやK-POPなどで人気に火がつき、近年は留学の需要も高まっている韓国。
ここでは、社会人が韓国留学するためにチェックしておきたい情報をまとめてお届けしています!

パンフレットを見てみたい!

韓国の社会人留学の特徴

  • 移動が楽なうえ、渡航費も断然おトク
  • 韓国語は、社会人になってからでも学びやすい
  • 語学+異文化を体験できるコースが多い

韓国を留学先に選ぶメリットは、何といっても安く・早く行けること!
福岡県からだと片道1時間半~2時間ほどで行けるうえ、航空チケットも往復1万円から入手できるんです。

「留学したいけど時間が限られる…」という社会人にとって、韓国は短時間でしかも安く渡航できるためオススメの留学先です。

また、韓国語は日本人にとって学びやすい言語とも言われていて、「社会人になって外国語を初心から学ぶのは…」と抵抗がある方でもチャレンジしやすいです。

韓国の語学学校は、韓国語+異文化を学べるコースが充実しているのも特徴。
机に向かって勉強するだけでなく、文化体験を通して楽しく韓国語を身につけられますよ!

韓国社会人留学で韓国文化を学ぶ

パンフレットを見てみたい!

韓国の社会人留学おすすめプログラム(1週間~の短期留学OK!)

プログラム一覧
語学も韓国文化も学べるよくばり留学! 7日50,000円
ホームステイもできるソウル短期留学 7日168,000円
ソウルの新設語学学校で韓国語を学ぶ! 14日139,800円
ビジネスレベルの韓国語を学ぶ長期留学 180日1,590,000円
韓国のインターンシップでスキルアップ! 360日360,000円 ※

※食費のみの価格となります。

韓国留学のプログラムは、短期から参加できるものが多いため忙しい社会人にもおすすめです。

ただし期間が短い場合、目的意識をはっきりさせたうえで留学に臨むようにしましょう。
目的が明確に定まっていることで、勉強のやる気や集中力も上がりますし、より充実した時間を送ることができるでしょう。

留学くらべーるでは、ビジネスレベルの韓国語を学べるコースやインターンシップといった長期プログラムも紹介しているので、「じっくりと韓国語を身につけたい」「スキルアップも兼ねた留学に挑戦したい」という方はぜひ参考にしてみてくださいね!

韓国の社会人留学に必要な費用について

韓国の社会人留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
1週間 約8~20万円
1ヶ月 約9~23万円
3ヶ月 約23~60万円

※航空券(往復)・学費・滞在費・食費込みの金額

韓国の社会人留学にかかる費用は、1週間で約8~20万円、1ヶ月で約10~25万円ほどです。

民間の語学学校では、一般韓国語のほかにビジネス韓国語・TOPIK(韓国語能力試験)対策などが学べますが、ビジネスコースとTOPIKコースは週2回程度しか開講しないところが多いです。

  • ビジネス韓国語コース:1ヶ月あたり1.5~2.2万円(授業数は月8回)
  • TOPIKコース:1ヶ月あたり1.3~1.8万円(授業数は月8回)

また、大学附属の語学学校(語学堂)では、韓国語+異文化コースを受講することもできますよ!
期間は3週間が多く、授業料は10万円前後が目安です。

韓国社会人留学でおすすめの滞在方法は?

コシテル・コシウォンや下宿(ハスク)は1ヶ月からの受け入れが多いため、1週間の滞在であればホテル泊という選択肢があります。
シーズンによって差はありますが、1週間で4~8万円が目安です。

1ヶ月以上になると、コシテル・コシウォンや下宿での滞在がおすすめ!
月に1~6万円という比較的安い料金で部屋を借りることができます。

また、プログラムを利用するならホームステイができることも。
韓国では欧米ほどホームステイが一般化してはいませんが、リアルな韓国生活を体験できる機会なのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

韓国で働きながら勉強できる「ワーキングホリデー」もおすすめ

30歳以下の社会人なら、ワーキングホリデー制度を使ってみるのもおすすめ。

1つのビザで「最長1年間の滞在」「語学学校での就学」「就労」が許可される制度なんです。
就労ができ現地で収入が得られる分、長期滞在であっても費用負担を減らせるのも嬉しいポイント。

ワーキングホリデービザは18~30歳までしか申請できないため渡航チャンスは限られますが、だからこそ、限られた機会を利用して未知の世界にチャレンジしてみるのもアリです。

日本では得られない、価値観を変えるような体験があなたを待ち受けているかもしれませんよ!

韓国のワーキングホリデーについて詳しくはこちら

韓国で社会人留学

パンフレットを見てみたい!

韓国の社会人留学で必要なビザ

韓国へ社会人留学する場合、滞在期間や目的によってビザの有無が異なります。

ビザの種類 概要
ビザなし 90日以内の滞在ならビザなしで渡韓できる
一般研修(D-4)ビザ 180日まで滞在し、大学付属の語学堂や民間の語学学校に通うときに必要
留学(D-2)ビザ 専門学校・大学・大学院に留学するために必要
観光就業(H-1) ワーキングホリデーができるビザ。最長1年間の滞在が可能

90日までの短期滞在ならビザ不要で留学できますが、滞在が90日を超えたり、大学に入ったりする場合は目的に合わせてビザを取得する必要があります。

用意する書類や手続きはビザの種類ごとに異なるため、大使館のビザ関連ページをしっかり確認しながら手続きを進めていきましょう。

一皮むけた自分になるために!韓国へ社会人留学してみよう

留学を希望する社会人の中には、「留学したいけど短期の休みしか取れない」「欧米だと留学費が高くて…」とお悩みの方もいるのでは?

そんな方にとって、韓国はリーズナブルかつ短期間で留学が実現できるおすすめの渡航先!
近年は韓国好きな人たちも増加しており、憧れの韓国文化を肌で体験できるチャンスでもあります。

同じアジアであっても、言葉も文化も考え方も、日本と韓国では大きく異なります。
だからこそ、社会人になってから韓国留学することで、今までの常識がくつがえるような新しい体験があなたを待っているかもしれませんよ。

「韓国留学する!」と決めたら、資料請求をしたりエージェントに相談したりして、留学のための情報をどんどん集めていきましょう。

パンフレットを見てみたい!

韓国留学の目的

人気の目的をもっと見る
 

韓国留学に人気の都市

韓国留学関連情報

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!