利用者 47 万人突破!

(2020年9月28日更新)

韓国
短期留学するには?2分で始める留学実現の第1歩

H1 label
韓国短期留学の費用、成功させたい人必見!

5万円からの冬休み短期留学

日本からほど近い国である韓国ですが、文化や生活は異なるもの。
「韓国ってどんな国なんだろう?」という疑問に一番答えてくれるのが、韓国の短期留学です!

日本とは異なる文化や生活習慣を、欧米よりも安い費用と短い渡航時間で気軽に体験できますよ♪

こちらでは韓国の短期留学の特徴や費用、おすすめのプログラムなどをご紹介しているので、少しでも興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

パンフレットを見てみたい!

韓国の短期留学の特徴

韓国留学の大きなメリットは、やはり日本からの距離の近さ
日本から2~3時間のフライトで到着でき、到着したその日から行動できることが嬉しいですね。

また、欧米諸国と比べて韓国の短期留学は費用が安いのも魅力のひとつです。
一度きりの留学ではなく、次の留学へのステップアップにつなげられます。

韓国の語学学校は、大学の学校であってもおよそ2ヶ月間の正規課程があります。
短期であってもしっかりと韓国語を身につけたい!という方におすすめです。

もちろん、韓国の文化を心行くまで堪能したい!というのもいいでしょう。
韓流ブームの本場・韓国なら、憧れのスターに出会えるチャンスかも?

短期間だからこそ、日本から近場の韓国はおすすめの留学先。
短期留学をきっかけに、韓国の奥深い魅力に目覚める…なんてこともあるかもしれませんね♪

韓国で短期留学ができるおすすめプログラム

こちらでは、韓国への短期留学で体験できるプログラムをご紹介しています。
韓国で韓国語を学べることはもちろんですが、プラスαのプログラムも取り入れて、短期留学をさらに充実させたいですよね。
例えば、本場韓国のキムチ作りと語学を同時に学ぶことのできるプログラムがありますよ。

プログラムをもっと見る

韓国の短期留学に必要な費用について

韓国の短期留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
1週間 7~20万円
1ヶ月 10~30万円
3ヶ月 25~60万円

韓国の短期留学の費用の目安は、1ヶ月あたりおよそ10~30万円です。

韓国で短期間で語学を学ぶなら、

  • 民間の語学学校で学ぶ
  • 大学付属の語学学校で、約2ヶ月間の正規課程に通う
  • 大学付属の語学学校で、3週間程度の短期コースに参加する

といった方法があります。
また、留学エージェントの中には語学+おけいこ留学のプログラムを組んでいるところも。

短期だからこそ、1日1日を充実させて韓国留学を満足のいくものにしたいですよね。
韓国には、韓国料理や美容講座、K-POPなどの魅力も満載!
興味のあることにはどんどんチャレンジして、韓国を心行くまで味わい尽くす留学にしていきましょう♪

韓国で、短期で語学を学ぶ場合

韓国語を短期で学ぶ場合、民間の語学学校、大学付属の語学学校、エージェントのおけいこと合わせた語学プログラムなどといった方法があげられます。

民間の語学学校、及び大学の語学学校の授業料の目安は、以下をひとつの参考にしてみてください。

  • 民間の語学学校で1週間の集中コースに通う:1週間あたり3~5万円
  • 民間の語学学校に1ヶ月通う:1ヶ月あたり4~7万円
  • 大学付属の語学学校に正規課程で通う:1学期(約2ヶ月)あたり12~20万円
  • 大学付属の語学学校で、3週間の短期コースに参加する:10万円前後

また、エージェントのプログラムの中には、1泊2日から1週間、2週間といったより短期のコースから受講できるものもあります。

語学と韓国文化を同時に学びたい!という方は、エージェントの情報も参考にしてみてくださいね。

韓国の短期留学で語学以外に学べること

韓国の短期留学では、語学以外にも韓国料理や美容、K-POPダンスなどを学ぶこともできます。

エージェントが開催しているプログラムの一例としては、

  • 韓国美容を学ぶコース:1泊2日~1週間で63,000円~
  • ダンススクールで韓国ダンスを学ぶコース:1週間~長期で135,000円~
  • 韓国語+韓国文化を体験するコース:1週間18万円~2週間 22万円~

などといったものがあります。

また、韓国料理を本格的に学んでみたいという方は、たとえばソウル市内に「ソウル料理学院」という料理学校があります。

調理師の資格を取得することができますが、ほかにも韓国の家庭料理を学ぶコースは6週間で約5万円12週間で約10万円と、より気軽に参加することができますよ。

料理学校以外にも、各地の文化センターやカルチャー教室でも韓国料理を学ぶことができ、なかには1品からの体験コースもあります。

自分の興味やプランに合わせて、いろいろな韓国文化に触れてみるのもいいですね♪

韓国の短期留学関するその他詳しい情報

韓国の伝統服

韓国の短期留学について、費用以外にも気になることは多いですよね!
こちらでは、渡航に際してのビザの情報や、短期滞在の方法についてご紹介しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

韓国の短期留学のビザについて

韓国に渡航するとき、日本人は基本的に90日以内の滞在に限ってはビザ取得が免除されます
90日を越える滞在の場合は、渡航目的ごとにビザを取得する必要があります。

短期の滞在であればビザの取得が不要なことも、韓国が短期留学におすすめの理由のひとつです。

韓国の短期留学でおすすめの滞在方法は?

韓国留学での滞在方法はさまざまです。
短期留学中に韓国の文化をとことん満喫してみたい!という方は、韓国ならではの滞在方法を選択してみるのがオススメですよ♪

それぞれの特徴を理解したうえで、自分がより韓国生活を送りやすい方法を選んでいきましょう。

韓国のホームステイについて
韓国の生活を肌で体験してみたいなら、ホームステイにチャレンジしてみるといいでしょう。
エージェントのプログラムには、1泊から受け付けているものや1週間、1ヶ月の期間などさまざまです。

ホームステイでは、滞在費と、朝・夕食費が料金に含まれていることが多いです。
場合によっては、食事は朝食のみの提供ということもあります。

韓国のホームステイは、ステイ先によって長期の滞在を受け付けていないこともあります。
ですので、短期の韓国留学は韓国の実際の家庭でリアルな韓国生活を体験するチャンスかもしれませんね♪

韓国のコシテル、コシウォンについて
韓国の代表的な滞在方法であるコシテルやコシウォン。
コシテル、コシウォンは、もともと学生が勉強をするための部屋という意味合いがあり、留学生の滞在先としてあげられることが多いです。
1ヶ月単位での契約がほとんどですが、なかには1週間から借りられる部屋もあります。

コシテルは、各部屋にトイレ・シャワーが設置されていますが、コシウォンではトイレ・シャワーは共同での使用になります。
また、キッチンはどちらも共同で利用します。

部屋はそれぞれ個室になっているので、プライベートを尊重したい方にはおすすめです。
一方で、

  • 1部屋あたりが比較的狭いので、窮屈で過ごしにくい可能性がある
  • コシウォンに関しては、トイレ・シャワーが共同なので自由に使えない場合もある

といった点に注意して、滞在先として選ぶようにしましょう。

なお、韓国のトイレ・シャワーは一緒の空間に備えられていることがほとんどです。

韓国のハスク(下宿)について
韓国のハスク(下宿)は、建物内に住み込みの大家がいることが多く、食事を提供してくれることが大きな特徴です。
食事を作る手間がかからないのは、韓国生活に慣れない留学生にとっては嬉しいポイントですね。

ハスクを選ぶ際の注意点としては、大家との相性の問題があります。

同じ屋根の下で生活する相手なので、上手くやっていけるかどうか、また料理が極端に自分に合わないことがないか、といったことをできるだけ確認しておくとより快適な韓国生活が送れるでしょう。

また、ハスクではトイレ・シャワーの利用は共同です。
大家や同居人との共同生活なので、プライバシーがどうしても気になる!という方は、ワンルームという選択肢もあります。

コシテルやコシウォン同様、ハスクも1ヶ月からの契約できるケースが多いですが、短期滞在OKという場合もあるので、いろんな情報をチェックしてみてくださいね!

韓国の短期留学は、本格的な海外留学の一歩目を踏み出すチャンス!

韓国は、日本から非常に近い国。
他の国と比べ費用も抑えられるので、一度きりと言わず次の留学にも挑戦しやすいですね。

旅行だけじゃ味わえない、日本にいるだけじゃ体験できない韓国のさらなる魅力を経験するには、韓国の短期留学がおすすめです♪

こちらで紹介したこと以外にも、韓国の短期留学についてもっと知りたい!という方は、ぜひ資料請求をしてみてください。
情報をたくさん集めて、自分だけの実りある留学プランを立てていきましょう!

パンフレットを見てみたい!

韓国留学の目的

人気の目的をもっと見る

韓国留学に人気の都市

韓国留学関連情報

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!