韓国の高校留学を検討しているなら
準備や渡航中のサポートがあるエージェントがおすすめ!

韓国高校留学 韓国 高校留学

新しい発見がいっぱい!韓国に触れる高校留学

韓国ブームが日本に到来したことで、韓国語や韓国の文化に興味をもった方もいるのでは?
憧れの韓流スターやアイドルに近づきたい、韓国語が話せたらなぁ…という思いが強まると、「韓国への高校留学って、できるのかな?」と、気になってくるかもしれませんね。

こちらでは、韓国の高校留学に関する情報をご紹介しています。
韓国の留学に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

韓国の高校留学の特徴

韓国の高校留学に関しては、現段階では決して主流とはいえない現状があります。
理由としては、韓国での正規高校留学の受け入れ先がほとんどないからです。

ですが、夏休みや冬休みなどの期間を利用した短期の交換留学といったプログラムが、大学校の支援のもと開催されているところもあります。
韓国への高校留学を考える場合は、学校ごとに行なわれている短期コースを探してみるといいでしょう。

また、語学学校でも高校留学生を受け入れてるところがあります。
将来、韓国への長期留学を考えている方は、準備段階として高校のうちから留学を経験してみるのもオススメです。

正規留学がしたい!という方は私立高校への編入学を目指す学校もあるので、ぜひエージェントに問い合わせてみてくださいね。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

韓国の高校留学に必要な費用について

韓国の高校留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
1ヶ月 15~40万円
3ヶ月 60~80万円
半年 100~140万円
1年間 150~300万円

韓国の高校留学で必要な費用の目安は、1ヶ月でおよそ15~40万円です。
上記費用は、ホームステイ代や寮費などの宿泊費、朝・夕食費込みの目安となっています。

韓国の公立高校では、外国人の正規留学を募集している学校がほとんどないというのが現状です。
ですが、なかには韓国の芸能人の出身校として有名な韓国芸術高校ソウル公演芸術高校のように、長期の高校留学を受け入れているところもあります。

短期の留学であれば、高校の長期休みを利用して1週間からでも参加することが可能です。
「とにかく韓国を一度体験してみたい」「将来の韓国留学につなげたい」など、短期の高校留学であればいろんな方法があるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

韓国の高校留学の学費例

学校名 コース名 費用 期間
建国大学言語教育院 夏季短期課程 約3.5万円 ※1 1週間
慶熙大学 中学・高校生のための韓国言語文化プログラム 約24万円 ※2 約20日間
韓国芸術高校 (交換留学) 約38万円 ※3 1ヶ月

※1 学費のみ
※2 宿泊(寮)費、食費付き
※3 宿泊(ホームステイ)費、食費付き

ALT

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

韓国の高校留学に関するその他詳しい情報

韓国の高校留学の前に、気になることや不安なことはいろいろありますよね。
こちらでは、韓国の高校留学に関するさまざまな情報をお届けしています。
気になる項目はぜひ読んでみてくださいね。

韓国の高校留学のビザについて

韓国へ渡航する際、滞在期間が90日を越える場合にはビザの取得が必要になります。

韓国のビザの種類は、留学に関するものは「語学研修(D-4)」と「留学(D-2)」となっています。
ですが、高校留学についてはD-4やD-2のビザで必要な書類とは別に、用意しなければならない書類があります。

詳しい内容は、韓国大使館へ問い合わせをしてみてください。

海外へ行くのに、ビザは非常に重要なものになります。
確認漏れや準備不足がないように、しっかりとチェックしておきましょう。

韓国の高校留学ではどのような学校に通えるの?

高校留学の短期プログラムには、韓国の大学が開催しているものがあります。
韓国語の学習はもちろん、異文化体験のアクティビティも用意されており、語学と韓国文化を同時に楽しむことができます。
短期間でも充実した留学生活を送ることができますよ♪

韓国芸術高校やソウル公演芸術高校は、韓国国内でも多くの芸能人を輩出した学校として有名です。
ダンスや音楽、演技などを学ぶことができ、日本からも、過去に交換留学生として派遣された学生がいます。

韓国の高校留学はまだまだメジャーとはいえませんが、だからこそより貴重な体験になりそうですね!

韓国の高校の教育制度について

韓国の教育制度は、日本と同じ6-3-3制を採用しており、6-3にあたる9年間が義務教育です。

後期中等教育(日本でいう高等学校)は、普通高等学校と職業高等学校に大きく分かれています。

普通高等学校は、大学進学を主な目的とした学校である一方、芸術や科学・外国語・体育といった分野の英才を対象にした学校が別枠で設けられています。
職業高等学校は、より専門的な技術や知識を身につけるための学校です。

韓国の高校では、英語以外にも第二言語を選択して学ぶことができるという特徴があります。
第二言語の中では、日本語も選択科目に入っており、日本語を選ぶ生徒も多いといいます。

また、韓国独自の政策として、中学から高校へ進学する際に受験がないという平準化政策というものがあります。
高校へ進学するときは、中学校の内申点をもとに学区内の学校に抽選で割り振られます。

韓国と日本の教育制度は似ている点もあればまったく違う点もあるので、実際に高校留学をした際には、互いの国の特徴について話してみるのも面白いかもしれませんね♪

韓国の高校留学で、あなただけの夢を見つけてみませんか?

いかがでしたか?

韓国への高校留学はまだまだ盛んではありませんが、短期での留学なら高校生でも参加しやすいですよね。
実際の韓国を肌で体験してみることで、さらに韓国への興味や憧れが強まるかもしれません。

韓国の高校留学が、将来の可能性をさらに広げる大きなきっかけになることだってありますよ!

高校留学に興味をもった方は、エージェントの資料請求をしてみてはいかがでしょうか。
若い今しかできない留学の夢を、留学のプロがしっかりとサポートしてくれますよ♪

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】