韓国長期留学 韓国 長期留学

韓国の文化にとことん触れたいなら、長期留学がおすすめ!

本気で韓国語をマスターしたい、韓国の文化にどっぷり浸かりたいという方にとって、長期留学はぴったりの留学スタイルです。
こちらでは韓国の長期留学について情報をまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

韓国の長期留学の特徴

韓国留学には、語学堂や語学学校で韓国語を学ぶ、大学や大学院に通うといったスタイルがあります。

長期の語学留学の場合は、授業時間の長さや課外活動などの理由から、勉強に専念しつつより充実した学生生活を送ることができる語学堂に通う人が多いです。

また、大学に通う場合は卒業を目的とした正規留学や日本と韓国の大学間の繋がりによる交換留学といった方法があります。

韓国の長期留学でぜひ利用してもらいたいのが「トウミ制度」。
大学が外国人留学生に対して韓国人大学生を紹介してくれる制度で、韓国人の友達づくりや韓国語の勉強にとっても便利なんです!

トウミ制度を導入している大学は決まっているので、学校を決める際にはその点も気にしながら選んでみてください。

また、韓国料理やK-POPダンスなど韓国ならではの文化をじっくり堪能できるのも長期留学の魅力!
目的に合わせたオリジナルのプランを立てて、思いっきり韓国を満喫しちゃいましょう♪

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

韓国の長期留学に必要な費用について

韓国の長期留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
半年 50~150万円
1年間 100~270万円

韓国の長期留学にかかる費用は、半年で50~150万円、1年間で100~270万円が目安です。

期間はもちろん、プランによっても費用は変わりますが、大きく影響する可能性があるのは「学費」でしょう。
大学付属の語学堂または民間の語学学校、大学など、どの学校で学ぶかで費用が変わります。

また、滞在方法によっても費用に差があります。
下宿(ハスク)や考試院(コシウォン)は、家賃が安い上に食事や食材を提供してくれるところもあるので、生活費の節約にもなります。

韓国の物価は日本より安めですが、最近は食料や飲料、外食メニューの値上がりが目立っています。
食材はできるだけ市場や町内の小さなマートで購入する、韓国料理のお店や屋台で食事するなど工夫をすれば、月々の食費を節約することができますよ!

韓国に長期で語学留学をする場合に必要な費用

韓国に長期で語学留学する場合の費用の目安は、半年で50~150万円、1年間で100~250万円です。
ここでは、語学堂にかかる費用をご紹介します。

語学堂の学費例

語学堂名 費用(半年) 費用(1年間)
延世大学語学堂 約34万円 約68万円
梨花女子大学語学堂 約32万円 約64万円
弘益大学語学堂 約28万円 約56万円
ソウル市立大学語学堂 約26万円 約52万円
慶星大学語学堂 約22万円 約44万円

語学堂によって異なりますが、学費とは別で5,000~8,000円くらいの入学金が必要です。

ソウル市内で最も学費が高いのは延世大学語学堂、安いのはソウル市立大学語学堂で、学費の差が約1.3倍もあります。
長期留学の目的はもちろん、予算にも合った学校選びを心がけましょう♪

>>韓国の語学留学について詳しくはこちらから

韓国に長期で大学留学をする場合に必要な費用

韓国に長期で大学留学する場合の費用の目安は、半年で60~150万円、1年間で100~270万円です。

学費は大学や学部によっても大きく異なりますが、韓国の大学留学では利用できる奨学金制度も数多くあります。
韓国の大学や大学院への進学をお考えの方は、奨学金についても確認しておくと良いでしょう。

韓国の大学の学費例

大学名 2017年度の学費
ソウル大学校 約50~100万円
ソウル市立大学校 約20~35万円
延世大学校 約35~80万円

>>韓国の大学留学について詳しくはこちらから

ALT

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

韓国の長期留学に関するその他詳しい情報

最後に、韓国の長期留学で必要なビザや持ち物についてご紹介します。
忘れ物がないように、ぜひチェックしてみてください♪

韓国の長期留学に必要なビザは?

ビザの種類 概要
一般研修ビザ(D-4ビザ) 3か月を超える留学の場合に必要
留学ビザ(D-2ビザ) 専門大学や大学、大学院などに留学する場合に必要
ワーキングホリデービザ(H-1ビザ) 最大1年間滞在でき、就労(一部の専門職は除く)や就学も認められている。18~30歳であれば申請可能

韓国には他にも現地で働くためのビザとして、会話指導(E-2)ビザや専門職業(E-5)ビザ、特定活動(E-7)ビザなどがありますが、専門職でなければ取得が難しいビザなので、韓国で働きたいという方にはワーキングホリデービザをおすすめします。

韓国では3か月を超える長期留学の場合はビザが必要なので、充実した留学生活を実現するためにも、目的に合ったビザを選んでくださいね!

韓国の長期留学にオススメの持ち物

ここからは、韓国の長期留学で持って行くと便利な物をご紹介します!
より快適に留学生活を送れるように、事前に確認しておくことをおすすめします♪

気温の変化に対応できる衣類やカイロ

日本のように四季があり比較的天候が安定している韓国ですが、1年を通して朝夕の気温の差が激しいので、カーディガンやジャケットなど気温によって調整しやすい洋服を持っていくと便利です。

また、12月から寒さが厳しくなるの韓国では、地域によってはマイナスの気温が続くことも…!
そんなときにヒートテックがあれば、どんな寒さも怖くありません♪

さらに、ホッカイロもあれば寒さ対策はばっちりですね!

日焼け止めや生理用品は日本のものを持っていくのがオススメ!

韓国で長期留学する場合、使い慣れた日焼け止めや生理用品を持っていくことをおすすめします。

美肌大国の韓国では、女性はもちろん男性でも日焼け止めクリームを塗っているくらい美意識が高いので、現地でも簡単に購入することができます。
ですが、成分が合わずに肌トラブルが発生する可能性もあるので、普段から使用している日本製の日焼け止めを持って行くようにしましょう!

また、女子には欠かせない生理用品は、吸収力や使い心地が悪いこともあります。
肌が弱いという方は、日本から多めに持っていくようにすると良いでしょう。

長期留学で、韓国をまるごと堪能しよう!

いかがでしたか?

韓国の長期留学は、就学や就労、観光などいろんなことにチャレンジでき、留学プランの可能性は無限大です!
あなたに合ったオリジナルのプランで、韓国を思う存分堪能しましょう♪

ただし、あれもこれもと詰め込み過ぎるとすべてが中途半端になりかねません。
目的をしっかり持った上で計画を立て、充実した留学生活を過ごしてくださいね。

韓国の長期留学に関する詳しい情報は無料のパンフレットで確認できます。
ぜひ、この機会に資料請求してみてください!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】