バレエ&ダンスバレエ&ダンスBalletanddance

その一歩が未来のスター!バレエ&ダンス留学

「クラシックバレエを本格的に勉強したい」「将来は歌手の振付師になりたい」など本気でバレエやダンスの勉強するなら留学して本場を見てくるのがオススメ!きっとその一歩が新しい世界に繋がっているはずです。
こちらのページではバレエやダンス留学に関する情報をまとめているので、ぜひご覧ください。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

バレエ&ダンス留学の特徴

本場でバレエ&ダンス留学♪

・コトバをしっかり理解しよう!
・その国の文化や生活を知ろう
・難しく考えずにまずはチャレンジ♪

語学力が上がると細かな感情表現がわかるようになり、捉え方が180度変わるなんてこともあります。
ダンスの場合もスラングが使われることもあり、直訳だけでは理解できないことも。ホンキで学ぶなら教科書でコトバを理解するだけじゃ足りないはず!現地の人とコミュニケーションをとることで、なんとなくやっていた動きの意味がわかってくるかもしれません。

★バレエやダンスはその国の文化?
バレエやダンスは演劇や宗教儀式がルーツになっていることが多く、その国の文化や風習から生まれたものなんです!だから、現地で生活することでストーリーの意味、ダンスの意味、動きの意味をより深く理解することができますよ♪
また、踊りのジャンルにもよりますが「フリースタイルに楽しもう」というものもあります。
あまり難しく考えずに飛び込んでみるのもいいですね!

バレエ&ダンス留学の人気国Best5

★ロマンティック・バレエならフランス
フランス革命以降誕生したロマンティック・バレエは、もっとも古いジャンルです。本場フランスで踊りに磨きをかけましょう♪

★クラシック・バレエのロシア
ロシアでは独自のバレエが発展。300年の歴史をもつバレエ学校もあるので、将来はプロを目指せるかもしれません!

★舞踊劇のカタワリを学ぶならインド
インドではカタワリという伝統的な舞踊劇があります!日本で言えば、能や歌舞伎のようなポジションのダンスです♪

★タンゴの本場、アルゼンチン
競技や社交ダンスとして人気のタンゴ。アルゼンチンで生まれた情熱的なダンスを肌で感じ、身につけましょう♪

★ストリートダンスが一般的なアメリカ
アメリカでは路上でダンスを踊る人たちも!歴史は浅いですが最近、日本のメディアで取り上げられており人気急上昇中です♪

プロへのチャンスを自分の手で掴む!

本場の国には、海外へ出て「本格的な技を身につけたい!」という高い目的意識を持ったダンサーたちが集まります。
そんな仲間と一緒に踊れば、刺激だらけの毎日になりますよね!
指導者も有名アーティストのバックダンサーや、誰もが知っているダンサーと繋がりがあるようなプロがたくさんいます。
日本では絶対に出会う機会がない人から教えてもらえるなんてこともあるかもしれません。

一流の人と繋がれば、一流の世界と繋がる。
実際に「たまたま習っていた先生が、実は憧れのダンサーの弟子だった」なんてこともあるんです。
つまり、チャンスの多い場所に行けばあとはあなたの行動力と実力と運次第!
プロになるための扉を開く近道になるかもしれません。

■■ バレエ&ダンス留学の留学後の進路ってどんな感じ? ■■ バレエ&ダンス留学をした後に目指す進路としては、 インストラクター、ツアーダンサー、バックダンサー、振り付け師などです。ダンサーを仕事としていくのは、皆さんもご存知の通り簡単なことではなく「バレエ&ダンス留学をしていました」というだけで仕事に就ける訳ではありません。ただ大きなメリットとしては、本場の地にいくと実力を認められるチャンスが多いということです。一流の世界は意外と狭く、人と人が繋がっているもの。一流の指導者に認められて引き上げてもらえればその世界の人たちと繋がりを持てることもあるでしょう。 また、積極的に自分でオーディション等を受けて行動を起こすことも重要です。プロダクション等に就職を考えている場合も、都会の方がプロダクション数が多いので就職に有利になるでしょう。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

■■バレエ&ダンス留学は1週間~の短期も可能?■■ バレエ&ダンス留学を短期ですることはもちろん可能です!1~2週間の短期留学は珍しくないのでご安心ください。到着日翌日からダンススクール(語学学校)に通い、夜にはショーを観に行ったり、観光したりと忙しい毎日になりますが、本場の空気を肌で感じてレッスンを受けることであなたの表現力の深みが増すでしょう。 また、レッスンごとに行く学校を変えて、「将来的に長期留学するための学校選び」をする方法もあります。長期留学への下準備と考えてもいいですね♪

タイプ別バレエ&ダンスプログラム

「短期で集中してスキルアップしたい」「長期休暇を使って行きたい」「長期留学してデビューを狙いたい」など、留学の目的や期間はひとそれぞれ。ここでは目的に応じたプランをいくつかご紹介します!あなたにピッタリのプランを見つけてくださいね!

短期間でプチ留学!1週間のバレエ&ダンス

短期集中型バレエ・ダンス留学。まずは1~2週間から海外へ飛び出しましょう!初心者向けのプログラムも多いので、海外でダンスを体験してみたい人におすすめです★

スペインで充実の語学留学!スペイン語とフラメンコを楽しめる♪

スペイン/マドリッド、グラナダ、セビーリャ/語学留学/習い事・おけいこ/バレエ&ダンス/

  • 1週間
  • 2週間
  • 1ヵ月
  • 3ヵ月
  • 初めての留学歓迎

カナダ・バンクーバーの有名スタジオでダンス留学☆

カナダ/バンクーバー/語学留学/習い事・おけいこ/バレエ&ダンス/

  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 1年
  • 現地日本人スタッフ有
  • 英語が苦手OK

【アメリカ】ニューヨークだけじゃない!ロサンゼルスでダンス留学

アメリカ/ロサンゼルス/語学留学/バレエ&ダンス/

  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 3ヵ月
  • 人と違うことがしたい

春休み・夏休み・転職の合間に!1ヵ月のバレエ&ダンス

長期休暇を使って1~3ヶ月の留学!せっかく長期休暇がとれるのなら、日本にいてはもったいない!本場のダンスと現地の生活を経験すれば、あなたのダンスも変わるはず!

スペインで充実の語学留学!スペイン語とフラメンコを楽しめる♪

スペイン/マドリッド、グラナダ、セビーリャ/語学留学/習い事・おけいこ/バレエ&ダンス/

  • 1週間
  • 2週間
  • 1ヵ月
  • 3ヵ月
  • 初めての留学歓迎

カナダ・バンクーバーの有名スタジオでダンス留学☆

カナダ/バンクーバー/語学留学/習い事・おけいこ/バレエ&ダンス/

  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 1年
  • 現地日本人スタッフ有
  • 英語が苦手OK

【アメリカ】ニューヨークだけじゃない!ロサンゼルスでダンス留学

アメリカ/ロサンゼルス/語学留学/バレエ&ダンス/

  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 3ヵ月
  • 人と違うことがしたい

■■ バレエ&ダンス留学は初心者でも留学できる? ■■ バレエ&ダンス留学は初心者でももちろん可能です!バレエ&ダンス留学はスキルアップをするためのもの。スクールに通っている人の年齢、技術、目的はさまざまです。参加条件を指定されている学校もありますが、アマチュアを歓迎した講習もあります。自分のレベルにあったスクールと講習を探してみましょう!

バレエ&ダンスの費用

バレエやダンスを楽しく学びたい!とはいっても、費用のことはどうしても気がかりですよね。
こちらでは、バレエやダンス留学にかかる費用について、国別にご紹介していきます。
ひとくちにバレエ、ダンスといっても、国ごとに人気の種類はさまざまです。
自分の学びたいジャンルがどの国で盛んなのかもあわせてチェックして、ぴったりの留学先を見つけましょう!

バレエ&ダンス留学に必要な費用はどのくらい?

バレエはイタリアが発祥地と言われ、またフランスで設立された「オペラ座」は、ダンサーを夢見る人にとっては憧れともいえる劇団です。
一方、ダンスにはハワイのフラダンスやアメリカのジャズ、ヒップホップダンスをはじめ、国や地方によってさまざまな種類があります。
まずは、ハワイ、アメリカなど英語圏を中心とした国への留学の費用目安を確認していきましょう。

バレエ&ダンス留学の費用目安

国名 1ヶ月 3ヶ月 半年 1年間
アメリカ 40~60万円 70~120万円 150~200万円 300~800万円
カナダ 30~50万円 50~100万円 120~200万円 250~400万円
オーストラリア 40~70万円 100~150万円 150~300万円 300~500万円
ニュージーランド 30~50万円 70~100万円 130~200万円 250~350万円
イギリス 40~50万円 100~1250万円 150~300万円 300~500万円
ハワイ 40~50万円 100~120万円 150~250万円 250~500万円

バレエ&ダンス留学の費用について詳しく見ていこう!

ダンス&バレエ留学でも、ダンスの種類によって人気の国というのは分かれてきます。
例えばバレエならヨーロッパのフランスや昔から歴史あるロシアのバレエ、インドの古典ダンス、アルゼンチンのタンゴ、スペインのフラメンコ、ヒップホップやストリート系ならアメリカのニューヨークやロサンゼルスなどがあります。
やはりその分野に強い国の都市にはたくさんのダンススクールやスタジオがあって想像以上に留学生や地元の人がダンスを楽しんでいます。
バレエはダンスに比べると伝統的に格式が高いので本格的に学んでプロになるのと、趣味的に学ぶのとではまた費用が変わってきます。
こちらでは、いくつかの国をピックアップしたので、詳しくチェックしていきましょう♪

ヒップホップやストリートダンスをアメリカで!

アメリカのニューヨークやロサンゼルスには、ヒップホップやストリートのダンスを学べるダンススクールがあります。
午前中は語学学校、午後はスクールというパターンのコースで費用は2週間で25万円~、4週間で40万円~、半年で110万円くらいからというのが目安です。
この費用にはサポート費や滞在費が含まれており、滞在は語学学校にアクセスのよい寮かホームステイとなります。
アメリカで学ぶメリットとして、講師陣がより最新スキルをもっていて有名人などに教えているような人が多いことがあります。
有名私立校は学費も高くなりますが、日本では学べないことや高いスキルをもった生徒達もいる中で学べる刺激は、それだけで勉強になりますよ!

オペラ座の発祥地!フランス

バレエはフランスで発達したといわれており、バレエの振り付け用語にはフランス語が使われています。
そんな、バレエの本場ともいえるフランスへのバレエ留学の費用はどのくらいのものなのでしょうか?
一例として、フランス・パリの公立・私立ダンススクールの初年度の見積もりがおよそ200~350万程度となっています(宿泊費、生活費、渡航費等含む)。
ヨーロッパの国公立の学校は、授業料が無料というところが多く、比較的費用が抑えられている傾向にあります。

バレエの起源とも言われているイタリア

バレエの歴史をさかのぼると、古くはイタリアのルネッサンス期がその起源だという説があります。
そんなイタリアのバレエスクールの一例では、授業料のみでは年間で50万円前後というところも。
そこに家賃や生活費などを含めると、やはり300~400万円ほどが見込まれます。

意外な穴場の留学先?ドイツ

バッハやベートーヴェンなど、多くの著名な音楽家を生み出した国であるドイツ。
この国のバレエ学校の特徴のひとつに、学校運営が政府からの補助金で支えられているという点があります。
そのため、学費についてはほぼ無償、もしくはかなり低めに抑えられている学校が多いのです。
学費に学生寮の費用を含めると年間でも100万円を下回る見込みになるので、かなりの支出が抑えられることになりますね。

情熱の国!スペインでフラメンコを

サグラダ・ファミリアやアルハンブラ宮殿をはじめ、歴史的建造物が多く残るスペイン。
また、料理がおいしいことでも有名ですよね♪
そんなスペインの代表的なダンスといえば、やはりフラメンコ。
スペイン語を学びながら、同時にフラメンコのスキルも習得できるというプランがあるんですよ。
ホームステイと寮、いずれの場合も、1ヶ月40万円程度から。
1週間からの短期プランもあるので、自分の計画に合わせてプランを組み込むことができます。

バレエ&ダンスに関するよくある質問

「語学力は必要?」「どんな準備が必要なの?」など、バレエ・ダンス留学をするにあたって知っておく必要があることがたくさんあります。
ここではよくある質問にお答えしていますので、ぜひご覧ください♪

バレエ&ダンス留学におすすめの滞在方法

バレエ&ダンス留学にはダンススクール+語学学校に通ってダンスと語学の向上を目指す、またはダンススクールのみに通ってダンスに専念するという2パターンがあります。

ダンススクール等に通う場合、寮、またはホームステイに滞在するケースが多いでしょう。
スクールによっては寮を完備しているところがあるので、一緒に申し込みが可能な場合もあります。

「とにかく費用を安くおさえたい!」という方は安いシェアハウスを探して生活するという手段もありますが、家賃が安すぎるところは治安面でも注意が必要です。

その点ホームステイと寮は比較的立地の良い場合が多く、食事の心配もいりません。
また、語学力の向上もしやすいので、1週間~3ヶ月の短期留学をお考えの方はホームステイまたは寮での滞在がオススメですよ♪

バレエ&ダンス留学に語学力はどのくらい必要?

バレエ&ダンス留学において、語学力は「最重要」ではありませんが、語学力があればさらに中身の濃い留学になるでしょう。
レッスンを受ける際はその国での言語での指導になるので、日常会話程度の語学力が備わっていればより理解度が深まります。

せっかくの海外留学で同じ様にレッスンを受けるのなら、より中身の濃いレッスンにしたいですよね。
もちろん語学力がなくても本場の空気、本場のダンスとパッションを感じる事はできますが、「まったく言葉が理解できない」という状況では、指導者が何を求めているのかが分かりません。

留学前にどれだけ準備をして、「いざ、留学!」という時にどれだけ中身の濃い充実した留学生活を送るかはあなた次第!
日常会話を勉強しながら、映画等を観てリスニングの練習をするなどの準備をして行くことをオススメします。

バレエ&ダンス留学にはどんな準備が必要?

まずはとにかく情報収集をしましょう!自分のダンスジャンルならどこの国がいいのか、国ごとの留学制度はどうなっているのか、物価は高すぎないか(物価によって滞在費用が大きく異なるため)、滞在期間はどのくらいにするのかなど。
強く憧れているダンサーがいる場合は、その人と繋がれそうな国を選ぶのもいいですね!

そして国と滞在期間がきまったら学校選びです。
ダンススクールのみに通うのか語学学校にも通うのかを、自分の実力と予算にあわせて決定しましょう。
渡航時期についても情報収集をし、「好きなダンサーの講習があるからこの時期に合わせて行く」等もいいですね。

またアメリカ、カナダなどの国は冬にマイナス気温になるのが当たり前。
渡航を考えている場合は気候も調べておくことをおすすめします。

バレエ&ダンス留学で奨学金はもらえる?

バレエ&ダンス留学でも奨学金を利用することは可能です。
ただし、国や奨学金の種類によって規定や採用基準が異なります。アメリカは奨学金制度が充実しており、日本の団体に申し込み奨学金を受け取るケースと、アメリカがの団体に申し込みするケースがあります。

また、ダンサーとしての実力が認められ、英語力が基準に達していれば留学に充分な金額が支給されるケースなど、国や奨学金制度によってさまざまです。
「どうしても留学に行きたいけど資金が足りない…」という方は、奨学金制度の利用を検討してみましょう。

ダンサーの夢を追いかけ、世界へ飛び出そう!

いかがでしたか?

日本には、日本舞踊という伝統的な踊りの文化がありますが、世界にもさまざまな種類の踊り(バレエ、ダンスなど)が存在します。
ダンスは国ごとの文化の違いを色濃く表しており、その国独自のパフォーマンスに魅力を感じる人もいるのではないでしょうか?

バレエ&ダンスを学ぶとともに、その国の語学も同時に身につけることで、より国際色豊かな感性を育てることができます。
海外の地でバレエ・ダンスを学んでみたい!と気になった方は、ぜひ無料のパンフレット請求から行なってみてくださいね♪

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】