利用者 47 万人突破!

(2020年10月27日更新)

ハワイ
大学院留学するには?2分で始める留学実現の第1歩

H1 label
ハワイ大学院留学の費用、成功させたい人必見!

海洋学や天文学をはじめ、質の高い研究を行いながら、自然と触れ合えるアクティビティで楽しみたいという方にはハワイの大学院がぴったりです!
まずはハワイの大学院の特徴や費用をチェックしてみてください。

パンフレットを見てみたい!

ハワイの大学院留学の特徴

  • ハワイの美しい自然を満喫できる
  • 質の高い教育を受けられる
  • 文武両道を実現できる

観光や親子留学、短期の語学留学先として人気のハワイは、大学院留学を考えている方にもおすすめの場所です。

エメラルドグリーンと白い砂浜のビーチやドラマチックなサンセットなど、美しい自然に囲まれながら勉強や研究に打ち込めるのはハワイならではの魅力といえるでしょう。

ハワイにある大学は土地柄から海洋学や天文学などが秀でたところが多く、なかには第二外国語の教育研究や医学が有名な大学もあります。
質の良い教育を受けられる環境で専門分野の修士号を取得したい方に最適な環境です。

ハワイには、サーフィンやスキューバダイビング、トレッキングやハイキングなどマリンスポーツや自然の中で行うアクティビティを楽しむ機会や場所がたくさんあります。
勉強とスポーツを両立し、文武両道の生活を送ることができますよ!

ハワイ大学院留学

ハワイの大学院留学に必要な費用について

ハワイの大学院留学のモデル費用(1年間)

期間 費用の目安
合計 約300万円
授業料 約140万円
航空券 約8万円
居住費(食費込) 約150万円

ハワイの大学院留学にかかる費用は、1年間で約200万円~300万円ほどです。
授業料は取得する修士科目によって異なります。

例えば、経営学と看護学では看護学の授業料のほうが高額のところが多いです。

また、ハワイを含むアメリカの大学・大学院では州内に居住する生徒とそうでない生徒で授業料が変動し、基本的に州内居住者は州外居住者よりも安い費用で授業を受けられます。

大学のある州内に入学まで最低1年以上居住している場合は、日本人でも州内居住者の学費が適用されることもあります。
大学や州によって異なるため事前に確認しておきましょう。

ハワイ大学院留学2

ハワイの大学院留学で必要なビザ

ハワイの大学院に留学する場合、ビザが必要になります。
ビザの種類を事前に確認し、余裕を持って取得しておきましょう。

種類 概要
F-1ビザ(学生ビザ) ハワイを含むアメリカ国内に90日間以上滞在する場合や、期間に関わらず、週18時間以上の授業を受ける場合に必要となるビザ。
取得には「SEVIS」と呼ばれる留学管理システムへの登録が必須で、申請料は200ドル(約22,000円)。
J-1ビザ(交流訪問者ビザ) 米国国務省・教育文化局指定の団体や大学の交流訪問者プログラムに参加する場合に必要なビザ。
F-1ビザ同様に「SEVIS」への登録が必須で、申請料は180ドル(約19,000円)。

ハワイの大学院で勉強も遊びも楽しもう!

ハワイには海洋学や天文学、看護学や経営学など、さまざまな分野で質の高い研究を行える大学・大学院が揃っています。
また、研究に行き詰まってしまった時にも、心が洗われるような美しいハワイの景色を見れば癒しを感じられるはず!

世界中から学生や研究者が集まるハワイの大学院に留学して、勉強も遊びも思い切り楽しんでみてはいかがですか?

気になる方はぜひパンフレットの請求(無料)からスタートしてみてくださいね♪

パンフレットを見てみたい!

ハワイ留学の目的

人気の目的をもっと見る
 

ハワイ留学に人気の都市

ハワイ留学関連情報

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!