利用者 47 万人突破!

(2020年9月28日更新)

ハワイ
看護留学するには?2分で始める留学実現の第1歩

H1 label
ハワイ看護留学の費用、成功させたい人必見!

観光やアクティビティのイメージが強いハワイですが、実はアメリカの中でも最先端の医療が行われている場所なんです。
ハワイの看護留学で英語も看護師としてのスキルも磨いてみてはいかがですか?

ハワイの看護留学の特徴

  • ハワイの看護制度や医療英語を学べる
  • ハワイならではの景色を楽しめる
  • アメリカの看護師資格取得を目指せる

毎年700人以上の観光客が訪れると言われるハワイでは、外国人観光客を対象とした医療が充実しているだけでなく、アメリカ国内で見ても最先端の医療が行われています。

そんなハワイの看護留学では、シャドウイングと呼ばれる職業体験を通して、ハワイの医療現場を体験しながら実際に使われている医療英語を学んだり、大学・大学院で看護学を学ぶことができるんです!

また、ハワイの特徴である自然の美しさも忘れてはいけません。
透き通った青い海や真っ青の空、ロマンチックな夕日など、絵に描いたような景色に心が洗われるでしょう。

将来ハワイやアメリカで看護師として働きたいという方は、ハワイの看護留学で資格の取得を目指すのもおすすめです。
資格の取得は簡単なことではありませんが、決して不可能なことではありません。

海外で看護師として働くための資格についてもっと見る

ハワイの看護留学に必要な費用について

ハワイの看護留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
1ヶ月 25~50万円
3ヶ月 50~150万円
半年 120~200万円
1年間 250~400万円

※航空券(往復)・学費・滞在費・食費込みの金額

ハワイの看護留学にかかる費用は、1ヶ月で約25~50万円、1年間で約250~400万円ほどです。

看護留学と一口に言っても、ハワイのクリニックで研修を受ける場合や大学で看護学を受講する場合など、目的によって選択すべきプログラムやその費用が違います。

滞在費用もホームステイやシェアハウス、寮など、方法によって異なるため、予算に応じて滞在方法を選びましょう。

プログラムによってはTOELFやIELTSで一定のスコア以上を保持していなければならない場合もあります。
英語に自信のない方や目標スコアに達していない方は、まず語学学校で英語力を磨くという方法もあります!

ハワイの語学留学の費用についてもっと見る

ハワイでできる看護留学のプログラム例

ここではハワイで受けられる看護留学プログラムの一例をご紹介します。

プログラム例 期間 費用の目安
ハワイのクリニックでシャドゥイング 5泊 1人で一部屋利用の場合:1,000ドル(約10万円)
2人で一部屋利用の場合:1人あたり750ドル(約8万円)

パンフレットを見てみたい!

ハワイの看護留学で必要なビザ

概要
ビザ不要 滞在期間が90日以下かつ週に18時間未満の授業を受ける場合
※ESTA(電子渡航認証システム)の登録が必要
F-1ビザ(学生ビザ) ハワイに90日間以上滞在する場合や、期間に関わらず週18時間以上の授業を受ける場合に必要。
※SEVIS(留学管理システム)への登録が必須。申請料は200ドル(約22,000円)。

ハワイで看護留学を行う場合、プログラムの期間や授業時間によってビザが必要かどうかが異なります。

プログラムを選択する際にビザの必要性も確認しておきましょう。
不安な方はエージェントへ問い合わせると安心ですね!

ハワイの看護留学でキャリアアップを目指そう

ハワイには、大学や大学院での看護学修士・博士取得、クリニックでのシャドウイング(体験学習)をはじめ、医療の現場で看護のスキルを磨けるチャンスがたくさんあります。

「将来は海外で活躍できる看護師になりたい」、「グローバルな医療現場を体験して看護師としてのスキルを磨きたい」と思っている方は、ぜひハワイの看護留学に挑戦してみてください!

異国の地ハワイで同じ志を持った仲間と助け合いながら学ぶことで、新たな目標や夢が見つかるかもしれません。

気になった方は資料を請求して、自分の条件に合うプログラムを探してみましょう!

パンフレットを見てみたい!

ハワイ留学の目的

人気の目的をもっと見る
 

ハワイ留学に人気の都市

ハワイ留学関連情報

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!