休学・認定留学を検討しているなら
準備や渡航中のサポートがあるエージェントがおすすめ!

休学・認定留学のイメージ画像

休学・認定留学

日本の大学に籍を残して、海外の大学で学ぶことのできる休学・認定留学。
在籍している大学によっては、海外の大学で取得した単位が利用できることもあるので、目的に応じて留学プランを立てましょう♪

\休学・認定留学の無料パンフをまとめてもらえる/

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

休学・認定留学とは?

休学留学 認定留学
在籍 日本の大学 日本の大学
卒業 留学期間によっては卒業に4年以上かかる 取得単位数によっては4年間での卒業も可能
目的 ワーホリや語学留学など、人によって異なる 単位を取得し、日本の大学の単位に移行する
学費 国立は休学費用が免除、私立は休学費用がかかる場合が多い 留学先と在籍中の大学の両方の学費が必要となる場合が多い

休学留学も認定留学も、日本の大学に在籍しているという点では同じですが、明確にはそれぞれの目的が大きくことなります。

具体的な違いを理解した上で、自分が大学在学中にどちらのスタイルで留学したいのか考えてみてくださいね♪

休学留学について

休学留学は、日本で通っている大学に籍を置いたまま半年~1年ほど留学することです。

長期の留学になると、会社や学校を辞めてから留学…ということもありますが、休学留学では大学を辞める必要はありません。

また留学のスタイルも大学に限らず、ワーキングホリデーをしたり資格取得や語学力向上に努めたりなど、自由な過ごし方ができるのがポイントです。

認定留学について

認定留学とは、留学先の大学で取得した単位が、日本の大学でも認定される留学のことです。

ただし、認定留学の場合は留学できる大学が学校ごとに指定されていることもあるので、必ずしも行きたい大学に自由に留学できるわけではありません。

また、休学留学の場合は留学した期間分、日本での卒業が延びる可能性がありますが、認定留学で単位を取得すれば、日本の大学を4年間できちんと卒業することも可能です。

休学・認定留学のタイプと選ぶポイント

休学・認定留学といっても、決して海外の大学で学ぶことだけではありません。
さまざまな過ごし方ができるのが魅力の休学・認定留学。
あなたはどのスタイルで海外生活を送っていきたいですか?こちらで留学タイプをチェックです!

語学留学

留学目的で多いのは、やはり語学力を上げること。
社会人になってからの留学はブランクや再就職などの心配がありますが、休学・認定留学ならその心配も不要です。

休学・認定留学で培った語学力を、帰国後の授業や就職活動に大いに活かしましょう!

こんな方におすすめ!

  • 大学時期の時間に余裕があるときに語学力を上げたい
  • 留学で鍛えた語学力を、就職活動などに活かしたい
  • 集中的に語学を学んでいきたい

大学留学/学部聴講

日本の大学にはない専攻を学びたい、という場合には、海外の大学に休学・認定留学をするという方法もあります。

また、留学先である程度の語学力を身につけた後、実際に留学先の大学の講義を受講してみる、ということもできます。

こんな方におすすめ!

  • 日本にはない専攻分野を海外の大学で学びたい
  • 海外の大学生活を体験してみたい
  • 身につけた語学力をさらに上げるために、海外の大学の授業を受けてみたい

語学+インターンシップ

語学力を上げながら海外で職場体験をしてみたい!という方は、インターンシップと組み合わせたスタイルもおすすめです。

帰国後の就職活動で活かせるのはもちろん、より実践的な語学力を身につけることにもつながります。

こんな方におすすめ!

  • 海外での就職を視野に入れて留学したい
  • 海外の職場を実際に体験してみたい
  • 仕事場で使える語学力を身につけたい

語学+ワーキングホリデー

海外で実際に働きながらお給料をもらいたい、という場合は、ワーキングホリデービザを利用して留学する方法もあります。

海外の職場では、さまざまな年代や国籍の人たちと接する機会が格段に増えるので、語学力はもちろん、コミュニケーション力もよりアップすること間違いなし!

働き先を見つけるのは大変かもしれませんが、得られるものも多いですよ♪

こんな方におすすめ!

  • 海外でお給料をもらいながら働いてみたい
  • よりいろんな人たちと接する生活を送ってみたい
  • 海外での就職を視野に入れた留学をしてみたい

休学・認定留学で人気の国ランキング

高校や大学在籍中に行う休学・認定留学は、留学スタイルや目的もさまざまです。
より実りある休学・認定留学にするために、自分とマッチする渡航先を選んでいきましょう!

休学・認定留学のおすすめプログラム

休学・認定留学の費用

休学留学と認定留学は、それぞれ目的が異なるため、かかる費用や期間も人によってさまざまなパターンがあります。 

一例として、こちらでは以下の2パターンに分けてご紹介します。

①休学留学で語学学校に通った費用
②認定留学で大学に通った費用

より具体的な情報が知りたいという場合は、各国の項目や語学留学・大学留学の情報もチェックしてみてくださいね♪

①休学留学で語学学校に通った場合の費用目安

国名 1ヶ月 3ヶ月 半年 1年間
アメリカの語学留学 30~50万円 70~120万円 120~200万円 250~400万円
カナダの語学留学 30~50万円 60~100万円 110~140万円 180~300万円
オーストラリアの語学留学 30~50万円 60~120万円 140~200万円 180~400万円
ニュージーランドの語学留学 25~30万円 60~70万円 100~130万円 250~270万円
イギリスの語学留学 40~60万円 80~120万円 150~200万円 300~400万円
ハワイの語学留学 30~50万円 80~150万円 120~200万円 250~400万円

休学留学は、大学の単位や成績に関係なく、好きな留学先を自分で決めることができるという点が魅力です。
そのため、留学先によってはアルバイトをして生活費をある程度まかなうこともできるんですよ♪
ただし、語学習得のみを目的とした留学の場合は、就労が認められていない国もあります。
留学中の予算を明確に決めたいという方は、留学先の決定を早めに行うと良いでしょう。

休学中に学費の支払いが発生するかどうかを確かめよう!

休学留学では、留学先の学校に払う学費と今所属している大学に休学費用を二重に払わないといけないケースがあるので注意しましょう。
一般的には国立大学の場合は免除、私立大学の場合は休学費用がかかります

最近は休学費用が安くなっている学校が多くなっていますが、あらかじめ大学に問い合わせておきましょう。

②認定留学で大学に通った場合の費用目安

国名 半年 1年間
アメリカの大学留学 130~200万円 200~500万円
カナダの大学留学 120~150万円 240~400万円
オーストラリアの大学留学 150~200万円 300~400万円
ニュージーランドの大学留学 140~180万円 270~350万円
イギリスの大学留学 150~200万円 250~500万円
ハワイの大学留学 150~300万円 250~500万円

現地の大学生と一緒に授業に参加する認定大学では、語学力がとても重要です。
認定留学は単位取得も目的のひとつ。
授業の内容を聞き取ったり発表を行ったりということがまず必要ですが、語学力に自信がない人は大学の学期が始まる前に付属の語学準備コースを受講することも可能です。

認定留学の場合、基本的には留学先の学費と今所属している大学の学費の両方を支払わなければなりません
ですが、大学によっては留学中の学費を免除してくれたり、奨学金を出してくれるケースもあります。
一度所属している大学の留学センターや教務課に問い合わせてみてくださいね。

認定留学は奨学金制度が利用できることも!

海外に留学するためには、学費の他にも渡航費や生活費が必要になります。
必要なお金をすべて用意できるのが理想ですが、そうではない場合には奨学金を利用してみるという方法もあるでしょう。

奨学金には、日本の政府や自治体が主催しているもの、民間団体や公益団体が実施しているものがあります。
また、各国の政府や大学で日本人留学生向けに募集をしている奨学金制度もあります。

認定留学は休学留学よりも利用できる奨学金制度が多くなります。
応募資格や期間、募集要項はそれぞれ異なるので、各団体に確認しておくと良いですね!

休学・認定留学で大学生活をさらに充実したものに!

いかがでしたか?

休学・認定留学は大学生だからこそできるので、かなり貴重な留学スタイルです。
海外でどんなことを学びたいか、自分の目的を考えてより具体的なプランを組み立てると良いですね♪

また、休学・認定留学は自分の力で大学や語学学校を決めたり、ビザの手続きをしたりしなければならないので、不安に思うことも多いはず。
少しでも心配事をなくして留学したいという場合は、エージェントに相談してみるのもオススメです。
いろんな資料を見比べて、自分にぴったりの留学プランを見つけだしてみてくださいね!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】