ドイツの高校留学まるわかり!人気ランキング・費用など【留学くらべ〜る】

利用者339,121人突破!(2017年12月14日更新)

カート

0

ドイツの高校留学を検討しているなら
準備や渡航中のサポートがあるエージェントがおすすめ!

ドイツ高校留学 ドイツ 高校留学

ドイツの高校留学で、将来を見据えた貴重な経験をしよう!

高校は、進路について悩むひとつの分岐点。
将来を考えるにあたって、視点を変えてみるという意味で高校留学を検討してみるのはいかがでしょう。

ドイツは、音楽や建築をはじめ魅力的な文化がたくさん!
教育システムをはじめ、あらゆる点が日本と異なる国で生活してみることは、将来の可能性を大きく広げるきっかけにもなるかもしれません。

こちらでは、ドイツの高校留学に関する費用や学校事情などの情報をお伝えします。
ドイツの高校留学に興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

ドイツの高校留学の特徴

ドイツでは、公立学校は大学まで学費が無料であったり、小学校段階で自身の進路について考えなければならないなど、日本とは教育事情が大きく異なっています。
日本とは違う教育環境だからこそ、ドイツの高校生活でしかできない発見もあるでしょう。

ドイツの高校留学は、交換留学で現地の学校に通う、インターナショナルスクールに通うといった方法があります。

現地の学校に通うと、当然授業はドイツ語。
より自然なドイツ語を学びたいなら、現地学校の環境に身を置くのもアリですね。
ドイツの生徒がどのような学校生活を送っているのかを肌で感じることができるのも、現地の学校ならではの特徴です。

インターナショナルスクールでは、日本人の生徒が在籍しているところもあるので、初めての海外生活でも心強さを感じます。
学校によっては、英語とドイツ語を同時に学ぶこともできるので、バイリンガルを目指すチャンスでもあります♪

語学習得や異文化体験など、高校留学の目的は人それぞれです。
留学した人にしかわからない、ドイツでの有意義な高校生活を体験をしてみませんか?

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

ドイツの高校留学に必要な費用について

ドイツの高校留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
2~3ヶ月の短期コース 40~60万円
5ヶ月、または1セメスターのコース 160~170万円
1年間のコース 150~300万円

※上記の費用例は、渡航費・学費・滞在費・食費込みの目安金額です。

ドイツの高校留学にかかる費用の目安は、1年間でおよそ150~300万円です。

ドイツでは、学校の大半を占める公立学校は、大学まで学費がかからない教育システムになっています。
ですので、コース費用は主に渡航費や滞在費、食費の期間別費用の目安です。

ドイツでは、公立学校に通うか私立学校、あるいはインターナショナルスクールに通うかで学費に大きく差があるので、費用を抑えて留学したいという場合は公立学校を選ぶことをオススメします。

また、ドイツの公立学校や私立学校に通う場合、授業にある程度ついていけるだけのドイツ語力が必要です。
もちろん、現地でもドイツ語の習得は可能ですが、留学前に一定のドイツ語を学んでから渡航すると、学校での授業をよりスムーズに進めることができるでしょう。

ドイツのインターナショナルスクールで必要な費用の目安

ドイツには、ベルリンをはじめいくつか都市でインターナショナルスクールを運営しています。
インターナショナルスクールの中には、日本人生徒が数十人単位で在籍しているところもあるので、初めての海外で言葉が不安でも安心ですね。

また、インターナショナルスクールには、幼稚園や小学校から通っている生徒もいるので、幅広い年齢層の人たちと交流を図ることも可能ですよ♪   ドイツのインターナショナルスクールの授業料の例は、以下のようになっています。

スクール名 所在都市 授業料(1年間)
ベルリン・ブリティッシュスクール ベルリン 約157~174万円
インターナショナルスクール・フランクフルト・ライン・マイン フランクフルト 約214~225万円
インターナショナルスクール・ハンブルグ ハンブルグ 約236万円

なお、学校によって英語を中心とした授業であったり、英語もドイツ語も学ぶ授業があったりとさまざまです。
あらかじめ自分の学びたい語学や分野が、希望先の学校で履修できるのかをチェックしておくといいですね。

ドイツで高校サッカー留学をするための費用の目安

ドイツは、世界的なサッカー強豪国として有名ですよね。
なかには、サッカー選手を目指してドイツへ留学に…と考える方もいるのでは?
中高生などの若年層を対象としたドイツのサッカー留学は、さまざまなプログラムが組まれています。

一例として、1ヶ月のトライアル期間の留学費用がおよそ23万円~というコースがあります。
また、留学くらべ~る内にも、食費・滞在費込みで2週間189,000円~というプログラムが用意されています。

プログラム期間は、週単位のものから数ヶ月、1年とさまざまです。
「まずはサッカーが上手くなりたい!」という方から「本格的に選手を目指したい」という方まで、サッカーに情熱を注ぐ方はドイツのサッカー留学もぜひチェックしてみてくださいね♪

ALT

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

ドイツの高校留学に関するその他詳しい情報

高校留学にあたっては、留学先の教育事情をきちんと理解しておくことも大事ですよね。
教育事情は各国でさまざまですが、日本とドイツとでも教育の仕組みが大きく異なっています。
こちらでは、ドイツの教育システムを中心とした情報を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ドイツの教育システムは日本とどう違うの?

日本とドイツでは、教育システムが大きく異なっています。

ドイツでは連邦制という制度を取っており、国内の各州によって学校制度が少しずつ違ってきます。

基本的には、6歳の段階で日本の小学校にあたる「基礎学校」というところで学び始めます。
ですが、ドイツでは基礎学校で4学年を終えた時点で、その後の進路が生徒によってバラバラになるようです!

一般的な進路としては、基幹学校、実科学校、ギムナジウムという3種類の教育機関があります。
各機関によって、大学進学を視野に入れる、就職を目指すなど目的が変わってきます。

ドイツの義務教育期間は9~10年間(州によって異なる)ですが、義務教育期間の中でも比較的早い段階で、生徒は将来の進路を考える機会が与えられます。

ドイツの基幹学校、実科学校、ギムナジウムの特徴

ドイツの学校は、進路内容によっていくつかの学校に分かれます。
ここでは、主要な学校機関の概要をご紹介します。

基幹学校

基本的に5年生制度の学校で、就職を視野に入れて学んでいきます。
卒業後は職業学校を目指す進路になり、職業学校と同時に企業内で訓練を受けることもあります。

実科学校

6年生制度の学校で、基幹学校よりもより専門的な職人などを目指す進路になります。
卒業後は、引き続き専門職を目指す学校に入学する者が多いようです。

ギムナジウム

基本的に9年生の学校で、大学進学を目指して学びます。
高校留学では、ギムナジウムに留学する場合はほとんどです。

ギムナジウム以外にも、総合制学校というところを卒業しても、大学へ進学することができます。
大学へ入学するためには、アビトゥーアという試験に合格しなければなりません。

ドイツの高校留学で、未来の可能性を広げるチャンスを掴もう!

いかがでしたか?

英語圏に比べると、ドイツへの高校留学は決してメジャーとは言えません。
だからこそ、留学先で得られたものは、あなたの将来にきっと大きな影響を与えるはず!

また、環境が良く生活しやすいドイツで高校生活を送るのは、青春の良い思い出作りにもつながりますよ♪

ドイツへの留学に少しでも興味を持った方は、まずはエージェントの無料パンフレットを取り寄せてみてはいかがでしょうか。
パンフレットにはより詳しい情報が載っているので、留学プランを立てるのに参考にしてみてくださいね。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】