留学費用ハワイの長期留学の費用ってどのくらい?

ハワイで叶える長期留学!いくらあったら大丈夫?

ハワイが大好きで、旅行ではなく住みたいと思う人もいるのではないでしょうか?
でもいきなり永住するのは不安ですよね。まずはハワイに長期留学して、現地の生活を体験してみませんか?長期留学といってもさまざまな種類の留学があり、目的によって期間も滞在方法も大きく変わってきます。

一体どのような内容の長期留学があるのか、それに伴う費用はどれくらい掛かるのか、今回はハワイでの長期留学とその費用についてみていきましょう!

【ワンポイント・アドバイス】留学ローンを上手に使えば、チャンスを逃さない!

\ハワイの長期留学の無料パンフをまとめてもらおう/

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

ハワイに長期留学する為に必要な事って何?

まず必要になのが、国外に出るパスポートです。アメリカに90日以上滞在する長期留学の場合はビザも必要となります。学生ビザの場合はF-1タイプ、インターンシップの場合は J-1タイプ、ボランティア活動の場合にはB-1タイプのビザが必要になります。
次に必要なのが渡航費です。ハワイへの飛行機代はシーズンによって大きく変動しますが、4万2,000円~9万6,000円($350-800)程必要になります。また医療費の高いアメリカでは海外保険に加入する事も必要ですが、大学など学校で保険を買える場合もあります。

現地で必要になるのがまず滞在費です。費用は方法によって大きく変わってきますが、年間契約でアパートを借りる場合は月々12万~18万円($1,000-1,500)程、学校の寮の場合は食事付きで9万6,000円~12万円($800-1,000)程、ホストファミリーの場合も朝食付き12万~14万4,000円($1,000-1,200)程になります。また学校に通う交通費も月9,600円($80)程必要です。

自炊の場合でも月1万8,000円($150)程、一回の外食につき最低1,200円($10)程かかる食費もあげられます。食費においては長期滞在の場合段々と現地の生活に慣れて節約ができるようになります。
また、週末や放課後に遊びに行く場合の娯楽費、散髪など細々とした生活費も必要です☆

\ハワイの長期留学の無料パンフをまとめてもらおう/

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

★他の国や、留学ジャンル別の費用

韓国、ヨーロッパ、アジアなど他の国の費用や、
ワーキングホリデー、ホームステイ、ダンス留学など目的(留学ジャンル)ごとに費用を見てみたい人はこちら!

自分の希望する条件の留学プログラムを見たい人はこちらから検索できます。

留学プログラムを検索

ハワイでどんな種類の長期留学が可能なの?

最初にあげられるのが語学留学となります。
語学留学の場合は現地にある各学校のプログラムをリサーチして、自分に一番合うコースを見つける事から始まります。語学学校の中には長期プログラムを提供している所もありますし、各クラスを終えて段々と難しいクラスにステップアップして行く事も可能です♪

授業料ですが、例えばホノルルにある語学学校は週20時間/24週間コースで45万6,000円($3,800)程になります。学生ビザを取得してハワイ及びアメリカ合衆国に長期留学する場合は最低週20時間のクラスを取る必要がありますが、もちろんこれより多くのクラスを受講する事も可能です☆

現地に住んでローカルの生活を体験する長期留学

大学や大学院に入学、編入または特殊技術を習得する専門学校に入学する選択も挙げられます。大学に入学する場合は通常4年、大学院の場合は2年程の過程が必要です!
専門学校においては学ぶ分野によってさまざまですが6ヶ月~1年程の期間が必要です。

授業料は学校によってさまざまですが、例えばホノルルにある州立大学の場合、一年に372万円($31,000)程かかります。大学院の場合も同じケースですがホノルルにある同じ大学のMBAコースの場合は432万円($36,000)程です。専門学校も分野によって多岐に渡りますが、例えばホノルルにあるマッサージ専門学校の9ヶ月の資格コースの学費は24万円($2,000)程になります。

安い食材を調達する為にファーマーズマーケットへ!

インターンシップやボランティアをして長期留学する選択もあります。
インターンシップの場合は通常企業から900円~1,440円($7.50-12.00)程の時給が支払われ、宿泊先も手配してもらえる事が多いです。この場合お給料から宿泊費を抜いた賃金は支払われます。自分の専攻する分野を直接卒業前に体験できるインターンシップ制度はアメリカではとても盛んです。

またボランティアとしてハワイに長期滞在するケースもあります。
この場合はボランティアによって条件もさまざまですが、宿泊先を提供してもらう代わりに労働を奉仕する場合や宿泊先の割引をしてもらえる場合などがあります。

\ハワイの長期留学の無料パンフをまとめてもらおう/

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】