サマースクールサマースクールSummerSchool

サマースクールで有意義な夏を過ごそう!

語学学校やボーディングスクールが6月から8月の時期に実施するサマースクール。
小学生から大学生を中心としたプログラムで、1~2週間という短期間から参加できるため将来の長期留学のファーストステップとして参加する方が大勢います。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

サマースクールのメリット

留学のファーストステップにぴったり

・小学生から大学生まで参加できる!
・国際感覚を身につけることができる!
・親元を離れ自立するチャンス

海外には行きたいけど不安がいっぱい…。
そう思うならまずはサマースクールで短期の留学を経験してみてはいかがでしょうか?
アメリカやイギリス、カナダなどの語学学校で開催されており、日本では手に入らない国際感覚を身につけることができます♪
ひとりでも参加ができるので、サマースクールで夏を有意義なものにしましょう!

★自立心や協調性が身につく!
サマースクールとは6月から8月に実施されるもので、ヨーロッパを始めとする世界各国の子どもたちが集まり集団生活を行います。
語学の授業はもちろんのこと、キャンプやアクティビティなどもあります。
それらを通して世界中に友達ができるのはもちろん、協調性を身につけることができます。

また、親元を離れた生活をするため、自立心を高めることができますよ♪
サマースクールから帰ってきて見違えるように成長した!というのはよくある話です。

さらに、将来長期的な留学を考えているのであれば、事前準備としてもピッタリです!

サマースクールが人気の5つの理由

★長期留学のファーストステップに!
いきなり長期で行くのはさすがに不安…そんな人はサマースクールで留学のファーストステップを踏みましょう♪

★親元を離れて自立するチャンス!
親元で生活を続けていると、どうしてもお互いに甘えが生まれるもの。
そこで、親元を離れることによって自立心を育てることができます。

★海外の文化に触れることができる!
頭が凝り固まっていない時に海外の文化に触れることで国際感覚が身につきます。
将来は国際人として世界を舞台に活躍できるようになるかも?

★さまざまな国の友達ができる!
日本で生活していたら知り合えなかった国の子どもと友達になれるのはサマースクールならでは♪
将来のプラスになること間違いなし!

★生きた英語を勉強できる!
ネイティブスピーカーばかりの環境で生活をするため日本語が使えません。
日本では触れることのできない生きた英語を学ぶことができます!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

タイプ別サマースクールプログラム

短期間でプチ留学!1週間のサマースクール

【ニュージーランド】13~17歳限定! 英語+アクティビティコース

ニュージーランド/オークランド/短期留学/サマースクール/中学留学/

  • 中学生向け
  • 1週間
  • アクティビティ豊富
  • 1週間からOK
  • 初めての留学歓迎

13歳~世界デビュー☆ニュージーランド語学留学!

ニュージーランド/オークランド/語学留学/短期留学/サマースクール/

  • 夏休みに行ける
  • 中学生向け
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 英語が苦手OK

テニスキャンプで技術力UP☆イギリススポーツ留学!

イギリス/短期留学/スポーツ留学/サマースクール/

  • 夏休みに行ける
  • 1週間
  • 2週間
  • 現地日本人スタッフ有
  • 初めての留学歓迎

春休み・夏休み・転職の合間に!1ヵ月のサマースクール

【夏休み短期留学】英語と海外の楽しさを感じるプログラム

オーストラリア/シドニー、ゴールドコースト/語学留学/短期留学/サマースクール/

  • 2週間
  • 1ヵ月
  • 夏休みに行ける
  • 英語が苦手OK
  • 友達と参加OK

13歳~世界デビュー☆ニュージーランド語学留学!

ニュージーランド/オークランド/語学留学/短期留学/サマースクール/

  • 夏休みに行ける
  • 英語が苦手OK
  • 中学生向け
  • 1週間
  • 1ヵ月

【11歳~17歳向け】アイルランドで英語&AC MILANサッカーサマーキャンプ

アイルランド/ダブリン/語学留学/スポーツ留学/サマースクール/

  • 初めての留学歓迎
  • 男性向け
  • 友達と参加OK
  • 2週間
  • 1ヵ月

サマースクールの費用

サマースクールとは、夏休みを利用した短期留学プログラムで、おもに小学生・中学生・高校生・大学生を対象にしています。
英語はもちろん、スポーツや芸術などのアクティビティも体験でき、世界中から集まって来た学生たちと交流することができるのが魅力!
せっかくの夏休みをムダにしたくない!という方にはぴったりの過ごし方です♪
こちらではサマースクールの費用について詳しくご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

サマースクールに必要な費用はどのくらい?

サマースクールにかかる費用は、他の留学スタイルよりもやや高めだと考えておいたほうがよいでしょう。

ですが、国やプログラムによっては1週間5万円代から選択することも可能です。
小学生や中学生のお子さんをひとりで海外に行かせるのはちょっと心配で…という方もいるかもしれませんが、プログラムの中には24時間のサポート込みのものや保護者が同伴できるものもあります。

吸収力の高いうちから海外での生活を経験できるサマースクールは、お子さんにとってかけがえのない経験になること間違いなしです!
費用だけでなく体験内容なども比較して、お子さんにぴったりのサマースクールプログラムを探してみてくださいね。

※下記の表はプログラムにかかる費用なので、渡航費等は別です。

サマースクールの費用の目安

国名 1週間 2週間 1ヶ月
アメリカ 15~40万円 20~70万円 50~100万円
カナダ 10~20万円 15~50万円 30~80万円
オーストラリア 10~35万円 20~40万円 20~60万円
ニュージーランド 10~30万円 20~50万円 20~50万円
イギリス 10~30万円 20~60万円 30~70万円
ハワイ 25~40万円 35~70万円 40~120万円

サマースクールの費用例を見てみよう!

サマースクールは、国はプログラム内容によって費用がさまざまです。
こちらでは小学生から高校生向けのサマースクールをいくつかご紹介しているので、費用をどのくらい準備すればよいのか目安にしてみてくださいね。

今回紹介したプログラムは為替レートの変動によって価格が変わる可能性があるため、あくまで一例として参考にしてください。
また、紹介した費用には、授業料や滞在費、サポート費用などが含まれますが、航空チケット代や海外旅行保険料などは別途必要になります。

アメリカのサマースクール費用例

13~17歳を対象にしており、寮生活をするプログラムです。
2週間で約61万円、3週間で約85万円です。

週16時間あるアクティビティの時間には、専門コーチによる技術指導やトレーニングを受ける事のできる特別なプログラムで、英語のレッスンも週15時間あります。

オーストラリアのサマースクール費用例

私立一貫共学校であるジョン・ポール・カレッジで学ぶプログラムで、英語レッスンのほかに、1日1~2時間程度、数学、科学、パソコン等の科目も勉強します。

9~18歳が対象で、ホームステイが楽しめます。
2週間なら約34万円、3週間なら約43万円、4週間なら約52万円です。

カナダのサマースクール費用例

11~18歳が対象で、ホームステイしながら英語を学ぶプログラムです。
ESLでの語学研修は、月・水・金は終日、火・木は午前のみの週22時間授業です。
火・木曜日の午後や週末はスポーツやアクティビティ、観光などが楽しめます。
2週間で約32万円、4週間なら約50万円の費用がかかります。

マレーシアのサマースクール費用例

ウェストレイク・インターナショナルスクールのカリキュラムでは、イギリスのケンブリッジ式の英語を学べます。
英語の他にもマレー語、中国語も学ぶことができます。
授業は週28時間で、ネイティブの先生による集中的なレッスンを受けます。

キャンパス内にはボーディングハウス(学生寮)をはじめ、カフェなどのさまざまな施設があります。
13~18歳が対象で、4週間で約37万円です。

親子でサマースクールに参加する場合はどのくらいの費用がかかるの?

お子さんが心配!というご家庭は、親子留学という方法もオススメです。
もちろん費用はかかりますが、忘れられない思い出になるはず♪

一例として、オーストラリアのメルボルンにある小学校(St Kilda Primary School)に、小学生の子ども1名と保護者1名で行くプログラムなら、

コンドミニアム滞在:1週間328,000円、2週間508,000円
ホームステイ滞在:1週間298,000円、2週間398,000円
になります。

費用に含まれるのは、空港の出迎え、滞在先への送迎、小学校の授業料、滞在費、ホームステイの場合は食費(朝夕2食付、コンドミニアムは自炊)など。
そのため、飛行機代や海外旅行保険、現地での交通費や課外活動費、ホームステイの場合は昼食費、コンドミニアムの場合は食費などが別途必要となります。

小学校の授業は月~金曜日の週5日、午前8時半から午後3時頃までです。
子どもが小学校に行っている間、保護者は自由時間なのでゆっくり過ごすことができます。

St Kilda Primary Schoolはメルボルン郊外の閑静な住宅街に位置する小学校で、非英語圏の学生をを積極的に受け入れており、校長先生が率先して学校の国際化に努めているんですよ♪

サマースクールのプログラムは豊富!

いかがでしたか?

海外には今回紹介したプログラム以外にもいろんなサマースクールがあります。
選ぶときには行って見たい国のプログラムをいろいろ探してみてくださいね♪

また、サマースクールといっても、オーストラリアやニュージーランドといった南半球の国は季節が逆というのも忘れてはいけないポイントです。
夏は忙しくて冬しか時間がとれない…という場合は、南半球の国のプログラムをチェックしてみるのも楽しいかもしれません♪

長期休暇は思い切って海外で過ごしてみましょう!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】