利用者 41 万人突破!

(2019年5月27日更新)

アメリカのサマースクール情報まとめ

アメリカサマースクールの費用、成功させたい人必見!

アメリカの語学学校や各種団体が主催する「サマースクール」に参加して、いつもと違うひと夏を体験してみませんか?
アメリカには、さまざまなタイプのサマースクールがあるんですよ!

留学パンフレット
取りよせる

アメリカのサマースクールの特徴

アメリカのサマースクールはいくつかの種類に分かれます。

  • 語学学校が主催するサマースクール(英語力に合わせて、子ども~大人まで幅広い年代が受講可能)
  • プリスクールや大学が夏季に開催するサマープログラム(幼児~大学生までの比較的年が近い生徒が参加できる)
  • 教育支援団体が開催するサマーキャンプ(小学生~大学生向けが多い)

たとえば、語学学校が開催するプログラムは「勉強に重きを置き短期での英語力アップを目指す」、幼児やティーン対象のプログラムは「異文化体験や参加者同士の交流を通して、自立心やリーダーシップを育てる」など、サマースクールの種類によって方針が大きく異なります。

目的に応じて、どのプログラムを利用するか検討していくとよいでしょう。

また、大使館でも10~20代向けのサマープログラムが提供されています。
学生生活をサポートする福祉担当がいたり、24時間対応の電話相談窓口が設けられていたりと、質の高いケアのもと英語を学ぶことができますよ。

人気の理由

アメリカで提供されているサマースクールのプログラムは、幼児や小学生から社会人まで幅広い年齢を対象に開催しています。

「サマースクールは学生対象のものがほとんどなのでは…」と思うかもしれませんが、社会人を対象にしたプログラムもあるため大人でも参加できるのが嬉しいポイントです。

また、アメリカのサマースクールはスポーツイベントやキャンプ、観光などのアクティビティが充実しているのも特徴です。
ディズニーランドやユニバーサルスタジオなどの人気観光地へ行けるコースもあるので、語学も遊びも満喫できるんですよ!

「英語を楽しく学びたい」「異文化交流やアメリカ観光など思い出作りもしたい」という方は、ぜひプログラムを探してみてくださいね。

サマースクールについてもっと見る

アメリカの学生たち

アメリカ留学が気になったら 留学パンフレット
取りよせる

アメリカでサマースクールができるおすすめプログラム

実際にどんなプログラムがあるの?と知りたい方は、こちらからチェックしてみましょう。
一味違った夏休みを送りたい学生や、限られた時間でも海外を体験してみたい社会人など、幅広い年代に向けたプログラムがありますよ!

20万円以下の格安プログラム

おすすめプログラム
【アットホームな語学学校】アメリカ短期留学 7日間167,000円
サンディエゴでサーフィン!アメリカ短期留学♪ 7日間180,000円
【高校生向け】中西部の大都市シカゴで英語を学ぶ 14日間144,600円

※費用には、授業料・食費・宿泊費が含まれます。

高校生におすすめのプログラム

 
おすすめプログラム
【ティーン向け】夏休みはロサンゼルスで語学留学 7日間349,900円
【13~17歳】夏休み限定!UCLAサマープログラム 1週間240,000円
【13~18歳】世界中の生徒と学ぶインターナショナルプログラム 2週間478,000円

※費用には、授業料・食費・宿泊費が含まれます。

大学生におすすめのプログラム

 
おすすめプログラム
【大学生、社会人】LA短期ホームステイ留学(※1) 7日間187,000円
【7~8月限定】留学生たちと旅しながら英語を学ぶ(※2) 21日間406,000円
【大学生向け】シアトルで貴重なインターンシップ体験 28日間374,000円

(※1)授業料/食事/宿泊含む
(※2)授業料/宿泊含む

社会人におすすめのプログラム

 
おすすめプログラム
【1か月未満】ホームステイ+語学留学 7日間204,000円
【忙しい社会人向け】ロサンゼルス短期集中留学 7日間224,000円
【大学生・社会人】選べるロサンゼルス観光プラン 7日間233,900円

※費用には、授業料・食費・宿泊費が含まれます。

アメリカのサマースクールに必要な費用について

アメリカでサマースクールをするにあたって、費用がどのくらいかかるか気になるところ。
予算を知ることで、計画もより具体的に立てられるようになってきますよ!

アメリカのサマースクールで必要な費用の目安

期間 費用の目安
1週間 30~40万円
2週間 20~60万円
1ヶ月 50~70万円

※語学学校の学費・滞在費・食費込みの金額

アメリカのサマースクールに必要な費用は、1週間で15~40万円が目安です。

上記とは別に渡航費(往復10~20万円ほど)がかかりますが、夏休みの時期はチケット代が高騰するので格安航空で探してみるのもおすすめです。

また、アメリカのサマースクールは観光などアクティビティ付きのものが多いですが、プログラムによってはオプションで別料金の場合もあるため事前に確認しておきましょう。

アメリカの大学で開催するサマーコースの費用は?

アメリカには、サマーコースを開講している大学も多くあります。
大学生は比較的長期の夏休みがあるため、長い休みを活用して英語を学んだり海外生活を体験したりするのもよいでしょう。

大学や期間によって費用は大きく異なるため、気になる大学でサマーコースが開講されているかチェックしてみましょう。

大学名・コース名 期間と費用
ジョージタウン大学夏期プログラム
文芸コース ※高校生対象
1週間2,950ドル(約33万円)
※授業料・食事・宿泊込み
南カリフォルニア大学サマープログラム
※高校生対象
2週間2,858ドル(約32万円)
※授業料
南カリフォルニア大学サマープログラム
※高校生対象
2週間2,858ドル(約32万円)
※授業料
カリフォルニア大学ロサンゼルス校
一般英語コース
1週間485ドル~(約5.5万円)
※授業料
アメリカン大学ESLサマーコース 10週間5,940ドル(約65万円)
※授業料

「アメリカの大学でサマースクールに参加したいけど、どんな手続きをすればよいか分からない」「自分だけで準備を進めるのは不安」という方もいるかもしれません。

そんなときは、留学エージェントへ相談してみるのもおすすめです。
どの大学がおすすめか、どんな手続きを行えばよいのか…さまざまざな疑問に留学のプロが答えてくれますよ!

アメリカ留学は多くのエージェントが扱っているので、気になる方は資料請求からはじめてみましょう。
資料は何部でも無料で取り寄せられるので、どんどんご活用ください。

アメリカの大学生

アメリカのサマースクールの滞在費について

自分で滞在先を手配する場合、インターネットの予約サイトなどを使ってコンドミニアムやホテル、ホームステイ先を探すことになります。

サマースクールが多く開催されるロサンゼルスを例にあげると、下記のような料金で見つけることができます。

  • ホームステイ:1泊あたり4,500円~
  • アパート(ホストから借りる):1泊あたり5,000円~
  • ホテル:1泊あたり7,000円~

ただし、夏休みシーズンは特別料金で値上がりすることもある点に留意しておきましょう。
費用を抑えたいなら、宿泊費と食費も込みになったプログラムで申し込むのがオススメです!

アメリカの物価はどれくらい?

地域によって差がありますが、留学先としても人気のニューヨークやサンフランシスコ、ロサンゼルスなどは特に物価が高い傾向にあります。

またアメリカでは、レストランやホテル、タクシーなどを利用したときにはチップを払う習慣があるため、宿泊にホテルを利用したり外食続きだと出費がかさむ要因になります。
費用を抑えてサマースクールに行きたい方は、食費や宿泊費が込みになったプログラムを利用するのがオススメです!

≪アメリカ各都市の物価例(ペットボトルコーラ(0.33リットル)1本あたり)≫

都市名(州) ドル価格(円) ※2019年4月時点
ロサンゼルス(カリフォルニア州) 2.28ドル(約255円)
サンディエゴ(カリフォルニア州) 2.05ドル(約230円)
ニューヨーク(ニューヨーク州) 2.06ドル(約230円)
シカゴ(イリノイ州) 1.83ドル(約205円)
ワシントンD.C. 1.91ドル(約215円)

参考:NUMBEO

費用の目安(ロサンゼルス1週間滞在の場合)

項目 費用の目安
合計 約50万円
授業料・宿泊費・食費 33万円
渡航費(往復) 14万円
おこづかい 1万円
海外保険 2万円

学生さんにぴったり★アメリカ・ロサンゼルスでのサマースクールをとことん満喫! のプログラムを利用した場合の目安費用です。
※上記はティーンを対象にしたプログラムでの費用例です。

留学パンフレット
取りよせる

アメリカのサマースクール、1日のスケジュール例

アメリカサマースクールの1日のスケジュール

アメリカのサマースクールプログラムは、午前中に授業を終わらせ午後はアクティビティを満喫するタイプと、午後まで授業が行われるタイプに大きく分かれます。

アクティビティは、学内で行うスポーツイベント・映画鑑賞・バーベキューから、市内観光まで多彩な内容が用意されています。
授業で習った英語を使いながら学生同士交流することで、楽しく英語力を伸ばすことができますよ。

また、アクティビティに参加するほか自由時間を与えられることもあります。
アメリカは都市ごとに多彩な見所があるので、自分なりの観光プランを立てるのも◎!

集中的に英語を身につけたい方は、午後まで授業が開講されるプログラムに参加するのもよいでしょう。

アメリカ留学のよくある質問

アメリカ留学をするのに必要な語学力はどのくらいですか?

語学学校へ通うにあたっては、英語力は初級レベルであっても心配ありません。 アメリカの語学学校はコースも豊富で、なおかつ入学時にはクラス分けのテストを行うので、自分の語学レベルにあった授業を受けることができます。 大学留学を考えるならば、授業についていくために一定の英語力が求められることが多いです。 語学力が不安であれば、語学学校に大学進学のための準備コースが設けられている場合もあります。

アメリカの治安は?

アメリカの治安は、日本と比べると決して良いとは言えませんが、地域によっては治安が安定しているところもあります。 一例としては、カナダと隣接しているバーモンド州や、マンチェスターなどの都市があるニューハンプシャー州、アメリカ東部のバージニア州などが比較的治安の良い場所として挙げられます。 現地の治安情報は外務省の公式ページや留学エージェントなどから手に入れることができるので、しっかり確認してから留学に臨みましょう。

アメリカのホームステイってどんな感じですか?

アメリカは多国籍国家なので、さまざまな人種の人たちが暮らしています。 ですので、ホームステイの受け入れ先が必ずしもネイティブのアメリカ人とは限りません。 また、ステイ先の環境も家庭ごとに異なります。ホームステイで滞在するときは、各家庭のルールや考えを尊重して生活することが大切です。 もしトラブルなどが発生したときは、エージェントや学校の担当者などに相談しましょう。

はじめてのサマースクールにおすすめの都市は?

サマースクールや海外が初めての方には、カリフォルニア州の都市がおすすめ!ロサンゼルスやサンフランシスコ、サンディエゴなど年間通して気候が温暖で過ごしやすい地域で、留学先としても人気があります。アウトドアやマリンスポーツなど多彩なアクティビティに挑戦することができます。ユニバーサルスタジオやディズニーランドなどもあり、観光スポットも充実していますよ!

アメリカのサマースクールで可能性を広げよう!

いかがでしたか?

アメリカのサマースクールでは、遊びを通して自然に英語に触れられる点が特徴です。
サマースクールを通して多種多様な価値観に出会えることも、人生経験のひとつになるでしょう。

「将来的には海外の高校や大学に進学したい」という方は、まずサマースクールで英語環境や海外での生活に慣れておくというのもおすすめですよ。

アメリカのサマースクールは人気が高くすぐに定員締め切りになることもあるので、早めに行動することが大切です!
少しでも気になるプログラムがあれば、パンフレットを取り寄せてエージェントに相談してみてくださいね。

また、留学くらべーるでは15万円以下で行ける高校生向けの夏休み留学特集を公開しています。
費用面で実現に踏み出せない学生の方は、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

高校生向け15万円以下の夏休み留学まとめ