利用者 49 万人突破!

(2021年4月17日更新)

ニュージーランド
社会人留学するには?2分で始める留学実現の第1歩

H1 label
ニュージーランド社会人留学の費用、成功させたい人必見!

治安もよく年間を通じて温暖な気候のニュージーランドは社会人留学におすすめの国です!
ワーホリの渡航先としても人気で、現地で働きながら留学できるので社会人にぴったり!

こちらでは、ニュージーランドの社会人留学に必要なビザや費用イチ押しのプログラムをご紹介しますのでぜひご覧ください。

パンフレットを見てみたい!

ニュージーランド社会人留学の特徴

  • ワーホリビザが取得しやすい!
  • 自然豊かな落ち着いた環境でのんびり英語を学べる!
  • 英語圏の中では物価が安く費用を抑えられる!

ニュージーランドのワーホリビザは、発給数に制限がないため比較的取得しやすく、手続きもオンラインで簡単にできます。
就学期間は6ヶ月、滞在期間は最長1年3ヶ月なので、ワーホリと留学どちらも満喫したい人にぴったり!
最初は語学学校でしっかりと英語を学び、残りの期間は就労経験を積むことで、より充実した留学生活を送れるでしょう。

また、ニュージーランドは「地球の箱庭」と呼ばれるほど大自然に囲まれた国。
のんびりとした環境で英語を学びながら、自然のアクティビティも楽しめるので、リフレッシュできること間違いなしです!

英語圏の中では比較的物価も安く、滞在費や生活費を抑えられるうえに、就労期間に制限もないので現地で働きながら資金を集められます。
得た収入で、週末は観光スポット巡りを楽しむのも素敵ですね!

ニュージーランド社会人留学の特徴

ニュージーランドで社会人留学ができるおすすめプログラム

ニュージーランドは、語学学校やインターンシップなど社会人留学におすすめのプログラムが豊富にあります。
気になるプログラムがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね!

プログラムをもっと見る

ニュージーランドの社会人留学に必要な費用について

ニュージーランドの社会人留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
1ヶ月 20~50万円
3ヶ月 50~100万円
半年 100~200万円
1年間 200~360万円

※航空券(往復)・学費・滞在費・食費込みの金額

ニュージーランドの社会人留学にかかる費用は、1ヶ月で約20~50万円1年間で約200~360万円ほどです。

英語圏の中では比較的安めですが、渡航する時期や渡航先、語学学校のコースによって費用は異なります。
たとえば旅行シーズンであるお盆や年末年始は、渡航費だけでなく滞在費も割高になる可能性があります。

渡航先についてもオークランドなどの主要都市は語学学校も多く、さまざまな価格帯の学校を見つけやすいですが、その分物価が高くなります。
生活費を抑えたいなら地方に留学するのもよいでしょう。

また、ニュージーランドではワーホリビザや学生ビザを取得すれば現地で働くこともできます。
資金面が不安であれば、アルバイトや有給インターンなど現地で収入を得る方法を検討するとよいですね!

ニュージーランドでできる社会人留学のプログラム例

※費用には食費や宿泊費を含むものもあります。

ニュージーランドの社会人向けプログラムには、語学留学はもちろんボランティア留学やインターンシップまで豊富に揃っており、そのなかでもワーホリやインターンシップが組み込まれているプログラムが充実しています。

1週間の短期プログラムもあるため忙しい社会人でも長期休暇を利用して留学しやすく、3ヶ月以内ならビザも不要なので気軽に参加できますよ。

また、キャリアチェンジを目指す方向けに、教育や観光、ホスピタリティやマーケティングなどさまざまな業種の就業体験を行えるプログラムや、英語を学びながら客室乗務員トレーニングを行い航空業界への就職を目指すフライトアテンダントプログラムまであります。

そのほか、ファームステイや環境ボランティア、自然を満喫できるサーフィンやダイビングなど、ニュージーランドならではの体験ができるプログラムもあるので、リフレッシュにも最適ですよ!

ニュージーランドでできる社会人留学

ニュージーランドの社会人留学で必要なビザ

ビザの種類 概要
観光ビザ 3ヶ月以内の短期留学や観光の場合は申請不要
※別途、NZeTAは必要
学生ビザ 週20時間以上、3ヶ月以上就学する場合に必要なビザ
ワーキングホリデービザ ニュージーランドで1年間、観光や就労などができるビザ
※条件を満たすことで3ヶ月延長も可
テンポラリーワーク ニュージーランドの企業から雇用保障を得ている技能職が申請する就労ビザ

ニュージーランドで3ヶ月以内の短期留学をする場合、事前のビザ申請は不要ですが、別途NZeTA(ニュージーランド電子渡航認証)の申請が必要となります。

申請方法はモバイルアプリとオンラインから行えるので、忘れず取得してくださいね。

長期留学する場合や就労目的であれば事前にビザを取得しておきましょう。
手続きはオンラインで簡単にできますが、渡航する前に指定病院で健康診断を受ける必要があります。
検査費用は1万円前後ですが、指定病院は札幌、東京、大阪、神戸、福岡と限られているので、そのほかの地域に住んでいる場合は遠征費も用意しましょう。

また、留学中に勉強も仕事も満喫したい方には、ワーホリビザがおすすめです。
最長1年3ヶ月の滞在ができるため、長期留学からインターンシップ観光まで幅広い選択ができます。

ニュージーランド留学に関するよくある質問

ニュージーランドの治安は?

ニュージーランドは、英語圏の中でも比較的治安がよいほうです。ただし治安がよいと言われていても事件がまったく起きないわけではありません。置き引きや空き巣は日本に比べて多い傾向なので、管理・行動に気をつけるようにしましょう。

ニュージーランドではどうやって学校を選べばいい?

ニュージーランドの語学学校はレベルがさまざまであり、コース内容も充実しています。留学前には必ず自分の英語レベルを確認し、目的に合った学校を探すことが重要です。無料の資料請求を行ったり、わからない部分はエージェントに相談したりすることがおすすめです。

ニュージーランドの英語は訛りがあるの?

南半球のオーストラリアやニュージーランドには訛りがあると言われています。特有の表現もあるため、留学中に聞きづらさを感じることもあるでしょう。ですが語学学校の先生は聞き取りやすい英語を話す方も多いですし、日本人にはもともと日本語訛りがあります。留学先を選ぶ際は、訛りだけを気にするのではなく、総合的に比べてから決めるとよいですね。

ニュージーランド留学でエージェントを使うメリットは?

留学エージェントのメリットとして「時間と労力をかけずに、より確実に手続きを行える」ことが挙げられます。留学エージェントでは、語学学校や滞在先の手配、留学保険やビザの手続き、現地サポートなどさまざまな手助けしてくれるため、手続きが滞ったり途中で間違ったりなどのリスクなく、安心して留学に備えられます。また、エージェントを利用することで語学学校の授業料が割引になるところも多いので、ぜひ活用していきましょう!

キャリアアップを実現できるニュージーランド社会人留学!

ニュージーランドの社会人留学には、語学留学からインターンシップ、資格取得まで幅広いプログラムが揃っています。
国際色豊かなニュージーランドで、さまざまな国の人と触れ合いながら、キャリアアップやキャリアチェンジにつながる経験をしてみませんか?

ニュージーランド社会人留学を検討している方で、どのプログラムがよいか迷ったときはぜひ留学エージェントを活用してください。
無料のパンフレットもあるので取り寄せてみてくださいね!

パンフレットを見てみたい!

ニュージーランド留学の目的

人気の目的をもっと見る

ニュージーランド留学に人気の都市

ニュージーランド留学関連情報

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!