利用者 47 万人突破!

(2020年9月19日更新)

ニュージーランド
インターンシップするには?2分で始める留学実現の第1歩

H1 label
ニュージーランドインターンシップの費用、成功させたい人必見!

ニュージーランドは留学生の受け入れに積極的で、インターンシップに参加しやすい環境が整っています。
実際に海外の現場で働くことで、さらなるスキルアップを目指しませんか?

パンフレットを見てみたい!

ニュージーランドのインターンシップの特徴

ニュージーランドのインターンシップはホテル業や教育、農場、看護などさまざまな業界に対応しています。

インターンシッププログラムの中には語学学校や専門学校とセットになっているものあり、語学力や知識に不安な方でも安心して挑戦できます。
看護関係のように専門性の高い職種の場合は経験が問われることもありますが、未経験の方でも資格取得を目指して学ぶ方法もあります。

また、有給か無給かによって取得すべきビザは異なりますが、選択肢が多いので、海外で働いてみたいという方にニュージーランドでのインターンシップはおすすめです!

フレンドリーな国民性や治安の良さ、豊かな自然など、ニュージーランドにはさまざまな魅力があるので、インターンシップ先にお悩みの方はぜひチェックしてくださいね♪

ニュージーランドでインターンシップができるおすすめプログラム

ニュージーランドのインターンシッププログラムはこちらから!
有給のものや専門学校からインターンシップにつなげられるものなど、さまざまな種類がありますよ♪

プログラムをもっと見る

ニュージーランドのインターンシップに必要な費用について

ニュージーランドのインターンシップで必要な費用の目安

期間 費用の目安
1ヶ月 30~40万円
3ヶ月 40~80万円
半年 50~100万円
1年間 50~150万円

ニュージーランドでインターンシップをするために必要な費用の目安は、1ヶ月で30~40万円1年間で50~150万円です。

インターンシップは有給か無給か、滞在先や食事の提供はあるのかなどによって費用が大きく変わってきます。
語学学校とセットになったプログラムを利用する場合は学費なども含まれるため、さらに費用がかかることもあります。

ニュージーランドは有給のインターンシップにも参加しやすいので、仕事に対するモチベーションを保ちながら働くことができるでしょう。

ニュージーランドでインターンシップをするために必要なビザ

ニュージーランドでの滞在期間が3ヶ月以内であれば、ビザの申請は不要です。
ですが、3ヶ月を超える滞在であれば学生ビザワーキングホリデービザ就労ビザを取得しなければいけません。

ニュージーランドは有給のインターンシップも多くありますが、有給に参加する場合はワーホリビザや就労ビザのように就労が認められているビザが必要です。

また、学生ビザでも政府に認定された学校に6ヶ月以上就学していれば、週に20時間までの就労が可能なので、インターンシップができるかどうか各学校に確認してみると良いでしょう。

ニュージーランドのビザ申請料は国内外で異なる

日本からニュージーランドのビザをオンラインで申請する際には、申請料はかかりません。

ですが、観光ビザでニュージーランドに渡航し、現地でワーホリビザや学生ビザに切り替えるのであれば、申請料が必要になります。

  • ワーキングホリデービザに切り替える場合…208ドル(約1.7万円)
  • 学生ビザに切り替える場合…250ドル(約2万円)

ビザについてはニュージーランド移民局の情報も確認してみてくださいね。

ニュージーランド移民局のサイトはこちらから

ニュージーランドのインターンシップでもらえる手当てについて

ニュージーランドでは有給のインターンシップに参加できるため、手当てをもらいながら働くことができます。

ニュージーランドの最低時給は2017年時点で15.75ドル(約1,250円)と高いため、働く時間によっては生活費をある程度まかなうこともできるでしょう。

ただし、インターンシップはあくまでも就労経験をさせてもらうことが目的となるため、職種によっては手当てとして週に200ドル(約1.6万円)くらいに設定されている場合もあります。

また無給であっても滞在先や食事の提供があれば、安い費用で海外生活を実現できます。
いろんな情報を比較して、自分の理想を叶えるインターンシップ先を見つけると良いでしょう。

インターンシップ

ニュージーランドのインターンシップに関するその他詳しい情報

こちらでは、ニュージーランドのインターンシップについて、さらなる情報をお伝えします♪
海外でキャリアを積みたい、英語を使った仕事をしてみたいという方はぜひご覧ください。

ニュージーランドのインターンシップでできる仕事について

ニュージーランドでは、目的に合ったインターンシップにチャレンジできます。
インターンシップに興味のある方は、ニュージーランドでどんな仕事ができるのかを詳しく見ていきましょう!

事務のお仕事を経験したい!
ニュージーランドの会社で働いてみたいという方であれば、広告やIT系、旅行業、イベントマネージメントなどさまざまな職種があります。

事務系の仕事は無給のものが多いですが、ニュージーランドの仕事事情を肌で感じられる機会になりますよ♪

ホスピタリティを身につけたい!
ニュージーランドはホスピタリティが盛んな国なので、ホテルやカフェなどの業務が学べるインターンシップが数多くあります。

専門学校も充実しているため、必要な知識や資格を身につけてから実際の現場でインターンシップに挑戦することも可能です。

ニュージーランドのインターンシップに必要な語学力

インターンシップに参加する場合、中級~上級レベルの英語力が必要です。

参加するプログラムや職種によっては、IELTS6.5以上やケンブリッジ英検でFCE(TOEIC800~900程度)以上という基準が設けられているので、各エージェントにしっかり確認するようにしましょう。

また、語学力が不安という方は語学学校に通ってからインターンシップに参加するという方法があります。
ニュージーランドに観光ビザで渡航して語学学校に通い、現地でワーホリビザに切り替えれば、1年間まるまるインターンシップをすることも可能です。

※仕事内容によってはワーホリビザをさらに3ヶ月延長することもできます。

ニュージーランドのインターンシップで将来に結びつく経験を積もう

ニュージーランドはワーキングホリデー制度があるので、18~30歳までであれば有給のインターンシップでも比較的容易に参加することができます。

もし年齢をオーバーしているという場合でも、いろんな方法があるので、さらに情報が欲しいという方はエージェントに相談したりパンフレットを取り寄せてみてくださいね。

パンフレットの請求は何部でも無料です。
ニュージーランドのインターンシップに関する情報を集めて、夢の実現に一歩ずつ近づきましょう!

パンフレットを見てみたい!

ニュージーランド留学の目的

人気の目的をもっと見る
 

ニュージーランド留学に人気の都市

ニュージーランド留学関連情報

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!