利用者 39 万人突破!

(2019年1月22日更新)

余裕のあるイギリス社会人留学で差をつけよう♪

ビジネスやキャリアに生かせる社会人留学先として、イギリスは注目を集めています。
社会人の経験があるからこそ、英語の必要性や知識習得の重要性が実感できるもの。
こちらのページではイギリス・社会人留学にかかる費用やおすすめプログラムをご紹介しているので、学生じゃないし時間もないから…と留学を諦めずにまずは一度チェックしてみましょう!

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

イギリスの社会人留学の特徴

社会人留学と一言でいっても、イギリスの場合は、長期や短期の語学留学や大学・大学院で学びなおす正規留学、最大2年間の滞在ができるワーキングホリデー(YMS)などさまざまな留学スタイルがあります。

そのなかでも特にイギリスの社会人留学としてオススメしたいのが、大学院での修士号取得を目指す留学です。

社会人留学であれば帰国後の年齢や仕事なども気になりますが、イギリスの大学院は1年間で修士号を取得でき、他の欧米諸国よりも短期間で学歴プラス英語のスキルを身につけることができます。

また、企業経営において強い役割を担うMBA(経営学修士号)にも1年間で取得できますが、入学するためには英語力以外にも2~3年間の就労経験が必要です。
社会経験のある社会人の方だからこそできる留学スタイルでもありますね!

イギリスで社会人留学ができるおすすめプログラム

社会人の経験を生かしたイギリス留学や資格取得のためのイギリス留学などのプログラムもたくさんありますが、時間の少ない社会人の方には語学を中心とした短期留学もオススメです。
いろんな条件を見比べて、自分にぴったりの留学スタイルを見つけてくださいね。

プログラムをもっと見る

イギリスの社会人留学に必要な費用について

次に、イギリスの社会人留学に関わる費用について見ていきましょう。
イギリスのなかでも特にロンドンは物価が高いため、留学費用は高く感じられますが、目的によっては奨学金制度を利用することもできますよ。

イギリスの社会人留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
1ヶ月 20~70万円
3ヶ月 50~100万円
半年 75~200万円
1年 200~600万円

目的別にかかる費用

社会人の場合は、お盆や年末の比較的長い休暇を利用していく「短期留学」と、キャリアアップや資格取得などを目指して退職や休職をしていく「長期留学」とがあります。
こちらでは大きく3つの目的に分けてご紹介していくので、それぞれの費用について見ていきましょう!

ブリティッシュイングリッシュを学ぶ「語学留学」

短期から長期まで自由に選べる語学留学は1週間から受講できるプログラムも多く、忙しい社会人の方にオススメです。

費用は1週間で10万円前後で食費や滞在費込みでセットになっていることも。長期になればなるほど、割安になる語学学校もあります。

短期であればホームステイや寮での滞在が一般的ですが、できるだけ費用をおさえたいという方はルームシェアもオススメです。

イギリスのなかでも特にロンドンは物価が高く、ルームシェアでも1ヶ月500~1,000ポンド(約6.5~13万円)ほどはかかります。
1週間ごとに部屋を借りることもできるので、いろんな条件を見比べながら探すと良いですね♪

イギリスの語学留学についてもっと詳しく

最大2年間の滞在が可能!働く・学ぶなどの自由度が高い「ワーキングホリデー」

毎年1,000名のみという狭き門ではありますが、18~30歳という年齢制限をクリアしているのであれば、ワーキングホリデービザ(YMSビザ:Youth Mobility Scheme)での滞在はいかがでしょうか?

イギリスのワーホリビザは、他の国と異なり、最大で2年間の滞在ができることが特徴です。
語学留学ではアルバイトをすることができませんが、ワーホリビザであれば就労が認められているので、現地で費用を稼ぎながら生活することもできます。

費用の目安としては、1年間の滞在で250万円ほど。語学学校に通う期間や滞在方法、滞在都市によっても大きく変わります。

また、イギリスは年齢によって最低賃金が異なります。21~24歳は6.95ポンド(約900円)、25歳以上の場合は7.2ポンド(約950円)と日本よりも高めなので、社会人の方はある程度の収入が見込めるでしょう。

イギリスのワーキングホリデーについてもっと詳しく

転職やキャリアアップに役立つスキルを学ぶ「大学・大学院留学」

イギリスは、政府によって教育の質が一定以上で保たれるように管理されているため、高水準の教育を受けることができます。

大学留学は3~4年、大学院は1~2年と最短年数であれば日本よりも短い期間で学士号・修士号を取得することが可能です。
そのため、できるだけ就職に響かないように短期間で学位を取得したいという社会人の方にぴったりです。

また、授業料は1年間で100~200万円と各大学や専攻によっても異なり、特に経営学修士号を取得できるMBAコースや医学系のコースは高めに設定されています。

大学や大学院に正規留学する場合は、週に20時間までのアルバイトが許可されていますが、学業に支障のない程度に留めるのが良いでしょう。

イギリスの大学留学についてもっと詳しく
イギリスの大学院留学についてもっと詳しく

イギリス留学

イギリスの社会人留学で利用できる奨学金制度について

社会人の方は、自分でお金を貯めて留学をするというケースが多いですが、少しでも負担を減らすためにも奨学金の利用を検討してみるのもひとつの手です。

語学を学ぶ目的のみでイギリスに留学する際は奨学金制度を利用できないと考えていたほうが良いですが、大学や大学院への正規留学であれば応募できる奨学金制がぐっと増えます。

ただし、注意しておかなければならないのが、奨学金制度には年齢制限があるものが多いという点です。
なかには年齢制限をオーバーしていても応募できるものもありますが、その際にはなぜ進学が遅れたのかを説明できるだけの理由が必要です。

国や進学先の大学だけでなく、地方や民間団体の提供している奨学金もあるので、費用面で留学を諦めないためにも、細かくチェックするようにしましょう!

イギリスの社会人留学に関するその他詳しい情報

休暇に行くにしろ、仕事を辞めてから行くにしろ、社会人留学にチャレンジするのはなかなか勇気がいるものです。
特にイギリスは日本からも遠く、周囲に日本人が比較的少ない環境なので、不安も多いかもしれません。

こちらでは、イギリスの社会人留学についてもっと詳しい情報をお伝えするので、ぜひ参考にしてくださいね。

短期のイギリス・社会人留学でできること

短期間で集中的に英語のスキルアップを狙うのであれば、イギリスはぴったりの留学先です。

イギリスは社会人を対象とした1週間からの短期留学プログラムも多く、ビジネス英語に特化した授業を受けることができます。
ビジネスシーンで使うことの多い会話フレーズやメール・電話での決まり文句など、社会人なら身につけて損はないスキルを目的やレベルに合わせて受講することも可能です。

また、観光も満喫したいという方には、受講時間を選択できる語学学校もあります。
午前はしっかり学んで、午後からはイギリスの観光名所を巡るというのも充実した日々になること間違いなしです。

イギリスには無料で入場できる美術館や博物館もたくさんありますよ♪

短期間でも満足できるように、目的に合わせて自分にぴったりの留学プランを組み立てましょう。

イギリスの風景

イギリスでの社会人留学を帰国後の就職に生かすには

留学から戻ってきたら仕事が見つからないということを避けるために、イギリス留学前に社会人留学の目的をしっかりと練っておくことをおすすめします。

留学後に外資系企業や観光業界へ就職活動をする場合は留学経験は有利になることが多いですが、イギリスでの社会人留学では英語学習以外にビジネスを絡めたプログラムやインターンシップ、ボランティアなどのプラスαなプログラムを経験すると、より効果的な印象を与えることでしょう。

また、就職活動において資格やTOEICなどの語学力の成績は留学の効果を分かりやすく伝えてくれます。
「語学力アップを目的で社会人留学に…」と話すのももちろん良いですが、そこに具体的なエピソードや客観的な成果をプラスするだけで、好印象を与えられますよ♪

ボランティア活動で広がるネットワーク!

イギリスには「ボランティアホリデー」という福祉に特化したプログラムがあるほどボランティアに力を入れています。
社会人経験を生かしてイギリス留学でボランティアをするのも、現地での貴重な就労を体験できるチャンスです。

コストが高めのイギリス留学ですが、このプログラムを利用すれば現地でボランティアをすることで宿泊先や食事などが提供されるため、費用を抑えてイギリスに留学することができます。

期間は6ヶ月から12ヶ月と長めですが、かけがえのない経験となることでしょう。

イギリスのインターンシップでできる仕事について

社会人留学のひとつに、現地企業でのインターンシップというスタイルもあります。
数多くの企業が立ち並ぶイギリスですが、インターンシッププログラムを利用してビジネス英語を社会人留学中に実践できるのは、留学後の就職活動でかなり高ポイントです。

イギリスでのインターンシップの受け入れ業界は、介護医療業界、観光業界、エンターテインメント業界など日本同様にさまざまな業界があるので、社会人留学では将来の自分の就職活動目標の合わせた業界を検討してみましょう。

また、インターンシップ先を自分でインターネット等で探す方法もありますが、社会人留学の経験が豊富なエージェントを利用すれば、応募する際に必要なカバーレターの書き方なども教えてもらうことができます。

社会人のできるインターンシッププログラムはワーホリビザが必要なことがほとんどなので、条件を確認しながら自分の目的を達成できるプログラムを探していきましょう。

インターンシップ

MBAについて詳しく知りたい!

企業経営に欠かせないスペシャリストとして、MBA(経済学修士号)を求める企業も増えています。
通常の修士課程は2年かかりますが、イギリスでは1年間でMBAを取得することができます。
留学費用と時間が節約ができるのは社会人にとって嬉しいですよね!

ただし、大学院の授業を理解したうえでレポートの提出やプレゼンテーションができる英語力は必要で、イギリスのMBAコースは修士論文の提出が必須となっていることが多いです。

1年間はPre-Masterのコースを受講し、2年目に大学院で学ぶ留学生も多いですが、1年目のPre-Masterのコースであれば、日本で受講することも可能です。

規定の英語力までスキルアップさせてからイギリスへ留学すれば、留学費用も時間もさらに抑えることができます。
確実なキャリアアップを目指す方はMBA取得を目指してみてはいかがでしょう。

MBA留学についてもっと詳しく

イギリスのMBAコースは職務経験が必要!

イギリスの大学院でMBAコースを受講しようとした場合、ほとんどのコースで最低3年間の職務経験が必要です。
ですが、GMAT(Graduate Management Admission Test)と呼ばれるMBA希望者を対象とした適正試験のスコアを提出しなくてよい大学院も多いため、実務経験さえあれば他の欧米諸国に比べて入学しやすくなっています。

また、イギリスのMBAコースには世界中から留学生が集まっています。
職務経験が必須ということは、さまざまな経験を積んできた人とともに学べるという強いメリットがあります。

イギリスのMBAを取得することで、ビジネスをするうえで欠かせない「人脈」に関しても得られるものが大きいでしょう。

イギリスで社会人経験を活かした留学を!

いかがでしたか?

留学と言うと学生を対象にしたイメージが強いかもしれませんが、社会人だからこそ英語を活用する場面が多く、必要性を強く感じているという方もいるのではないでしょうか。

リフレッシュを兼ねた短期留学やビジネス英語力アップのプログラムでイギリスの社会人留学を検討してみませんか?パンフレットは複数取り寄せることもできるので、いろんなプログラムを比較してみてくださいね♪

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

イギリス留学情報

イギリス留学トップ

イギリス留学費用

イギリス留学体験談と最新情報