留学費用ニュージーランドの長期留学の費用ってどのくらい?

国際色豊かなニュージーランドで長期留学。費用はどれくらい?

ニュージーランドの大学はすべて国立大学です。
レベルが高く世界中から多くの学生が集まるので、様々な国の人とコミュニケーションが取れます。留学生が安心して勉強できるよう、サポートにも力を入れているのがニュージーランドのいいところ。
大学や大学院、または専門的な勉強で長期留学をすれば、就職やまた人生において、メリットとなることも多いでしょう。
ニュージーランドに長期留学するにはいくらくらいの費用が必要なのか、紹介しましょう。

【ワンポイント・アドバイス】留学ローンを上手に使えば、チャンスを逃さない!

\ニュージーランドの長期留学の無料パンフをまとめてもらおう/

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

レベルの高いニュージーランドの大学で長期留学をするためにかかる費用は?

大学や専門学校などニュージーランドでは長期留学の方法がいろいろあります。

大学の専攻科目はほとんどが3年間です。 ただし、高校卒業をしたばかりの人は、進学準備コースで専攻する分野の基礎知識と英語の勉強などを、9ヵ月間行うことになります。
大学の水準は高く、世界においても評価の高いニュージーランドの大学。
建築や工学、コンピューター、農学、科学技術、環境学などそれぞれ専門的に学べますよ。
費用としては、1年間で200~300万円程度かかります。

また、専門学校で学ぶという選択肢もあります。
専門学校には私立と公立があり、公立の方は1年間で50万円程度安くなりますが、期間が長くなる傾向にあるのでその分滞在費用も増えるということになります。

長期留学中には滞在費や食費などの生活費用のほか、娯楽費も必要ですね。
せっかくニュージーランドにいるのですから、旅行に出かけたくなるものです。 海や火山、氷河などの大自然の魅力を満喫したり、観光スポットにも行ったり、アウトドアを体験するのもいいでしょう。ニュージーランドには楽しめるスポットがたくさんあります。
アルバイトなどで費用を稼ぐという方法もありますが、そういった費用も考えておく必要がありますね。

\ニュージーランドの長期留学の無料パンフをまとめてもらおう/

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

★他の国や、留学ジャンル別の費用

韓国、ヨーロッパ、アジアなど他の国の費用や、
ワーキングホリデー、ホームステイ、ダンス留学など目的(留学ジャンル)ごとに費用を見てみたい人はこちら!

自分の希望する条件の留学プログラムを見たい人はこちらから検索できます。

留学プログラムを検索

ニュージーランドの長期留学を楽しむために生活費用を知る

生活費で節約することができるのは食費ですね。
物価は安くないと言われているニュージーランドですが、食料品などはそれほど高くないのでありがたいです。

卵は半ダースで約150円(1.8 NZドル)、パンは一斤で約82円(1 NZドル)、ジャガイモ、タマネギは1キロ約170円(2 NZドル)、ソーセージは1キロ約410円(5 NZドル)程度です。牛肉は約900円(11 NZドル)くらいですが、鶏肉はそれより高いので注意。スナック菓子などもありますが、日本の3倍の値段はするので持っていった方がいいかもしれません。

大都市であれば日本の食材を売っているお店も多いですよ。
豆腐や日本のお米もあります。 しょうゆなどもあり、味噌などの調味料もそろいます。
日本の味が恋しくなったら、日本料理を作ってみるといいでしょう。

ニュージーランドで満点の星を見る

長期留学で費用がかかるのは住む場所ですね。
寮やホームステイであれば、週に約17,000円(200~300 NZドル)、安い所であれば、約13,000円~17,000円(160~200 NZドル)程度ですみます。
フラットシェアであれば、約9,900円~17,000円(120~200 NZドル)程度ですむ場合もありますが、光熱費は別か、家具はついているか、なども確認することが必要です。
また、フラットシェアの場合は、家事や掃除の分担などはどうかっているかを確認することが大切です。

アパートなどを借りるとなると、週に約20,500円(250 NZドル)程度考えておいた方がいいでしょう。
大家さんとの交渉も大切です。 言いたいことや気になることははっきりさせておいた方がいいので、きちんと交渉しないと後悔してしまいますよ。

ラム肉がおいしいニュージーランド

ニュージーランドに長期留学するなら、アルバイトなども経験してみるといいですよ。
会話の勉強になりますしメリットはたくさんあります。

学校の友だちなどに紹介してもらうのも一つの方法ですが、メールで問い合わせをしてみるのも勉強です。
求人広告を出しているお店もあるので、直接交渉してみるのも冒険です。
新聞などの求人広告から探すこともできますよ。
インターネットカフェなどもあるので利用してみるのもオススメ。 使用量は1時間で約250円~(3 NZドル~)です。 24時間のお店も多いので、便利に使うことができるでしょう。
働いたお金でいろいろな場所に旅に出るのもいい思い出になるでしょう。

\ニュージーランドの長期留学の無料パンフをまとめてもらおう/

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】