利用者 69 万人突破!

(2024年5月20日更新)

閉じる

はじめてでも安心!高校生の海外留学
メリットや費用、人気の国
留学後の進路まで

No image
高校生が留学するには?費用やおすすめの国、進路など

高校生の留学は、国際交流や語学力アップ、海外の高校に進学など、いろんな選択肢があります。

高校への正規留学など数ヶ月単位の長期留学はもちろんのこと、春休みや夏休みを利用した数週間の短期留学でも、学べることはたくさん!
今までにない経験が、あなたの視野をグッと広げてくれること間違いなしです。

「英語が話せるようになりたい!」「海外の友達がほしい!」そんな願いを叶える海外留学に高校生のうちから挑戦してみませんか?

今すぐ留学したい高校生はこちらをチェック パンフレットを見てみたい!

高校生ができる留学

留学の目的 留学のタイミング 留学期間 留学先 概要 必要な語学力 できること
短期留学 ・7月下旬~8月下旬 夏休み
・12月下旬~1月上旬 冬休み
・3月中旬~4月上旬 春休み
1週間~3ヶ月 海外の語学学校 3ヶ月未満の留学。高校の休みを利用して海外の言語や生活、文化を体験する。 語学力が低くても可能 ・異文化体験
サマースクール ・7月下旬~8月下旬 夏休み
・12月下旬~1月上旬 冬休み
・3月中旬~4月上旬 春休み
1週間~2ヶ月程度 海外の語学学校 高校の夏休みを利用して海外の言語や生活、文化を体験する。 語学力が低くても可能 ・異文化体験
ホームステイ ・7月下旬~8月下旬 夏休み
・12月下旬~1月上旬 冬休み
・3月中旬~4月上旬 春休み
1週間~ 海外の語学学校 海外の一般家庭に滞在する留学。語学学校に通って言語を学びながら、現地の生活を体験する。 語学力が低くても可能 ・異文化体験
語学留学 ・7月下旬~8月下旬 夏休み
・12月下旬~1月上旬 冬休み
・3月中旬~4月上旬 春休み
1週間~ 海外の語学学校 語学力の向上を一番の目的とした留学。 語学力が低くても可能 ・語学力の向上
・異文化体験
スポーツ留学 ・7月下旬~8月下旬 夏休み
・12月下旬~1月上旬 冬休み
・3月中旬~4月上旬 春休み
1週間~ 海外のスポーツスクールなど 本格的なスキルの習得やリフレッシュを目的とした留学。 目的によっては最低限のコミュニケーションがとれるレベルが必要 ・スポーツの上達
・異文化体験
声楽&音楽 ・7月下旬~8月下旬 夏休み
・12月下旬~1月上旬 冬休み
・3月中旬~4月上旬 春休み
1週間~ 海外の音楽大学や音楽スクール 声楽や音楽を学ぶための留学。短期コースや1年以上の留学、プライベートレッスンなど選択肢が豊富。 留学先によって異なる ・声楽や音楽スキルの上達
・異文化体験
グループツアー ・7月下旬~8月下旬 夏休み
・12月下旬~1月上旬 冬休み
・3月中旬~4月上旬 春休み
1~2週間 海外の高校や語学学校 高校の休みを利用してグループで参加する留学。引率者のサポートがあり、はじめての海外でも安心。 語学力が低くても可能 ・語学力の向上
・異文化体験
長期留学 ・高校在学中や中学卒業後
・入学時期は各国の始業時期によって異なる
※1月や4月、9月が多い
半年~ 海外の高校や語学学校 半年以上の長期の留学。ほとんどのケースでビザが必要。 語学力が低くても可能 ・語学力の向上
・異文化体験
高校留学 ・高校在学中や中学卒業後
・入学時期は各国の始業時期によって異なる
※1月や4月、9月が多い
1学期間~ 海外の高校 海外の高校への正規留学。卒業や単位取得を目的とした留学がほとんど。 語学力が低くても可能 ・語学力の向上
・異文化体験
・単位取得
・卒業
交換留学 ・高校在学中
・入学時期は各国の始業時期によって異なる
※1月や4月、9月が多い
1年間 海外の高校 高校や国の機関が提供する制度を利用した留学。 生徒同士でコミュニケーションがとれるレベル ・国際交流
1年留学 ・高校在学中
・入学時期は各国の始業時期によって異なる
※1月や4月、9月が多い
1年間 海外の高校 1年間の留学。学業や受験に比較的影響の少ない、高校2年生で検討するケースが多い。 語学力が低くても可能 ・語学力の向上
・異文化体験

高校生は夏休みや春休みなどを利用しての短期留学やプログラムを利用した交換留学、卒業や単位取得を目的とした正規留学をすることができます。

目的をはじめ、留学する国や学校、留学プランなどによってスケジュールも変わるんですよ。また、正規留学の場合は現地の高校に入学してからスムーズに授業を受けられるように、留学前に高校準備コースを受講するケースも多いです。その点も踏まえて、高校生2年生からの留学を想定したスケジュール例をご紹介しますので、いつ留学するのかなどイメージを膨らませてみてください。

高校生の留学スケジュール例

適応力や吸収力の高い10代半ばの高校生なら、短期間でも十分に知識や理解を深められる可能性は大いにあります!
留学に少しでも興味があるのであれば、まずは短期留学から始めてみましょう。

おすすめの高校留学プログラムをまとめてチェックできる パンフレットを見てみたい!

高校生におすすめの留学スタイル

高校生におすすめの留学スタイル

上記の表でご紹介したとおり、高校生でもさまざまな留学スタイルに挑戦できますが、こちらでは特におすすめのものを3つご紹介します。

それぞれの目的を叶えるのにぴったりのプログラムもピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

英語力を上げるなら語学留学!

英語力を上げたい方には、やはり語学留学がおすすめです!
海外の語学学校に通うことで日常生活でも英語に触れられるため、効率的に英語力を高められます

サマースクールで国際感覚を磨く

「世界中から集まる同年代の学生と交流したい!」という方には、夏の時期に開催されるサマースクールがおすすめです。
サマースクールはあらかじめカリキュラムが組まれており、アクティビティなどを通して世界各国の人々と交流を深められます

また、大学留学に興味のある方は、その国のサマースクールに参加してみると実際の雰囲気を掴むこともできます。
サマースクールを主催している大学もあるので、早めに情報収集を始めておくとよいですね!

サマースクールにおすすめのプログラム

サマースクールについて詳しく見る

現地高校への正規留学・交換留学を目指すのもあり

「現地の高校生と一緒に学びたい!」という方は、卒業や単位取得を目的とした正規留学・交換留学を目指しましょう。
語学留学やサマースクールと比べると長期の滞在となるためトータル費用は高めですが、留学する国や学校によっては費用を抑えることも可能です。

また、交換留学であれば在籍している高校が海外の高校と姉妹校協定を結んでいる場合もあるので、まずは学校に問い合わせてみてくださいね!

高校正規留学におすすめのプログラム

高校留学について詳しく見る

1人での留学が不安なら「グループツアー」という選択肢も

「高校生のうちに留学を経験してみたいけど、1人で海外に行くのは不安…」という場合には、グループツアーという選択肢もあります。
グループツアーは同じ目的を持った高校生が団体で行く語学留学のことで、団体語学研修とも呼ばれる留学スタイルです。

グループツアーの参加者は、互いに助け合いながら留学生活を送ります。また、ツアーには基本的に専門のスタッフが同行し、生活のサポートや学習の指導を行うので、1人では解決できない問題や困難に直面しても安心して留学生活を送ることができます。
何より、同じ経験を共有する仲間がいることで、留学中の楽しみも倍増間違いなしです!

高校留学プログラムを一気にチェック

安心して高校留学ができる! パンフレットを見てみたい!

高校生で留学するメリット

高校生の留学は、今の自分を大きく変えられるきっかけに!
具体的にはどんなメリットがあるのかをご紹介します。

  • 英語への苦手意識を軽減できる
  • 将来の進路を決めるきっかけになる
  • 自立心やコミュニケーション能力などを養える
  • 自主性や積極性が身につく
  • 生き抜く力が身につく

英語への苦手意識を軽減できる

留学と聞くと、多くの人がまず思い浮かべるのは「英語」ですよね。留学先では日常生活から授業まで、すべてが英語漬けの環境。この環境が英語を自然に、そして効果的に学ぶための最高の場所になるんです。

留学先での一日は、朝から晩まで英語に囲まれています。授業では先生やクラスメートと英語でコミュニケーションをとり、放課後は友達と英語でおしゃべり。最初は戸惑うかもしれませんが、毎日の生活の中で自然と英語が身につくだけでなく会話する楽しさも実感できるので、英語への苦手意識がある高校生でも克服しやすいでしょう。

そして、何より大切なのは英語を使うことへの自信がつくこと。最初は単純な日常会話から始まり、徐々に複雑な話題にもチャレンジしていくことになります。自分の意見を英語で表現できるようになると英語への苦手意識は自信に変わり、現地でのコミュニケーションがよりスムーズに楽しくなること間違いなしです!

将来の進路を決めるきっかけになる

高校生での留学は、挑戦したいことが見つかったり進学時のアピールポイントになったりなど、将来の進路を決める大きなきっかけにも!

留学中に経験する異文化は、あなたの視野を大きく広げます。異なる文化背景を持つ人々との交流は新たな価値観や考え方を学ぶ機会になるので、これまでの自分の世界観を広げてくれるでしょう。

また、高校生が国際的な環境で学ぶことはグローバルな視点を持ち、異文化を理解する能力を養うことにもつながります。これらのスキルは国際的なビジネスや外交、教育など、多岐にわたる分野でとても価値があるので、進路の選択肢を広げることが可能です。

そのほか新しい環境での生活は自分自身の強みや弱み、興味なども発見できるので、より自分に合った進路を選ぶことができるでしょう。

自立心やコミュニケーション能力などを養える

高校生での留学は、自立心やコミュニケーション能力などを養うチャンスでもあります。

留学中、あなたは時間やお金を自分で管理するなど日常生活のさまざまな面で自立することが必要です。また、現地で起こった問題にも自分で立ち向かい解決していかなければなりません。高校生でこのような経験をすることは、ずっと日本にいるよりはるかに自立心が育ちます。

また、異文化の中で生活することで、言語だけでなく非言語的なコミュニケーション能力を磨くことが可能です。国際的な環境で活躍するために不可欠なスキルであるだけでなく、これからの人生においても大きな価値となるでしょう。

自主性や積極性が身につく

高校生での留学は、自主性や積極性も身につけられます。新しい環境に身を置くことで、自己管理能力を高め、積極的に行動することの重要性を学びます。

日本での生活では両親や先生など誰かやってくれることも多い環境ですが、海外ではそうはいきません。勉強から生活のことまで自分で管理していかなければいけないので、留学しているなかで自然に自主性も身につきます。

また、海外での生活は自分の意見を言ったり主張したりしないと自分の思い通りにならないだけでなく、何も考えていない、関心がないなどと勘違いされてしまうことも。そんな環境で生活することで、自分でしっかり考えて積極的に発言・行動していく力が身につきますよ!

生き抜く力が身につく

高校生での留学は、生き抜く力を身につけることができます。

海外での生活は新しい文化や習慣に触れる機会が多いので、それらに適応する柔軟性と忍耐力を養うことが可能です。異文化環境での適応力は、グローバル化が進む現代社会でとても大事なスキル。グローバル社会で生き抜くための基盤となり、国際的なキャリアを築くためにも役立つでしょう。

また、言語の壁や文化の違いなど、さまざまな障害を乗り越えるなかで自己解決能力を身につけられます。これらの経験は、将来的にどんな困難にも立ち向かうための自信と力を与えてくれます。

高校生の留学は家族にとってのメリットも!

高校生の留学は、学生本人だけでなく、その家族も成長できるという大きなメリットが!

家族が離れて暮らすことでお互いの大事さを再認識し、コミュニケーションの質が向上します。また、自身の子どもの留学経験を通じて家族全員が異文化に触れ、理解を深めることも可能です。このように、留学は家族の絆を強くして、家族みんなのグローバルな視点を養う機会にもなるんですよ。

また、留学は子どもの成長を客観的に見守る貴重な機会。子どもが自立して新しい環境で成長する様子を見ることは、親にとって大きな喜びであり誇りです。子どもの頑張りが家族の力になるだけでなく、親自身の視野を広げ、新たな学びにもなります。

留学のメリットについて詳しく見る

メリット豊富な高校生の留学を実現したいなら パンフレットを見てみたい!

高校生で留学するデメリット・注意点

一方、高校生の留学には下記のようなデメリット・注意点があることも覚えておきましょう。

  • ・費用がかかる
  • ・進学に関するリスクもある
  • ・ホームシックなど不安な点も多い

留学する国や目的によってはガーディアン費(現地でのサポート役を依頼するための費用)が必要となり、高校生の留学は大学生や社会人の留学と比べて費用が高めとなる傾向にあります。

また、長期の留学であれば帰国後の進路についても考慮しておきたいところ。
日本での大学進学をお考えなら、受験に支障が出ないように時期を調整する必要があるでしょう。

また、短期・長期に関わらずホームシックや現地の治安など不安な点も。
高校生の場合はトラブル発生時に自分ひとりで対処しきれない可能性もあるので、サポート体制もしっかり比較したうえで留学エージェントを選びたいですね。

留学のデメリットについて詳しく見る

高校生の留学で失敗したくないなら パンフレットを見てみたい!

高校生の留学費用

高校生の留学費用

高校生の留学は、他の年代と同様に目的や期間によって費用が異なります。
こちらでは、各留学目的ごとにかかる費用の目安をご紹介しているので、留学を希望している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

留学の目的 費用 概要
短期留学(1週間) 約10~30万円 ホームステイのみであれば費用をぐっと抑えることができますが、スポーツ留学のような専門的なものは費用がかかる傾向にあります。
サマースクール(1ヶ月) 約20~120万円 プログラム内容によって費用に差があります。
語学留学(1ヶ月) 約25~60万円 国や地域によって費用はさまざまです。
とにかく安いところが良いという方は、アジア圏がおすすめです。
高校留学(1年) 約150~600万円 入学する学校や学部によって費用に差があります。
奨学金などをうまく活用することで費用を抑えることが可能です。

※滞在費+生活費+授業料の費用目安です。

また、高校生の留学費用は留学する国によって大きく変わることも忘れてはいけません!
高校生の留学先としておすすめの国を中心に費用の目安をご紹介しますので、行きたい国がある程度決まっているという高校生は、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

国名 1ヶ月 3ヶ月 半年 1年
アメリカ 30~70万円 70~100万円 150~300万円 200~600万円
カナダ 30~50万円 80~100万円 100~200万円 200~450万円
オーストラリア 30~60万円 80~100万円 120~200万円 200~450万円
ニュージーランド 30~50万円 70~100万円 100~150万円 200~500万円
イギリス 40~70万円 150~200万円 200~400万円 300~600万円

高校生の留学費用について詳しくはこちら

高校生の留学費用で多いのはいくら?

高校生の留学費用で多いのはいくら?

目的や期間、国などによって費用が変わるとわかっても、実際はどのくらいの費用で留学をしようとしている高校生が多いのか気になりますよね!

2023年に留学くらべーるを利用した高校生約8,000人に聞いたアンケートによると、高校生の留学費用で最も多いのは30万円以下(31.3%)、次に多いのが30~50万円(27.3%)と、50万円以下の費用で留学したいという高校生が半数以上という結果に。

「できるだけ安い費用で留学したい」
「安い費用で行ける国や時期に留学したい」
というコメントも多数寄せられていて、とにかく費用を抑えて留学したいという高校生が多いことがわかりました。

また、3ヶ月以下の留学を考えている高校生が半数以上と、短期留学を希望している高校生が多いこともわかっています。

「春休みや夏休み、冬休みを利用した短期留学がしたい」
「1週間、2週間くらいホームステイを体験してみたい」
というコメントが多いなか、
「短期留学をしてから高校で正規留学をしてみたい」
「高校3年生で卒業前または大学入学前に数週間から1ヶ月程度で留学してみたい」
という高校生も。
一人ひとりの現状や留学に求めているものも違うので、このような情報も参考にしつつ、今の自分にベストな費用や期間を選択することが何よりも大事だと言えるでしょう。

シーズン別!高校生向け格安留学特集

留学くらべーるでは、また、高校生向けの格安留学プログラムをまとめた記事も公開しています。
「高校生のうちに海外留学してみたい!」とお考えの方は、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね!

高校生の留学費用が安い国

高校生になるといろんな国での留学に挑戦できますが、費用を抑えるならどの国がよいのでしょうか。
「とにかく留学費用を抑えたい!」という高校生のために、留学費用が安い国をご紹介します。

語学留学が安い国

フィリピンはアジア圏の国ですが、英語を公用語としている国です。
語学学校はマンツーマンレッスンが主流で、希望によっては授業数の多いクラスも選択できます。

物価が安く生活費も抑えられるので、少ない費用で効率よく英語を学習しましょう!

また、近年留学先として人気上昇中の韓国も留学費用が抑えやすい国の一つ。
日本から近く渡航費を抑えられるほか、物価も比較的安いので欧米より全体的に語学留学の費用を抑えられますよ。

語学留学費用が安い国をもっと見る

現地高校での正規留学が安い国

高校生をはじめ、幅広い世代の留学生を受け入れているニュージーランドは留学環境も整っています。
穏やかな国民性や豊かな自然など、海外がはじめての方にもおすすめのポイントがたくさんありますよ。

アメリカやイギリスなどと比べると、同じ英語圏でもニュージーランドの留学費用はやや低め。
正規留学も比較的安く抑えられますが、「1年以上の留学だと予算が…」という方はサマースクールなどを探してみるのもよいでしょう。

また、オーストラリアなどと同じオセアニアに属するフィジーも高校生の正規留学に対して積極的で、費用も安い国です。
留学費用は欧米諸国の半分以下で済ませることも可能!
社交的でフレンドリーな国民が多いので、はじめての留学で不安だという学生さんでも留学しやすいという魅力もありますよ。

高校生の留学費用節約術

高校生の場合は留学プランがあらかじめ決まっているものも多いです。
ですが渡航時期や滞在方法を変えることで少し費用を節約することもできます。

こちらではいくつかの節約ポイントをご紹介するので、できるだけ安く留学したい方はぜひチェックしてみてくださいね!

渡航費を節約
渡航費は、航空会社の料金を比較したり、旅行シーズンを避けることで節約できます。

また、留学する期間を決めて、早めにチケットを予約すると早割りが適用されて安く購入することも可能です。
メルマガ登録やSNSアカウントをフォローしておけばキャンペーン情報が届くので、ぜひチェックしてみましょう!

長期休暇を利用した高校生の留学は旅行シーズンを避けることが難しいかもしれませんが、旅行会社のキャンペーンなどを確認してお得に渡航できる日を見つけてくださいね。

滞在費を節約
留学をするうえで必ず発生するのが滞在費です。
通常1ヶ月にかかる滞在費は、約3~10万円ほど。

滞在の初期費用を抑えたいということであれば、ホームステイがおすすめです。
ホームステイであれば、家具は備え付けで足りないものを買い足す程度でよく、食事も込みの場合が多いので、予算の計画が立てやすいというメリットもあります。

生活費を節約
物価が安い国でも日本食レストランなどで食事をすれば日本と同じくらいの料金を支払うことになるので、生活費は外食を控えることで抑えていきましょう!

現地のスーパーや市場に行けば、新鮮な食材が安く手に入ります!
日本にはない珍しい食材がたくさんあるので、料理もきっと楽しくなるはずです。

また、飲み物は買わずに水筒を持ち歩くなど、ちょっとしたことでも節約につながりますよ。

留学費用についての詳細は、国別や目的別などに分けて下記のページでもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

留学費用についてもっと詳しく

奨学金を利用する方法も

高校生を対象とした奨学金制度もあるため、留学費用をできるだけ安く抑えたい方は条件に合うものがないか探してみるのもおすすめです。
たとえば「トビタテ!留学JAPAN」や地方自治体が提供しているものなど、奨学金制度にもさまざまな種類があります。

特に「トビタテ!留学JAPAN」は高校生コースを用意し、語学留学やスポーツ留学など幅広い目的で活用できます。
留学計画書や所得証明など必要な書類もいくつかありますが、14日からの短期留学でも申し込めるので、ぜひ詳しい情報をチェックしてみてくださいね。

奨学金制度についてもっと詳しく

格安高校留学プログラムも! パンフレットを見てみたい!

高校生の留学で”リアルに”人気な国ランキング

高校生の留学で

高校生は留学できる国も多く、選択肢が豊富にあります。
そこでこちらでは、2023年に留学くらべーるを利用した高校生約8,000人に聞いたアンケート結果をもとに、高校生の留学で"リアルに"人気な国をランキングでご紹介!

オーストラリア

1位:オーストラリア

オーストラリア

オーストラリアは留学生の受け入れを積極的に行っており、多くの高校が留学生向けの英語コースを提供しています。
治安もよく、サポート体制も整っているため、はじめての海外という方でも安心して暮らせるでしょう。

また、オーストラリアは日本との時差が少ないのもうれしいポイント。
時差による体調不良を起こしにくいので、短期留学でも時間を無駄にすることなく過ごせますよ!   オーストラリア留学について詳しく

カナダ

2位:カナダ

カナダ

高校生に人気の留学先として2位にランクインしたのは、カナダ!

カナダは、異なる文化背景を持つ人々が共存する国です。多様な文化を尊重し、受け入れる姿勢が根付いているのではじめての海外でも安心。世界中に友達をつくることも夢ではありません。

また、カナダの教育システムは質が高く、特に留学生に対するサポート体制が充実しています。安心して学びに集中できる環境が整っているので、英語力の向上はもちろん、さまざまな分野での学びが可能です。

安全で快適な生活環境や自然豊かな環境と都市生活の両方を楽しむことができることも、高校生に人気の理由と言えるでしょう。   カナダ留学について詳しく

 
アメリカ

3位:アメリカ

アメリカ

アメリカは高校生の留学先として人気が高く、短期の語学留学や1年間の交換留学、私立高校への正規留学などさまざまな目的に対応しています。

また、参加できるサマースクール・サマーキャンプも多く、ニューヨークやロサンゼルスなど選択肢も豊富!
「将来はアメリカの大学に通いたい!」という方は、大学が主催するサマースクールを探してみるとよいですね。   アメリカ留学について詳しく

 
ニュージーランド

4位:ニュージーランド

ニュージーランド

ニュージーランドは、高校生の留学先として人気の国。

ニュージーランドは、美しい山々や広大な草原、クリスタルブルーの海など、自然との一体感を感じることができる魅力あふれる国です。生活の質が高く、安全な環境で学ぶことができます。

また、ニュージーランドの教育システムは、生徒一人ひとりの個性と能力を重視。クリエイティブな思考や問題解決能力を育むカリキュラムが特徴で、自分の興味や強みを伸ばすことができますよ!

壮大な自然の魅力を活かしたアクティビティやイベントも思う存分満喫しちゃいましょう。   ニュージーランド留学について詳しく  

イギリス

5位:イギリス

イギリス

イギリスも高校生の留学先として人気がある国の一つ。

イギリスには世界的に有名な学校や大学が多く、厳格で質の高い教育が特徴です。英語の発祥の地でもあるので、英語学習に最適な環境だと言えます。日常生活から学術的な場まで、正確で豊かな英語に触れることができるのも、イギリス留学の魅力です。

また、歴史的な建造物や文化、アートに囲まれた国でもあり、ロンドンやエディンバラをはじめ、文化的な体験ができる都市も豊富です。英語力を高めるだけでなく、イギリス文化を深く学ぶこともできますよ。   イギリス留学について詳しく

 
韓国

6位:韓国

韓国

高校生の留学先として人気が高まっているのが、6位にランクインした韓国。

韓国語は単語や文法が日本語と似ていることから、日本人が学びやすい第二外国語としても人気があります。また、K-POPやファッション、グルメ、美容など韓国の文化にハマっている高校生も多く、日本でのブームをきっかけに韓国への留学を考える高校生も増えているようです。

韓国は近代的で革新的な教育システムが特徴で、特に科学技術やIT分野での教育は世界的に高い評価を受けています。

また、日本からの距離も近く、渡航費やフライト時間などの負担が少ないのも大きな魅力です。   韓国留学について詳しく

 

高校生が留学するまでの流れ

では実際に高校生が留学を決意したら、どのような流れで準備を進めればいいのか気になりますよね。留学までの流れを理解しておけば必要な準備を計画的に進めることができ、留学の成功につながりますよ!

留学先の国や学校、留学スタイル、期間などによって異なる部分もありますが、海外の高校に留学エージェントを利用して正規留学をする場合の流れは以下の通りです。

  • 1.高校留学に関する情報収集
  • 留学の目的や達成したいことを明確にしたうえで、高校生ができる留学について情報を集める。
  • 2.留学カウンセリング
  • 留学エージェントに相談し、希望の国や入学するための準備、滞在方法などに関しての説明を受ける。
  • 3.適性診断
  • 面接やテストを通して、留学に対する適性があるかどうかを確認する。
  • 4.参加申し込み
  • 5.入学書類準備
  • 海外の高校に留学するための書類を作成する。
  • 6.学校選択
  • 7.渡航手続き
  • ステイ先や航空券などの手配をする。
  • 8.出発前オリエンテーション
  • 留学前の心構えや持ち物などを最終確認する。
  • 9.出発の準備
  • 高校留学に必要な物の準備を完了させる。
  • 10.出発

具体的な準備や手続きは事前に留学先の学校や留学エージェントで確認して、漏れのないように進めていきましょう!

高校留学を成功させるための準備ついての詳細はこちら

スムーズに高校生の留学準備がしたいなら パンフレットを見てみたい!

高校生の留学後の進路について

高校生が留学をする場合、留学後の進路に不安を感じている方も多いでしょう。短期留学や長期留学、語学留学など高校生ができる留学にはいろいろな種類がありますが、留学後の進路についてもいくつかの選択肢があるんです。
主な進路先は以下の3つで、高校留学のタイミングや期間などによって変わります。

  • 日本の高校に復学する
  • 日本の大学に進学する
  • 海外の大学に進学する

1年までの高校留学の場合

1年までの留学を経験した高校生は、日本の高校へ復学することが一般的です。

高校留学に関しては「36単位を超えない範囲で単位の取得を認定することができる」と文部科学省に定められていて、基本的には海外の高校で取得した単位を日本の高校に移行することができます。つまり、留学中に進級可能な単位数を取得できれば、留年せずに同級生と一緒に進級できるということです。

たとえば高校2年生で1年間の留学をした場合、進級可能な単位数を取得できれば高校3年生、できなければ高校2年生として復学することになります。ただし、在籍している日本の高校の規定や判断にもよるので、留学前に事前に確認しておくと安心ですよ。

参照元:文部科学省ホームページ

海外で高校を卒業した場合

海外で高校を卒業した場合、その後の進路はさらに広がります。

日本の大学はもちろん、海外の大学への進学も可能です。

日本の大学の場合、海外の高校に一定期間以上(通常は2年以上)在籍していれば「帰国生入試」を受けることができます。東京大学や筑波大学といった国立大学をはじめ、さまざまな公立や私立の大学でも帰国生入試で受験できるので、高校留学を経て難関大学を目指すことも夢ではありません!ほかにも、AO入試や推薦入試なども受けやすくなるなどの恩恵を受けられますよ。

海外の大学の場合は、アメリカやカナダ、イギリスなど英語圏の大学が人気です。国や大学によって異なりますが、書類選考や面接を受けて合格すれば入学できます。

どちらを選ぶにしても、高校留学が進路の可能性や幅を広げてくれることは間違いないでしょう。

高校留学後の進路についての詳細はこちら

高校留学後のサポートも万全なエージェントも! パンフレットを見てみたい!

高校生の留学体験談

2018.08.24

【体験談】自分ひとりでオーストラリアに高校留学!趣味がきっかけで英語を話せるようになりました♪

2023.09.14

【体験談】日本の高校を中退!ニュージーランドの高校に編入したからこそ得られた経験とは?

2023.10.16

【体験談】高校3年時にアメリカ留学!受験よりも、友達よりも優先した先で得たもの

2018.08.24

【体験談】韓国へ短期高校留学!その後の留学を後押しするきっかけにも

2018.08.27

【体験談】高校で初めての短期語学留学!治安が心配だった親も安心のカナダ・ビクトリア

2018.08.27

【体験談】イギリスの高校留学は驚きの連続!恋愛も家族の形も日本とまったく違いました

高校生の留学体験談をもっと見る

高校生の留学に関するよくある質問

高校留学の準備はいつから始めればいい?何をすべき?

留学の準備は早いに越したことはありません!留学の決意が固まったら、すぐに留学先の情報収集や準備を始めましょう。留学期間によっては3ヶ月前から準備を始めても間に合いますが、ビザや学校の手続きに時間がかかったり、学校の空き状況や航空券の手配、滞在先の確保など思わぬトラブルが発生することも考えて、1年前ぐらいから準備を始めると安心です。できるだけ早めにエージェントに相談するなどして、余裕を持って進めるようにしてください。

日本と海外の高校とでは学年が変わる?

留学する国や学校によって、どの学年に対応するのかは異なります。また、学力や語学力などを考慮して、あえて1学年下からスタートするという場合もあります。語学が不安…という方は、ESLという英語コースが設けられている高校もあるので、詳しく調べてみてくださいね。

高校留学に必要な英語力(語学力)はどのくらい?

語学留学や高校留学であれば、語学力に応じてクラス分けされたり、留学生向けのコースが準備されていたりするので自信がなくても問題ありません! ですが、留学生活を充実したものにするために、ある程度の英語力は身につけておくといいでしょう。限られた時間を有効に使うには、日本で英語の事前学習をしておくことも大切です。 留学エージェントによっては、留学前レッスンが無料で受講できるので積極的に利用していくといいですね。

高校留学後、そのまま海外の大学に進学することはできる?

留学先の大学の基準に達していれば、そのまま進学することはできます。また、別の国に大学留学するという手もあります。奨学金制度などの利用もできるので、海外の大学への進学をお考えの方は、どんな準備をすべきなのか早めに確認するようにしましょう。

高校生ができる留学の種類は何がある?

高校生ができる留学には、短期留学や長期留学といった期間が異なる留学をはじめ、語学留学やサマースクール、交換留学、高校留学(正規留学)といった目的別の留学などたくさんあります。留学で何をしたいのか、達成したいのかなど目的はもちろん、期間や予算にも合った留学方法を選ぶようにしましょう。

高校留学ではどのくらいの費用がかかる?

高校留学にかかる費用は、留学先の国や地域、学校の種類、留学の期間などによりますが、1週間程度の短期留学であれば10~30万円が費用の目安です。渡航費や学費、生活費(食費、宿泊費など)、保険などの費用が含まれます。高校留学の費用を抑えるためには、渡航時期や現地での生活を工夫したり、奨学金制度を活用したりするとよいでしょう。

高校留学ではどんな学校に通うの?

高校留学では、語学学校や現地の高校に通うという選択肢があります。現地の高校に通う場合は、事前に高校準備コースを受講するケースが多いです。自分の学習目標や予算、滞在先からの距離などをしっかり考慮してぴったりの学校を選ぶようにしましょう。

高校留学後はどのくらい英語力が上がる?

高校留学後にどのくらい英語力が上がるかは留学期間によっても異なりますが、留学先の環境や自分の努力次第でも大きく変わります。目安にはなりますが、英語初心者が1週間留学した場合は耳が英語に慣れてくるくらい、1ヶ月で片言で会話ができるくらい、1年で海外の大学に入学できるレベルくらいの上達が期待できるでしょう。

高校留学中に取得した単位は、日本の高校でも単位認定される?

高校留学中に取得した単位は、基本的に日本でも認められる(36単位を超えない範囲で)と文部科学省によって定められています。ですが、最終的には在籍している日本の高校によって異なるので、留学前に単位認定について確認しておくことが大事です。また、単位が認められる科目が細かく決まっている場合もあるので、その点にも気をつけましょう。

高校留学でおすすめの滞在方法は何?

高校留学でできる滞在方法には、ホームステイや寮生活があります。ホームステイは現地のホストファミリーと一緒に暮らすので、安心感のある環境で現地の言語や文化に深く触れることが可能です。学生寮は、世界各国の留学生と共同生活を送ることになります。異文化交流が活発なことや自立した環境で勉強・生活ができるのが特徴です。それぞれのメリット・デメリットを理解して、どのような環境で学び、海外生活を送りたいのかや自分の性格、予算なども踏まえてぴったりの滞在方法を選ぶようにしましょう。

高校留学の出願に必要なものは?

高校留学するには、中学課程の修了(または見込み)と保護者の同意・理解を得られていることが必要です。留学先によって異なりますが、成績は平均3以上(5段階評価)、英語力は英検3級レベル以上あるとよいです。入学願書や成績証明書など必要な書類や様式も留学する学校によって違うので、十分に確認したうえで計画的に準備を進めるようにしましょう。

費用を抑えて高校留学することはできる?

高校生の留学は目的や期間などによって費用が高額になる場合もありますが、費用を抑える方法もあります。公立高校への留学や交換留学は比較的費用を抑えやすく、物価の安い国や宿泊費の安い滞在方法、奨学金の利用などによっても留学費用の負担を減らすことが可能です。

日本の学校で不登校、成績や出席率が悪い高校生でも留学できる?

日本の学校で不登校だったり、成績や出席率が悪い状況でも高校留学することは不可能ではありません。なかには不登校の高校生の受け入れに理解のある留学先もあるので、まずは両親やカウンセラーなどに相談することから始めてみましょう。

高校生の留学は大学進学に有利?

高校生の留学経験は、大学進学においても大きなアドバンテージとなることがあります。特に国際的な視野や異文化理解能力は、グローバル化が進む現代において重要なスキルとして評価されるでしょう。また、2年以上の留学経験がある場合は帰国子女枠で難関大にチャレンジすることもできます。

ボーディングスクールって何?

ボーディングスクールとは、留学生が学校の敷地内にある寮で生活しながら学ぶ学校です。学業に集中しやすい環境で、世界各国に友人をつくる機会も豊富にあります。教育の質がとても高く、サポートや設備も充実していますが、高校生ができる留学のなかで費用が高めです。

高校生の留学を成功させたいなら パンフレットを見てみたい!

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!