インターンシップを検討しているなら
準備や渡航中のサポートがあるエージェントがおすすめ!

インターンシップのイメージ画像

インターンシップ

海外インターンシップは、自分の力を試したり、スキルやマインドを高めたりする場として最適!
海外の職場で働く経験は、帰国後の就職や将来の可能性を大きく広げるチャンスにもなります。

\インターンシップの無料パンフをまとめてもらえる/

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

インターンシップのタイプ

インターンシップの中にも、無給で体験するもの、有給で本格的に働くことができるものなどがあります。
自分がどのような環境でインターンシップに臨みたいのかを考えていきましょう!

無給インターンシップ

インターンシップの多くは、無給(給料が発生しない)で行われます。
派遣先の企業の雰囲気や仕事内容を間近で見ることで、将来のキャリアプランをより明確にすることができます。

また、自分とインターン先の業界とのマッチングを確かめることができるのも大きなポイントです。
無給であればチャレンジできる国も多いので、豊富な選択肢から就労先を見つけることができるでしょう。

有給インターンシップ

インターンシップの中には、有給で働くことができるものもありますが、語学力や一定のスキルが求められることがほとんど!
実践的なスキルを身につけられるので、本格的なキャリアアップを目指している方におすすめです。

ただし、有給でインターンシップをする場合には就労可能なビザを取得しなければいけません。
国によっても条件がさまざまなので、しっかり確認するようにしましょう。

語学研修+インターンシップ

キャリアアップよりも、どちらかといえばキャリアアップのための語学力向上を目的に行うスタイルのインターンシップです。

インターンシップの実践を通して語学を学ぶことで、社会の中の生きた言葉を覚えることができます。
ただ語学力アップを目指すだけじゃもの足りない、就労経験を積みたいという方におすすめです。

インターンシップで人気の職種

インターンシップでは、どのような職種が人気なのでしょうか?
せっかく海外に飛び出してチャレンジするなら、自分の将来につながるようなことを学びに行きたいですよね!
自分の興味とも照らし合わせながら、挑戦する職種を決めていきましょう♪

職種 概要と人気の理由
ホスピタリティ ホテルでのサービス・接客業は、人気のインターン先のひとつ。
より実践的な現場で仕事を体験することができ、実際に接客対応をすることで仕事のスキルだけでなくコミュニケーション力を養うチャンスもあります!
航空業/観光業 キャビンアテンダントや観光の仕事に携わりたいなら、航空・観光系の会社でのインターンシップに参加するのもオススメ。
観光業はあらゆる国で重要産業のひとつなので、将来国際的に活躍したい方におすすめです!
カフェ/料理 カナダやオーストラリアではカフェ店員、フランスやイタリアなどではパティシエやシェフなど。
本場の国でのインターンシップは、より本格的な技術や知識、仕事の雰囲気まで感じ取ることができることでしょう!

インターンシップの選考・面接時のポイント

海外のインターンシップに応募する際、ほとんどの企業は面接を実施します。
形式は企業によってさまざまですが、こちらではインターンシップの面接におけるポイント・心構えについてお届けします。

面接はスカイプ形式が多い

近年、インターンシップの選考における面接ではスカイプを利用する企業が増えてきています。
自宅にいながら面接が行えるというのは、便利ですよね♪

実際に対面しないですし、画面で一対一のやり取りができるので、少し緊張が和らぐかもしれません。

質問の意図をなるべく正確に理解する

面接は英語で行われることがほとんどなので、中にはとっさに理解できない質問をされることもあるかもしれません。

自分の語学力では限界かも…ということでも、相手の質問の意図をなるべく理解する姿勢で挑むことが大切です。

質問とまったく違う答えを返してしまうと、「この人は理解力がない」と思われる可能性も。
どうしても質問が理解できないときは、聞き返す勇気を持つことも大事です!

具体的なエピソードをもっているとなお良し

たとえば、「あなたの強み/弱みは何ですか」と質問されたとします。

そのときに、「●●です」とだけ答えるよりも、結論の後に何かしらの具体的なエピソード(結論を補強するもの)を加えるとより説得力が増します。

海外インターンシップの面接に限ったことではありませんが、特に、慣れない英語を使っての面接です。
面接で質問されそうな項目をいくつかピックアップして、受け答えの練習をしておくと良いでしょう。

最後は熱意!

英語が多少上手く話せなくても、最後は自分の熱意・やる気をしっかりアピールすることが重要です。

もちろん、国や企業によっては一定の語学力やスキルが求められる場合もありますが、一生懸命がんばってくれる人を採用したい気持ちは、多くの企業で共通していることです。
前向きな気持ちで、自分の意思をしっかり伝えることを心がけていきましょう!

インターンシップで人気の国ランキング

国によって、働き方のスタイルは大きく異なります。
各国のインターシップ情報をチェックし、自分がより成長できるような国を選択していきましょう!

インターンシップのおすすめプログラム

インターンシップの費用

海外留学で語学力を上げたらインターンシップに挑戦してみましょう!
インターンシップに参加できるほど語学力には自信がないし…費用も心配で…という方もいるかもしれませんが、インターンシップにはさまざまなプログラムがあり、自分の予算や目標に合わせてプランを組むことができるんです!

インターンシップを諦める前に費用を含めいろいろ確認していきましょう。

インターンシップの費用はどのくらい?

インターンシップに必要な費用は、参加するプログラム、国や期間によって費用はさまざまです。
現地の生活費分くらいは賄える有給のインターンシップであれば留学費用が実質0円になることもありますが、生活をするには充分ではない場合も多いので事前にチェックしておくといいですね!

インターンシップの費用は、航空券や保険、ビザに関わる費用、現地での生活費などが含まれます。
語学学校のプログラムに参加する場合は、語学学校の授業料なども用意しておいたほうが良いでしょう。

充実したインターンシップ生活を送るには、あらかじめ費用を多めに見積もっておくことが大切です。
余暇の過ごし方などにも関わってくるので、滞在する国に合わせて考えてみてくださいね★

インターンシップの費用の目安

国名 1ヶ月 3ヶ月 半年 1年間
アメリカ 30~50万円 40~100万円 70~130万円 150~300万円
カナダ 30~50万円 40~100万円 70~130万円 100~200万円
オーストラリア 30~50万円 50~70万円 60~120万円 150~250万円
ニュージーランド 30~40万円 40~80万円 50~100万円 50~150万円
イギリス 25~50万円 50~100万円 80~180万円 100~250万円
ハワイ 20~30万円 40~70万円 80~140万円 150~270万円

インターンシップ留学で自分を成長させる事ができるかどうかは、自分の行動にかかっています。
現地でいかに多くの事を吸収し、たくさんの仲間と出会うかが、自分の視野を広げ人生をより豊かに変えるための大切なステップです。

特に費用面は海外で生活をして、航空券や海外傷害保険なども含むと決して安いとは言えないのも事実です。
事前に用意しておく費用の目安は40~100万円くらいだと考えておきましょう。
費用と目的をよく考えて行動しましょう!

インターンシップにもさまざまな種類があるので、もちろん費用と時間に合わせてプランを考えることができます。
大学生の方は夏休みを利用して参加することのできる海外短期インターンシップがあります。
ホームステイでの滞在であれば、食費にお金を使いすぎてしまうことも少なく安心です♪

ALT

インターンシップの種類ごとの費用について

一言でインターンシップといっても専門性を持ったインターンや、職場を体験すると言う意味合いが強い体験型インターンシップなどさまざまな形態に分かれています。
高い英語力やスキルを持った方は給料をもらいながらインターンができるので費用は安く済みますが、体験型だと無給のことがほとんどです。

長期インターンシップは有給の可能性が高い

6ヶ月~1年間のインターンシップは、一般的に「長期インターンシップ」と呼ばれています。
インターンシップ=ビジネスというイメージがありますが、実は美容師や調理師、フラワーコーディネーターなどの専門的なインターンシップも数多く存在しています。
長期インターンシップでは企業の戦力として海外に滞在することになるので、高い英語力が必要とされることが多いですが、語学力に不安がある方でも条件によっては参加することも可能です。

しかし、やはり英語力やスキルに比例して給料が変わってくる事も多いので、インターン費用にも大きく関わってくるでしょう。

資格がない方は、取得してからインターンシップをするのもアリ!

自分にはスキルや語学力がないから…とお悩みの方でもインターンに参加できるチャンスはもちろんあります。
インターン前に希望の専門資格を取得してから、インターンに参加になるので無理なくご自身のペースでプランを組むことができます。

もちろんスキルアップした分、給料がもらえるチャンスも上がります!
無給のインターンシップではなく、絶対に給料を貰いながらインターンシップがしたいという方にオススメです。

自分が取得したスキル=給料になるのもうれしいポイントですよね♪
スキルをつけて費用を抑える一石二鳥のプランもあるので、いろんなプログラムをチェックしてみましょう。

体験型のインターンシップは無給がほとんど!

体験型インターンシップは職場の戦力としてではなく、仕事を体験させてもらう形になるので給料は出ないことが多く、費用面で見ると負担が大きくなります。
渡航費やビザ、海外保険など、出発前に必要な費用だけでなく、現地での生活費も用意しておかなければならないので、多めに見積もっておくと安心です。

役立つインターンシップを経験するための大切なポイント

いかがでしたか?

世界中にあるインターンシップで共通して自分の経験として得られることは、『国際感覚』のヒトコトに尽きます! 同じ職種の仕事を日本でしていたとしても、外国での手順や仕事への取り組み方などが異なることがほとんどです。 その違いをしっかりと理解して吸収しておくことが大切ですよ☆

日本との違いを理解することが国際感覚を身につけることのスタートです! インターシップでの経験は、将来仕事をする時に臨機応変に対応できる力として必ず役に立ちます。 そのためにも、将来のビジョンを定めてからインターンシップに参加することが重要となります。

気になる資料は無料で何部でも取り寄せできるので、いろいろと比較してみましょう。 わかりにくいことや最新の情報をチェックしたい場合は、現地情報に精通したエージェントに相談してみると意外な方法が見つかることもありますよ★ 気軽にご相談してみてくださいね!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】