フィジー留学フィジー留学fiji

地球の楽園フィジーに心癒されに行こう!

青い海に白い砂浜、そしてゆったりと流れる時間。英語ビギナーだけでなく、海外が初めてという方にも大人気なのがフィジーです。底抜けに明るいフィジアンといると、人生もっと楽しまなくちゃと思うはず。あなたの生き方が変わる体験が待っています。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

フィジー留学のメリット

美しい大自然の中の学校で学べる!

フィジーといえば豊かな自然が自慢です。青い空に透き通った海、白い砂浜にハイビスカスなどの色鮮やかな花たちなど、私たちが「南国」としてイメージするものがそのままそこにあります。校舎の前に美しいビーチが広がるビーチフロントの学校も多く、留学の舞台としてこれ以上のものはないでしょう。数日間滞在すれば、もう日本には帰りたくなくなります。

留学費用が圧倒的に安い!

物価の安いフィジーへの留学が他の国への留学に比べて圧倒的に安いことも、留学先として選ばれている理由です。長期間になればなるほど、留学にかかる費用も多くかかります。フィジー留学は、アメリカ本土やハワイへの留学と比べると、年間でかかる金額が半分以下で済みます。費用が安く済むので比較的長期で滞在する人が多いのもフィジー留学の特徴です。

英語を話し異文化体験ができる!

そしてフィジー留学の最大のメリットが留学の目的が果たせるということ。フィジーにはブランドショップが集まる大きなモールも、クラブやバーがひしめく繁華街もありません。そのため勉強と色んな人たちとの交流に時間を使うことができます。また何もない分、人々はよく集っておしゃべりをしたり食事をしたりして過ごします。フィジーの虜となる多くの人がフィジーの一番の魅力は「人」だと言います。英語上達の一番の近道は英語でよく話すことです。話す機会がたくさんあること、現地に溶け込めることがフィジー留学の魅力です。留学を終えても「またこの人たちに会いに帰ってこよう」と思うはずです。フィジーはあなたにとっての第二の故郷となるでしょう。

■■ フィジー留学中にできるアクティビティが知りたい! ■■ なかでもまずおすすめなのが、ダイビングです★フィジーには300を超える島があるため、たくさんの美しいダイビングスポットがあります。初心者でも十分楽しむことのできるスポットから、上級者の方でも満足することのできる神秘の美しい世界が広がっています。フィジーに留学をした際はぜひ一度でも挑戦してみることをおすすめします! また、ダイビングと同じくらい今人気を集めているアクティビティがジェットフィジーです。最高時速80Kmも出るジェットに乗り、超高速スピードでナンディ川を滑走します!スリル満点でとっても楽しいですよ。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

目的別 フィジーでできる留学スタイル

学ぶ

語学を中心とした「学ぶ」に特化した留学目的をまとめています。人気の語学留学の他にも、短期・長期含め期間で選べるもの等、さまざまな種類のプログラムが用意されています。

暮らす

現地で生活する「暮らす」を留学目的をまとめています。定番のホームステイ、農場体験を兼ねたファームステイなど、現地の生活に溶け込むがテーマ。将来の永住も夢ではない!?

働く

現地で「働く」に絞った留学目的をまとめています。ダントツ人気は何と言ってもワーキングホリデー!その他、企業へのインターンシップやオーペア、ボランティアでの就業体験など多数あり!

その他

■■ 日本からフィジーへの留学者数は? ■■ 近年、留学先として日本人に大変人気のあるフィジー。毎年多くの日本人が留学先として選び、渡航をしています。 現在、多くの語学学校でたくさんの日本人が在籍しています。なんと驚くことに、日本人の割合は9割を占めている学校もあります。しかし、フィジーにいる総人口の割合としては日本人は1割弱ほどなので、決して国中が日本人ばかりというわけではありません。 そのため、海外に渡航することが初めての方や言語に自信がなく不安が多い方も安心してフィジーへは留学をすることができます!

タイプ別フィジー留学プログラム

ここでは、フィジー留学で人気のプログラムを期間別にまとめています。 フィジー留学は数週間の短期のものから数ヶ月や数年の長期留学のものがあり、滞在期間はさまざまです。 各期間によってそれぞれ特徴が異なるので特徴をしっかりと押さえたうえで、自分の希望に沿った留学スタイルを見つけられるといいですね★興味のある留学プログラムがあれば、ぜひゆっくりとご覧ください!

短期間でプチ留学!1週間のフィジー留学

短期のフィジー留学が気になる方はこちら☆留学初心者の方や、できるだけ費用をかけずに留学をしてみたい方、長期休暇がなかなか取れない方などにおすすめのプランです。気軽に留学を体験してみるのにぴったりです!

TOEIC対策も!フィジーでキャリアアップ&語学留学

フィジー/ナンディ、/語学留学/短期留学/社会人留学・キャリアアップ/

  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 3ヵ月
  • 異文化にふれたい

フィジーで第二の家族に出会える!ホームステイプログラム

フィジー/ナンディ、/語学留学/ホームステイ/短期留学/

  • 1週間
  • 3ヵ月
  • 人と違うことがしたい
  • 異文化にふれたい

親子で学べる、フィジー親子留学!

フィジー/ナンディ/語学留学/短期留学/親子留学/

  • 1週間
  • 2週間
  • 異文化にふれたい
  • 現地日本人スタッフ有

春休み・夏休み・転職の合間に!1ヵ月のフィジー留学

まとまった休暇がとれるのであれば、ぜひおすすめしたいのがこの1~3ヶ月間の留学スタイルです。数ヶ月をフィジーで過ごすことで、言語だけでなく現地の生活様式や文化など、多くのことを学ぶきっかけとなりますよ!

TOEIC対策も!フィジーでキャリアアップ&語学留学

フィジー/ナンディ、/語学留学/短期留学/社会人留学・キャリアアップ/

  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 3ヵ月
  • 異文化にふれたい

すべてが感動!人気急上昇中、1週間からのフィジー短期留学

フィジー/ナンディ、/語学留学/ホームステイ/短期留学/

  • 1週間
  • 2週間
  • 1ヵ月
  • 3ヵ月
  • 異文化にふれたい

フィジーなら予算の心配もなし!癒しの楽園で語学留学♪

フィジー/ナンディ、/語学留学/ホームステイ/短期留学/

  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 3ヵ月
  • 人と違うことがしたい
  • 異文化にふれたい

長期留学で国際人になる!1年のフィジー留学

言語をしっかりと習得し、身につけたいという方にはぴったりのスタイルが長期留学です。フィジーに長期滞在することで、語学力が初心者レベルだった方でもあっという間にぐんと成長することができます!確実に力を身につけたいという方にはおすすめの留学プログラムです☆

南の楽園フィジーで格安留学!

フィジー/ナンディ/語学留学/ホームステイ/親子留学/

  • 3ヵ月
  • 1年
  • 異文化にふれたい

■■ フィジー人の特徴・性格は? ■■ フィジー人の特徴としてまず1番によく挙げられるのが、温和で明るい性格の人が多いということです。社交的な人が多くポジティブに生きている人たちがたくさんいます。また、留学生であっても道ですれ違ったりトイレで会ったりすると挨拶をしてきてるような、フレンドリーな方が多い国です。 あまりに明るく前向きな方が多いため、お店で代金を支払う際に「お代は明日でいいよ~」とおまけをしてくれる場合もあるようです。ただし、おまけのしすぎでその後お店がつぶれてしまった…なんてエピソードもあるので、ちょっと心配ですよね。 フィジー留学をすると、この温和で明るい現地の方とのコミュニケーションをとることがとても楽しく、勉強になること間違いなしです★

フィジー留学の体験談

フィジー留学を実際にした方から寄せられた体験談についてまとめています。実際にフィジー留学を経験された方の出発前の心境などはもちろん、現地で感じたことや帰国後に思ったことなどが詳しく紹介されています。 生の声を聞いてみましょう。必ずフィジー留学に役立つはずです!

南国で乗馬?フィジーなら格安で楽しめちゃ…

南国で乗馬?フィジーで楽しめます! みなさんフィジーで乗馬ってイメージできますか?? 実はこの南国…

フィジー留学でファッションを楽しむポイン…

まずは安全第一 思いきりファッションを楽しみたい気持ちもありますが、フィジーも海外。しかもまだまだ発…

フィジーに来たら絶対食べてほしい!フィジ…

海外では食べることも楽しみのひとつ 海外へ行くと楽しみなことのひとつに、食事がありますよね。 日本…

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

フィジーの基本情報

フィジーでの公用語は英語です。その他に、ヒンディー語やフィジー語なども使用されています。
フィジーにのテレビは国営が1局、ラジオには民営2局国営5局があります。宗教はほぼ100%の方がキリスト教ですが、なかにはヒンドゥー教や徒やイスラム教徒などもいます。

日本との時差はたった3時間のみで、日本よりもフィジーの方が早いです。日本が0時のとき、フィジーでは3時になっています。なお、サマータイム期間である10月頃~4月頃のときは、日本より4時間早くなります。時差があまりないので時差ぼけなども起こしにくく、留学が初めての方でも初日より安心して生活することができるでしょう。

フライト時間は日本からの直行便がないため、フィジー留学をする際は経由便を利用しなければなりません。経由国によって前後しますが、大体14時間程で渡航することができます。

フィジーの基本情報

  • 首都:スヴァ
  • 言語:
  • 人口:94万4720人※2009年7月現在
  • 通貨:フィジードル(FJD)
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

フィジー留学に関するよくある質問

フィジー留学にまつわるさまざまなよくある質問についてここでは紹介をしています。誰もが疑問に感じることについて、詳しい解説つきでまとめていますので、今後の留学計画に役立ててくださいね!

フィジー留学にかかる費用はどれくらい?

フィジーに留学をする際にかかってくる費用は滞在方法や滞在期間によって大きく異なりますが、目安は知っておきたいところですよね。

フィジー留学の中でも特に人気のあるホームステイを1ヶ月間した場合にかかってくる大体の費用は約16万円です。内訳としては、学費・宿泊費・食費です。これらに加えて航空券(大体7万円ほど)、ビザ申請代金(4ヶ月以内の滞在の場合は不要)などが別途必要になります。

フィジーの物価は比較的安く、驚くことに日本の3分の1ほどとされています。そのため、食費や生活費などは1ヶ月で3万円あれば十分でしょう。

格安で留学をしてみたいという方や長期で留学をしたいという方には、フィジーは経済面でも大変おすすめの国ですよ♪ ≫フィジー留学の費用についてもっと詳しく

フィジーの気候・気温って?

留学先の気候や気温はとても重要ですよね!
フィジーは1年中高温多雨で、熱帯雨林気候な国です。ただし、南東の貿易風の影響を受ける5月~11月は比較的雨は少なく、降水量は多い時で300ml、少ないときで80mlくらいです。

平均気温は日本とは大きく異なり、日本の平均気温が7℃くらいの寒い1月でもフィジーでは27℃くらいです。逆に、日本が30℃くらいになる8月では、フィジーでは22℃くらいです。
そのため、フィジーは1年を通して基本的に気候に恵まれており、比較的過ごしやすい国です。

留学中、気候の激しい変化によって体調を崩してしまうということも少なく、天気によって活動が阻まれるといったこともほとんどないでしょう。

フィジーと日本の文化の違いで注意しておくべきことは?

フィジーには「ケレケレ」と呼ばれるフィジー独自の文化があります。みんなのものは自分のもの、自分のものはみんなのもの、何でもみんなで共有しましょうという考え方です。
そのため、食べ物やお金をたくさん持っている人たちに、貧しい人たちが「ケレケレ」と声をかければ当たり前のようにお金や物を施してくれるのです。

お互い助け合うことで貧しくても幸せに生きることのできるこの考え方は素敵ですが、日本ではなかなかないことも起きます。それはベランダに干していた洗濯物を他人が着用していたり、ホームステイ先のリビングに財布を置いたままにしておくと家族が使用したりといったことです。

そのため、貴重品などはしっかりと持ち運び、トランクなどには鍵をかけておくことをおすすめします。

フィジーの治安は良い?悪い?

フィジーに留学ををする際、まず始めに気になるのがフィジーの治安についてではないでしょうか。
フィジーは日本に比べると、治安はあまりよくありません。と言っても、日本のような無差別事件などはありませんが、日本人留学生を狙ったスリや置き引きなどが多発しています。昼間はのんびりとした地域でも、夜間になると、急に危険な場所へと変化してしまいます。

ただし、油断することなく常に警戒をしながら生活をしておけば危険な目に遭うことはほとんどないので、危険な場所へは近寄らないようにするなど十分注意をしながら過ごすようにしましょう。

フィジー留学中によくあるトラブルは?

フィジー留学中によくあるトラブルは、生ものや飲料水などで体調を崩すといったことがあります。
フィジーは熱帯雨林気候の国のため、生ものなどの衛生管理には十分気を付けておいた方が良いでしょう。

また、日本の水道水は水質がとても良いためついつい水道水などでうがいをしたり飲んでしまったりしがちですが、フィジーの水道水の水質は日本とは異なります。
体調を崩さないためにも、市販された飲料水を飲むように心がけましょう。

さらに、留学中よく油断をしてしまうのがお店で出された飲み物に入った氷です。氷もフィジーでは水道水から作っている場合が多いので、氷にもできるだけ口をつけずにしておくことをおすすめします。

フィジーに留学をして、たくさん学ぼう!たくさん楽しもう!

以上、フィジー留学についてでした。フィジー留学について、少しはご理解いただけたでしょうか。
まだまだフィジーの魅力については伝えきれていませんが、フィジーは本当に魅力がいっぱい詰まった国です♪フィジーに留学をして、現地の方とたくさん触れ合い多くのことを学び日本では決して体験することのできないような体験をたっぷりとしてきてください!

留学エージェントや留学プログラムの資料請求をしていただくと、もっと詳しいフィジーの留学情報について紹介させていただきます!無料で資料請求はできるので、お気軽にどうぞご連絡ください!

あなたにとって、楽しい留学生活になりますように…。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】