利用者 69 万人突破!

(2024年4月21日更新)

閉じる

セブ島で注意すべき病気はある?

セブ島は南国の国フィリピンの島なので、病気が心配という人も多くいることでしょう。特に恐れられている病気はマラリア・食中毒・狂犬病・デング熱になります。マラリアは蚊から伝染する病気ですが、ミンダナオでよく発生しており、セブ島では心配がない病気と言われています。食中毒はセブ島でもよく発生する病気です。慣れない環境で体が弱っている時は特に食中毒にかかりやすいので注意してくださいね!狂犬病はセブ島での発生は珍しいようです。万が一犬に噛まれてしまったという場合、噛まれた跡をよく消毒し、すぐにワクチン接種をすれば大丈夫でしょう。そして、セブ島の人たちが最も注意している病気がデング熱です。この病気も蚊から感染し、高熱に苦しめられる病気です。セブ島の中心地にはデング熱をもった蚊はいないようですが、川沿いや泥水の周辺などの蚊には注意してください。

よくある質問一覧に戻る

パンフレットを見てみたい!

よくある質問ページ非公開用についての質問一覧