利用者 42 万人突破!

(2019年7月22日更新)

Webマンガ「初海外を女ひとり旅してみたら」最終回!ワーホリを通して最後に思うこと

2019.06.21

留学くらべ〜る編集部

Webマンガ「初海外を女ひとり旅してみたら」最終回!ワーホリを通して最後に思うこと

留学くらべーるの人気企画、世界一周ブロガー・みさPさんのブログ「初海外を女ひとり旅してみたら」のWebマンガ化。

最終回となる今回は、みさPさんのニュージーランドに対する思い、そして3ヶ国でのワーホリを経て感じる今の思いをお届けします。

みさPさんがワーホリを通して得たものとは?

みさPさんニュージーランドワーキングホリデー最終回

(c)あきばさやか

みさPさんのコメント

Webマンガ版ニュージーランド編最終回!
何よりもまず注目していただきたいのは…

わ、私の頭にキーウィちゃんが乗っている!!!(*゚∀゚)=3

NZを代表するキウイフルーツもこの鳥に似ているからそう呼ばれるようになったようだし、ニュージーランド人は「私はニュージーランド人です」を親しみを込めて「I'm Kiwi.」と言うし、まさにニュージーランドで愛されまくっている鳥!そ、それが私の頭に!!!

と、ひとりで興奮したところで本題に入りましょう。笑

ワーキングホリデー、私は本当にしてよかったと思っています!
後悔は本当にこれっぽっちもありません。

最初に語学を学んだことによって、いろんな場所でいろんな国の人と話しながら、その人が見ている景色や価値観をおすそ分けしてもらいました。

「そんな考えがあるんだ」「そう感じるんだ」と、自分の生きる世界が広がるというよりも、世界がひとつずつ増えていくような感覚を覚えました。

ここからは、これまで増やしてきたその世界たちをうまく使い分けながら生きていくのが課題です。
海外のことをそのまま日本に持ってくるのではなく、日本のことをそのまま海外へ出すのではなく…。

なかなかこれが難しくて苦戦中なのですが(笑)

でもたまに仕事中に私が初めてカナダでワーホリをしていたときのことを思い出して、「え、わたし日本で英語を使って仕事してる!」ってびっくりするときがありまして。(働け)

こんなときに、これまで過ごしてきた日々が無性に愛おしくなって、幸せだなぁと思います。

その日々を、マンガを通して共有してくださりありがとうございました!

もしこれから海外に出る方がいたら、素敵な出会いがたくさんあるよう願っています♪

「行ってみたい」という気持ちを大切に!

2016年より、3年近くに渡ってお届けしてきたみさPさん・あきばさやかさんによるWebマンガですが、今回で最終回となりました。

「帰国後の就職が不安で…」「遊びって思われるんじゃないの?」という意見もあるワーホリですが、Webマンガを通して海外で生活することの面白さ・ワーキングホリデーだからこその魅力などを少しでも感じていただけたら嬉しいです。

仕事や勉強、旅行など海外でいろんなことに挑戦できるワーキングホリデーは、自分の過ごし方によって「何を得られるのか」が本当に異なります。

海外で生活してみたいけど勇気が出なくて…という方もいるかと思いますが、年齢制限のあるワーホリは限られた方しか利用できない制度。
「行きたくても行けない」という後悔をしないためにも、「一歩踏み出したい!」「今からでも間に合うの?」という思いのある方は、ぜひいろんな人の意見を参考にしながら自分なりのワーホリライフを目指してみてくださいね。

ワーキングホリデーについて詳しく見てみる

Special Thanks**

みさPさんプロフィール

みさPさん

旅ブロガー。2009年にヨーロッパ周遊旅行を経験し、2012年にワーキングホリデービザを取得しカナダに長期滞在。
ワーホリ後は単身で世界一周旅行にチャレンジし、旅行の様子をブログで発信しながらアジアやヨーロッパの国々を多数訪れる。
オーストラリア、ニュージーランドでのワーホリも経験。
海外で暮らしたり旅したりと、約5年半かけてゆっくりと世界を周り、ついに日本に完全帰国!(たぶん)

ブログ「初海外を女ひとり旅してみたら」

あきばさやかさんプロフィール

あきばさやかさん

仙台出身、東京在住のイラストレーター。
雑誌、書籍、広告など幅広い媒体で活躍中。
著書に
「福田ヤマコ(30)今日もしくじってます」(KADOKAWA)
「服はあるのにキマらない!」(マイナビ出版)など。

ブログ「あきばさやかの人生ケアレスミス」

あきばさやかさんのオフィシャルサイト

過去記事はこちらから♪

今回で最終回となるWebマンガですが、過去の分が読みたい!という方は、こちらから読むことができますよ♪
みさPさんの日々には、ワーホリをするうえで知っておきたい情報もたくさん詰まっています。
ワーホリに少しでも興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね!

カナダのワーキングホリデー編

第1弾「カナダ入国編」
第2弾「語学学校初日編」
第3弾「ルームシェア編」
第4弾「バスでの交流編」
第5弾「運命の出会い編」
第6弾「食事編」
第7弾「仕事探し編」
第8弾「アルバイト編」
第9弾「アルバイト編 part2」
第10弾「アルバイト編 part3」
第11弾「同僚との会話編」
第12弾「アレックス編 」
第13弾「アレックス編 part2」
第14弾「アレックス編 part3」
第15弾「サマータイム編」
第16弾「カナダのクリスマス…?編」

オーストラリアのワーキングホリデー編

第1弾「さっそくお仕事探し!編」
第2弾「衝撃的なゴミ収集編」
第3弾「卵事件編」
第4弾「アンザック・デー編」
第5弾「メルボルンのカフェ編」
第6弾「メルボルンのバスキング編」
第7弾「ランゲージエクスチェンジ編」
第8弾「〇〇の食レポ編」
第9弾「LADYおじさん編」
第10弾「なんちゃってジャパレス編」
第11弾「真夏のクリスマス編」
第12弾「面白くないワーホリ編」
第13弾「フェアウェルパーティ編」
第14弾「またね、オーストラリア編」

ニュージーランドのワーキングホリデー編

第1弾「ゆるすぎるNZ編」
第2弾「トレッキング編」
NEW! 第3弾「最後に思うこと編」