利用者 40 万人突破!

(2018年9月19日更新)

カナダ編第9弾!Webマンガ「初海外を女ひとり旅してみたら」アルバイトでやらかしたお話Part2

2018.09.18

留学くらべ〜る編集部

世界一周ブロガー・みさPさんの「初海外を女ひとり旅してみたら」をWebマンガ化!
第9弾はカナダのワーホリでアルバイトをしたときのお話、Part 2をお届けします♪

前回に引き続き、今回みさPさんがやらかしちゃったこととは…!?

こんな言い間違い、きっとある…よね?

みさPさん・あきばさんのWebマンガ第9回

(c)あきばさやか

お仕事は失敗にめげない気持ちが大切!

みさPさんのコメント

今回は、バイト先でやらかした話パート2!
大忙しの朝ピークにて起きた、軽い事故編(笑)

カナダ同僚たち、本当にすごいんです。
朝から爽やか全開!
お客さんとペラペラ世間話をしながら、すごいスピードでさばいていきます!

一方、スマイル0円の笑顔を振りまきつつも必死のわたしは…

いやーー…あの、これ…言いますよね?
カリフォルニアって言っちゃいますよね!?
どう考えても、見た目、似てません!?(必死)

最初に、「Cauliflower」ってなんかカリフォルニアに似てるなぁ、と思ったが最後。

カリフラワーと言うたびにカリフォルニアって言っちゃいそうで、

「これはやばい、いつか言っちゃうかもしれん」って思っていた矢先の、

声を大にしての「カリフォルニア」!!!

お客さんは特に笑ってくれることもなく、「あれ、この子、カリフラワーって言ったのよね…?」と、きちんと受け取ってくれました。

真面目か、カナディアン…!

ブログご紹介

今回のマンガの元ネタとなったエピソードはコチラ
みさPさんの焦りっぷり、ぜひ文章でもお楽しみください♪

ワーホリ中の言葉の壁をどう打ち破るか

仕事を探すこと自体が難しいワーキングホリデーですが、実際に仕事を始めてからもいろんな困難が待ち受けています。

その大きな理由のひとつが、やはり言葉の壁…。
せっかく希望の仕事に就くことができても、お客さんやスタッフとのコミュニケーション不足で能力が発揮できない、なんてこともあります。

ですが、そんなときでも、めげない気持ちが大切。
みさPさんのように勢いあまって言い間違っちゃっても、ちゃんとフォローできれば大丈夫です!
そうやって覚えた言葉は、身体に染みついていくんですよ♪

ただし、語学力をあらかじめ高めておくということもお忘れなく!
仕事の幅がグッと広がるので、日本にいるうちからできるだけ言語に触れる機会を増やしておいてくださいね!

Special Thanks**

みさPさんプロフィール

みさPさん

旅ブロガー。2009年にヨーロッパ周遊旅行を経験し、2012年にワーキングホリデービザを取得しカナダに長期滞在。
ワーホリ後は単身で世界一周旅行にチャレンジし、旅行の様子をブログで発信しながらアジアやヨーロッパの国々を多数訪れる。
オーストラリア、ニュージーランドでのワーホリも経験。
海外で暮らしたり旅したりと、約5年半かけてゆっくりと世界を周り、ついに日本に完全帰国!(たぶん)

ブログ「初海外を女ひとり旅してみたら」

あきばさやかさんプロフィール

あきばさやかさん

仙台出身、東京在住のイラストレーター。
雑誌、書籍、広告など幅広い媒体で活躍中。
著書に
「福田ヤマコ(30)今日もしくじってます」(KADOKAWA)
「服はあるのにキマらない!」(マイナビ出版)など。

ブログ「あきばさやかの人生ケアレスミス」
あきばさやかさんのオフィシャルサイト

その他のマンガはこちらから♪

みさPさんのワーホリはどんな感じで始まったの?どんなことがあったの?と気になる方は、ぜひ他の記事もご覧ください。
おもしろエピソード盛りだくさんですよ♪

カナダのワーキングホリデー編








第9弾「アルバイト編 part2」







オーストラリアのワーキングホリデー編