利用者 41 万人突破!

(2019年5月23日更新)

英語留学

2018.09.06

留学くらべ〜る編集部

英語留学

留学パンフレット
取りよせる

英語留学とは

英語留学とは、英語力の向上を目的として英語圏や英語を学べる国に渡航する留学スタイルです。

英語留学は、民間の語学学校で学んだり、大学付属のESL(英語を母語としない留学生が学ぶ英語)コースを受講したりといった方法があります。

英語留学で期待できる効果

1週間から挑戦できる英語留学ですが、英語留学で期待できる効果にはさまざまなものがあります。 英語力がどのくらい成長するのかは留学時の英語力にもよりますが、こちらでは成長度合いの目安をご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね♪

語学留学で期待できる効果

英語留学の授業内容

授業内容は学校やコースによって大きく異なり、午前中や午後だけといったものから、朝から夕方までみっちり英語を学ぶコースなどさまざまです。

「Speaking」「Writing」「Reading」「Listening」の4技能を教科書を使って学んだり、グループを作って1つのテーマに沿ってディスカッションしたりと、英語力アップに向けていろんな方法で学びます。

民間の語学学校も大学付属のESLも、どちらも英語力を上げるために通う場所ではありますが、ESLのほうが大学などの教育機関への入学を目的として学ぶ人が多いです。

民間の語学学校にはビジネス英語を学びたい、TOEICの点数を上げたいなどの目的に特化したコースある語学学校もあるので、自分の目的に合った語学学校もしくはESLを選びましょう。

民間の語学学校と大学付属のESLの違い

民間の語学学校の特徴 大学付属のESLの特徴
・1週間単位から受講できる
・学生の年齢が国籍、目的がさまざま
・総合的な英語力を伸ばすことができる
・授業以外のアクティビティが豊富
・入学できる日が決まっている
・大学の施設を利用できる
・大学進学に向けたカリキュラムが組まれている
・宿題やテストが民間の語学学校よりも多め

英語留学のスケジュール例(1週間)

英語留学スケジュール例

クラスメイトについて

クラスメイトは留学する国や目的、入学時の英語力によって左右されます。 たとえば英語初心者というクラスであればアジア人中心のクラスであることが多く、レベルの高いクラスであればヨーロッパからの留学生が増える傾向にあります。

語学学校によっては国籍が偏らないようにしている学校もあるので、できるだけ多国籍な環境で学びたいという方は、そういった学校を選択するとよいでしょう。

短期間のコースだと留学生の入れ替わりが激しく、友人が作りにくい場合もありますが、せっかくの海外留学! 積極的に話しかけていくことで英語を話す機会も増えるので、留学期間に関わらず、ぜひ交流を深めてくださいね♪

留学パンフレット
取りよせる

英語留学の費用

英語留学に興味はあるけど、予算が心配で…という方は、実際にどのくらいの費用が必要なのか費用の目安をチェックしていきましょう! 留学する国によっては、意外と安い費用でチャレンジすることもできますよ!

英語留学の費用はどのくらい?

英語留学の費用は1か月で15~60万円、1年間で150~400万円が目安。 渡航する国の物価などによって大きく変わってくるため、留学先の情報を確認しておくことが大切です!

国名 1か月 3か月 半年 1年
アメリカ 30~50万円 70~120万円 120~200万円 250~400万円
カナダ 30~50万円 60~100万円 110~140万円 180~300万円
オーストラリア 30~50万円 60~120万円 140~200万円 180~400万円
イギリス 40~60万円 80~120万円 150~200万円 300~400万円
フィリピン 25~40万円 40~60万円 70~100万円 120~250万円
フィジー 15~30万円 35~70万円 65~130万円 125~250万円

※学費や生活費、滞在費、渡航費を含めた費用の目安です

アジア圏やフィジーでの英語留学が安い傾向にありますが、もちろん安いからといって授業の質が悪いというわけではありません。

たとえばフィリピンはマンツーマンレッスンが主流なので、短期間でも集中的に英語を学ぶことができます。

費用だけでなく、留学生の国籍の割合や授業内容などからも留学先を比較してみるとよいですね!

英語留学の費用節約術

安い費用で英語留学ができる国を選ぼう!

とにかく安い費用で英語留学がしたいという方は、フィリピンやフィジーなどで留学をするのもオススメです。 物価が安いので、生活費や居住費を抑えることができますよ♪

また、ヨーロッパのリゾート地として知られるマルタも安く英語留学ができる国として人気が高まっています。 ヨーロッパからの留学生も多いので、アジア人が少ない環境で学びたいという方にもぴったりです!

渡航費の節約はオフシーズンを狙うこと

渡航費を節約するなら、春休みや夏休み、ゴールデンウィークなどの長期休暇に留学するのは避けたほうがよいでしょう。 その時期は航空券が一気に高くなるので、注意が必要です。

また、航空会社のキャンペーン時期などを狙うと、通常の半分以下で渡航できる可能性もあるので、定期的に航空会社のサイトをチェックするのもオススメですよ♪

滞在費を節約するには滞在方法の選択が重要!

留学期間が長くなるほど費用の割合を占めてくるのが滞在費です。

留学期間が短いのであれば家具などの準備がいらないホームステイがオススメですが、長期留学を計画しているという場合はシェアハウスを選択するとよいでしょう。

シェアハウスは家賃や食材を分けることができるので、家賃が高くてもトータルの費用は安く済ませることができます。

生活費を節約するならできるだけ自炊を心がけよう!

生活費の節約にはやはり自炊が欠かせません!

海外のスーパーマーケットは、まとめ買いでかなりオトクになることが多いので、食材を上手に使いまわすことで、食費をグッと抑えることができますよ♪

英語留学で利用できる奨学金制度はありますか?

奨学金制度は、大学や大学院への正規留学を目的としたものが多く、英語留学のみで利用できるものはあまり数が多くありません。

ただし、都道府県によっては英語留学で利用できる奨学金制度を設けている場合もあります。 自分の住んでいる地域が該当しているもかどうか、ぜひ一度調べてみてくださいね!

また、語学学校や留学を扱うエージェントの中には、キャンペーンと称して割引を行っているケースもあります。 予算がないから…と諦めずに、できるだけ多くの情報を集めてオトクに留学できるチャンスを掴みましょう!

英語留学のメリット

次に、英語留学のメリットについてご紹介します! 英語は仕事や日常生活で役に立つ場面が多いので、英語留学で学んだことはきっと重宝されますよ♪

仕事におけるメリット

海外の企業とのやりとりに限らず、接客業などでも海外からのお客さまと交流する機会はたくさんありますよね。 英語を話せる人は、そのスキルがあるだけで仕事において役に立てる場面が増えるんです!

また、留学の経験は、仕事上の関係性を築くうえでの話題作りにも大活躍! 留学した国の人と関わることがあれば、一気に仲を深められるかもしれません♪

就活におけるメリット

就活や転職活動では、英語力の高さだけでなく、経験も含めて判断されるため、英語留学の経験は大きなアピールポイントになります。

また、英語留学でどれだけ成長したのかを示すためにも、英語留学で培った英語力をTOEICなどで必ずスコア化しておくようにしましょう! 職種によっては英語力の基準を設けている場合もあるので、高いスコアを取得しておくと選べる仕事の幅がグッと広がりますよ♪

日常生活におけるメリット

英語留学は、英語を学びたいという意欲のある人たちが多い環境で学ぶことができるのも大きなメリット! 向上心のある人たちに囲まれることで英語に対するモチベーションを維持することができ、さらに世界中から集まる留学生と学ぶことで、一度にいろんな価値観や考え方に触れることができます。

また、映画や洋書を翻訳なしで見られた、友人が増えたなど、英語留学をするメリットはほかにもたくさん!

言葉が通じない環境で生活したことで自信がつき、帰国後にも外国人が多く集まる場所に顔を出したり、道に迷っている外国人を助けたり…なんてこともできるようになるかもしれません♪

留学パンフレット
取りよせる

英語留学で失敗しないコツ

せっかくの英語留学、絶対に失敗したくない!という方は、しっかりと事前に準備しておくこと大切です。 ポイントを押さえて、英語留学に臨みましょう!

留学準備

英語留学をすることで英語環境に身を置くことができますが、そこから英語力をどのように伸ばすかは、個人の努力も大きく関わってきます。

また、いかに英語留学で成長するかは基礎力にも関係するので、日本にいるうちから、語彙力や文法、リスニングの勉強をしておくことをオススメします。

語学留学前のおすすめ勉強法について詳しくはこちら

学校の選び方

自分の目的に合った語学学校を決める

語学学校には、民間の語学学校、大学付属のESLなど、さまざまなタイプがあります。 英語留学の目的が大学進学ならESL、英語だけでなくアクティビティも楽しみたいなら私立の語学学校といったように、留学で何がしたいのか、何を伸ばしたいのかなどを考えたうえで語学学校を選びましょう!

日本人が多いか少ないかにこだわらない

語学学校に日本人がいると日本語でしゃべってしまうのでは…と心配している方もいるかもしれませんが、なかには「English Only Policy」を掲げている語学学校もあります。 こういった学校は英語でしか会話できないので、国籍の比率に関係なく英語環境になるんです!

ただし基準が緩い学校もあるため注意が必要ですが、日本人が多いからと避けるのではなく、学校の様子などもしっかり含めたうえで検討するようにするとよいですね。

英語をマスターするためのコツ

英語に触れる機会をできるだけ増やす

英語力を伸ばすためには、まず単語を多く覚えることが大切! スマートフォンやテレビの言語設定を変えたり、英語で日記を書いたり、動画やアプリを利用したりして英語に触れる機会を増やしていきましょう。

留学中は積極的に人と会話をする

英語を勉強し続けるためには、モチベーションの維持も重要ですよね! 英語学習においては、「この人ともっと話せるようになりたい」という気持ちが、大きな原動力になります。 英語での会話が通じたときに、「英語って楽しい!」「もっと勉強したい!」と思う人も多いので、留学中には英語での会話を積極的に行うようにしましょう!

英語留学におすすめの国

英語留学ができる国ってたくさんあるけど、どこがいいの?という方は、こちらをチェック! 英語留学に人気の国や英語が学べる国を見ていきましょう♪

「なまり」について

どの地域で学ぶかを考えたときに、「なまり」が心配だという方もいるでしょう。 方言のように、なまりは国だけでなく地域によってもさまざまなので、留学した当初は聞き取るのが難しいということも考えられます。

できるだけきれいな英語が離されている国で学びたいということであればカナダがおすすめですが、語学学校の先生たちはクセの少ない英語で話してくれるので、なまりが移ることはあまり心配しなくて大丈夫でしょう。

また、日本人はすでに「日本語のなまり」が染みついていることがほとんどです。 英語留学の目的にもよりますが、なまりが移るのが嫌だから…という理由で留学先の候補を絞るのではなく、他の観点から検討していくようにするとよいですね。

留学パンフレット
取りよせる

英語留学でさらなる一歩を踏み出そう!

英語力を上げたい!というシンプルな目的で英語留学を考えるのももちろんよいですが、「英語力を上げたことで自分がどうなりたいか」まで考えておくと、留学時の過ごし方がより明確に定まってきます。

自分の目的に合った英語留学先がわからない、どうやって準備をしていこう…とお悩みの方は、エージェントに相談してみるのもオススメです! 経験豊富なカウンセラーが、あなたの目的にぴったりの留学先や留学中のプランを一緒に考えてくれますよ♪

パンフレットは無料で何部でも取り寄せることができるので、気になった国やプログラムをぜひ比較・検討してみてくださいね!