利用者 70 万人突破!

(2024年6月23日更新)

閉じる

マルタ留学の最新情報!費用やビザ・おすすめの都市を徹底解説

マルタ留学の最新情報!費用やビザ・おすすめの都市を徹底解説

今回はマルタ留学の魅力・メリットをはじめ、費用や口コミ(体験談)、留学に失敗しないためのコツまで、マルタ留学の内容をまるっと解説します!
自由の国・マルタで刺激的な留学生活を送ってみましょう!

>>マルタのおすすめ語学学校はこちら

長谷川桃子さん
長谷川桃子さん
SUPERVISER ー この記事を監修した人 ー

スマ留 コンサルティングチームマネージャー。
マルタ共和国、アメリカ、フィリピンでの留学経験を経て、年間利用者数8,000人超の留学エージェント「スマ留」を運営する株式会社リアブロードに入社、入社以来7年にわたって留学カウンセラーとして留学生をサポート。現在はマネージャーとして、留学カウンセラーが在籍するコンサルティングチームを指揮する。

監修者の詳細はこちら:留学ならスマ留

マルタ留学にかかる費用

マルタ留学にはどのくらいの費用が必要なのか、気になっている方も多いことでしょう。 ここでは、マルタ留学の費用について1ヶ月・3ヶ月・半年・1年間の期間ごとの目安や、渡航費をはじめとする各項目に分けて紹介します。

マルタは他のヨーロッパ諸国よりも安く留学できる!

リゾート地として知られるマルタですが、実はほかのヨーロッパ諸国に比べて留学費用が安いという特徴があります。
学費だけでなく物価も低く、学校によっては長期割引を設定しているところもあるので、留学時期や期間を選べば格安留学を実現することも難しくありません!
近隣諸国へのアクセスもよいので、安くヨーロッパ巡りを楽しみたい方にもおすすめの留学先です。

マルタ留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
1ヶ月 30~75万円
3ヶ月 80~167万円
半年 155~329万円
1年間 267~477万円

マルタ留学の費用は、1ヶ月で30~75万円、1年間だと267~477万円くらいかかります。
これらの費用には、渡航費や学費、滞在費、食費、交通費などが含まれます。

もともと留学費用の安いマルタですが、滞在方法を寮にしたり語学学校の授業数を変更したりすることで、さらに費用を抑えることも可能です。 また、大学や大学院に正規留学をするのであれば、学費次第でもっとかかる場合もあります。

下記では渡航費・学費・滞在費・食費・アルバイト代に関する情報をまとめているので、マルタの留学費用について詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

マルタ留学の渡航費について

往復の渡航費
7~20万円

マルタへの渡航費は、往復で7~20万円が目安です。

日本からマルタへは直行便がなく、ヨーロッパの主要都市などを経由して入国することになります。 リゾート地としても人気があり、ゴールデンウィークや夏休みは航空チケット代が値上がりする傾向にあるため、費用を抑えたい方は夏の時期を避けるようにするとよいでしょう。

また、インターネットやアプリを使って、さまざまな航空会社の情報を比較することも大切。 航空会社によってはセールを開催している時期もあるので、ぜひ活用してみてくださいね。

マルタ留学の学費について

1ヶ月の学費
6~20万円

マルタ留学の学費は1ヶ月あたり6~20万円が目安です。

マルタの語学学校は閑散期と繁忙期によって学費が異なることが多く、夏と冬だと2週間で1~3万円ほど変動します。 学費だけでなく滞在費も高めになるので、留学時期に合わせて費用をチェックするようにしましょう。

また、大学・大学院の学費は学部や学位によって異なります。ほかの欧米圏より安めではありますが、行きたい学部があれば早めに情報収集するようにしてくださいね。

マルタ留学の学費を抑えるための方法としては、早期での申し込みや奨学金の利用が挙げられます。また、一部の語学学校では1ヶ月以上の長期間の留学を選択すると割引が適用される場合もあるので、事前にチェックしてみてください。

マルタ留学の滞在費について

1ヶ月の滞在費
10~20万円

マルタ留学の滞在費は、1ヶ月で10~20万円ほどが目安です。

マルタでの滞在方法は、ホームステイ・学生寮・アパート・ホテルといった方法がありますが、学費と同じく夏の時期は1ヶ月あたりの滞在費は高くなるところが多いです。

ホームステイは食事付きのものがありますが、食事の回数によって費用が変わるため注意が必要。 費用を抑えたい方はアパートや学生寮を選び、自炊中心の生活をするように心がけましょう。

マルタ留学の食費について

1ヶ月の食費
2~5万円

マルタでの食費は、1ヶ月あたり2~5万円が目安です。

ヨーロッパの中では比較的物価が低く食費を抑えられるので、格安でヨーロッパ留学を実現したい方にはおすすめの国と言えるでしょう。

【飲食料にかかる費用の比較表】

飲食品名 マルタ(バレッタ) 日本(東京) 違い
牛乳(1L) 159円(1.02ユーロ) 221円(1.41ユーロ) -28%
国産ビール(0.5L) 287円(1.83ユーロ) 296円(1.89ユーロ) -3.1%
ペットボトルの水(1.5L) 196円(1.25ユーロ) 132円(0.84ユーロ) +48.5%
りんご(1kg) 454円(2.90ユーロ) 735円(4.70ユーロ) -38.2%
トマト(1kg) 579円(3.70ユーロ) 701円(4.48ユーロ) -17.4%
じゃがいも(1kg) 301円(1.92ユーロ) 417円(2.66ユーロ) -27.8%
地元産のチーズ(1kg) 1,762円(11.25ユーロ) 2,378円(15.19ユーロ) -25.9%

※1ユーロ=約157円(2023年12月時点)として計算しています。

参考:NUMBEO

また、マルタは淡路島の半分ほどの面積しかない国ですが、その分交通費が少なく済むメリットがあります。 国内観光用のバスツアーもあるので、ほどよくリフレッシュしながら留学生活を楽しみたいですね!

マルタ留学が気になったら パンフレットを見てみたい!

マルタ留学の魅力・メリット

ヨーロッパ人たちが集まるマルタは、日本人にとってまさに穴場の留学先!

「地中海のヘソ」とも言われる小さな島国には、留学先としての魅力がたくさん詰まっています。
そんなマルタに留学する魅力やメリットを5つご紹介します!

ヨーロッパの留学生が多い環境で英語を学べる!
ヨーロッパのリゾート地としても人気のマルタは、イタリアやスペイン、フランス、ドイツをはじめとするヨーロッパの留学生が多いです。

ほかの留学先と比較してもヨーロッパの留学生が多く、比較的日本人の留学生が少ない環境で英語を学べます。

ただ、最近ではマルタ留学に注目が集まったことで日本人留学生は以前より増えているのも事実。また、6~8月のサマーシーズンといった留学生が多くなる時期には英語レベルによって日本人の多いクラスになってしまうケースもあるようなので、できるだけ日本人留学生が少ない環境が良いという場合には日本人の比率が少ない語学学校を選ぶなどの工夫をしてみると良いでしょう。
世界遺産やリゾート地に恵まれていて、ヨーロッパ各国へのアクセスも良好
マルタは古代からの歴史と豊かな文化を持つ国で、小さな島ながらバレッタ市街・巨石神殿群・ハル・サフリエニの地下墳墓の3つの世界遺産を有しています。また、歴史的な建造物や街並み、美しい地中海を満喫できるビーチなど、インスタ映えするスポットも満載です!

さらに、ヨーロッパ各国へのアクセスが良好なのもマルタ留学の魅力の一つ。
飛行機や船などを利用して気軽に、そして格安でヨーロッパ旅行が楽しめます。また、フランスやドイツ、イタリアなどシェンゲン協定に加盟している国であれば国境検査(出入国検査)がないので、国内旅行のような感覚でヨーロッパ各国に行けちゃうんです♪

勉強だけでなく、マルタ観光やアクティビティ、ヨーロッパ旅行まで満喫できるなんて最高ですね!
治安が良く、物価も安いので生活しやすい
マルタはヨーロッパのなかでも犯罪率が低く、治安が良いと言われています。観光地でのスリや置き引きなどには注意する必要はありますが、学生が安心して生活できる環境が整っていることが魅力です。

また、リゾート地として有名であるにも関わらず物価が低く、食材に恵まれている国でもあるので質の高いパンやチーズ、野菜、果物などがリーズナブルに手に入りやすいです。
自炊メインで考えているのであれば、留学中の費用もほかの欧米諸国ほどかかりません。
一年を通して過ごしやすい気候
マルタは地中海性気候で、一年を通して温暖で過ごしやすいです。学業に集中するだけでなく、レクリエーションやアウトドア活動を楽しむのにも適しています。

夏場は30℃を超えることもありますが、降水量も少ないためジメジメとした蒸し暑さを感じることはあまりないでしょう。冬は0℃を下回るような冷え込みはありませんが、それなりに寒くなるので防寒対策は必要です。
猫好きにはたまらない「猫の楽園」で癒されること間違いなし♪
マルタは人口の2倍の猫が住んでいるとも言われる、別名「猫の楽園」です。スリーマの海岸沿いに巨大な猫の像が建てられるなど、マルタ国内でも大切な存在として崇められています。

公園のベンチやカフェのテラスなど、いろんな場所でたくさんの猫と会うことができますよ。そんな癒しいっぱいの環境で海外生活が送れるなんて、猫好きにはたまらないですね♪

マルタ観光局のホームページでは猫に会えるスポットが紹介されているので、猫スポット巡りの際にはぜひチェックしてみてください。


このように、留学中は英語環境に身を置きたい、バカンス気分でゆったり楽しみたいなど、マルタはいろんな思いに答えてくれる留学先です。

マルタのリゾート地

マルタ留学の注意点やデメリット

マルタ留学には魅力やメリットだけでなく、注意点やデメリットがあることも知っておきましょう。 事前に知っておくことで、マルタ留学でやってしまいがちな失敗を避けることができます。

遊びの誘惑が多い
リゾート地のマルタには世界各国から観光客が集まり、とても活気に溢れています。

語学学校や滞在先の近くにビーチやレストランといった観光客が多く集まるような場所があることも珍しくなく、静かに勉強にだけ集中できる環境とは言い切れないのが現実です。

遊びの誘惑が多い環境であることを理解して、平日は勉強に集中して週末に遊ぶなど、メリハリのある計画を立てるように心がけましょう。
日本からの直行便がなく、アクセスが少し不便
日本からマルタへの直行便がなく、アクセスの面で少し不便を感じる点もマルタ留学のデメリットの一つ。

ローマやウィーン、フランクフルトなどヨーロッパの主要都市を経由してマルタに渡航する方法が一般的です。どの経由方法でも15~20時間くらいの長時間のフライトになるので、初めて海外に行く方や飛行機の乗り継ぎが苦手という方には負担が大きいかもしれません。

できるだけ乗り継ぎの少ない便を選ぶなどの工夫が必要になるでしょう。
滞在先や学校の選択肢が少なめ
マルタは国自体が小さいので、ほかの国と比較するとどうしても滞在先や学校の選択肢が少なくなってしまいます。

学校の場合、語学学校は30~40校ほどありますが正規留学できる大学はたったの2校と極端に選択肢が狭まってしまうのです。

特にハイシーズンには滞在先や学校の枠が埋まるスピードも早いので、注意が必要でしょう。
失敗しないマルタ留学を実現したいなら パンフレットを見てみたい!

マルタ留学の種類

マルタ留学と一言で言っても、いくつかの種類に分かれます。
期間によって短期留学・長期留学という種類に分けられることもありますが、こちらでは目的別に分けた主なマルタ留学の種類について紹介します。

  • 語学留学
  • 大学留学
  • ボランティア
  • インターンシップ

語学留学

マルタは、英語の語学留学先として非常に人気があります。その理由は英語が公用語であること、そして多くの語学学校が質の高い英語教育を提供しているからです。

マルタの語学留学の特徴としては、多国籍の学生たちが多い環境で英語が学べること。英語力を効率的に向上させるだけでなく、異文化理解を深める機会にもなります。

語学学校は、自分の学習目標や予算、そして学校の評判や提供するコースの種類などから選ぶことが大事です。通う語学学校にもよりますが、1ヶ月あたりの学費は10万円以内に収まることがほとんど。

マルタでの語学留学は、英語力を効率的に向上させたい人、新たな文化を体験したい人、そして英語を使った国際交流に興味がある人におすすめですよ♪

マルタの語学留学の詳細はこちら

大学留学

マルタには、大学留学も一つの選択肢としてあります。

マルタで正規留学できる大学は、以下の2校です。

  • マルタ大学
  • マルタ芸術科学技術大学

語学学校と比べると選択肢が少ないですが、幅広い学部・学科がありどちらもレベルの高い教育を受けることができます。また、国際色が豊かであることも大きな特徴です。自分の専門分野を深く学びながら、英語力を向上させる環境が整っていると言えるでしょう。

日本の教育制度とは違い、マルタでは就学年数が13年ないと大学に進学することはできません。そのため、高校卒業後すぐにマルタの大学に正規留学することはできず、1年間のファウンデーションコースを受講して大学の授業レベルについていける英語力や学習スキルを身につける必要があります。

すぐにでもマルタ留学がしたいという場合には、語学留学やそのほかの留学方法を検討してみてください。

大学留学の詳細はこちら

ボランティア

マルタでは、さまざまなボランティア活動に参加することが可能です。地元のコミュニティと深く関わりながら、自己成長やスキルアップを図る機会を得られます。

マルタのボランティア活動の例としては、

  • チャリティショップでのお手伝い
  • チャイルドケアセンターでのお手伝い
  • 動物保護センターでのお手伝い
  • 日本語教師のアシスタント
  • 病院などでの折り紙ボランティア

など、社会福祉や教育といった幅広い分野での活動が挙げられます。

語学留学とセットになった留学プランとして提供されていることが多いですが、各ボランティア団体のWebサイトや情報センターで直接確認して応募することも可能です。

マルタでボランティアを通して新しい経験を積みたい人、地元のコミュニティと深く関わりたい人、そして自己成長やスキルアップを目指している人におすすめですよ!

海外ボランティアの詳細はこちら

インターンシップ

マルタでは、多くの企業や組織がインターンシップの機会を提供しています。実際の職場での経験を積むことができ、これからのキャリア形成に役立つこと間違いなしです!

マルタのインターンシップは、多様な業界でのインターンシップが可能なこと!

  • 観光・レジャー
  • レストラン
  • IT
  • コンピューター・インターネット
  • 介護
  • 教育
  • 輸出入
  • 不動産
  • ファッション
  • エンターテインメント など

このような業界で実際に働けるだけでなく、英語を使った職場でのコミュニケーションスキルも磨くことができます。

マルタのインターンシップでは、プログラムや滞在にかかる費用を含めて1ヶ月あたり20~40万円必要です。なかには語学学校の学費が含まれているケースもあるので、内訳をしっかり確認しておくと安心でしょう。

マルタのインターンシップの詳細はこちら

マルタで高校留学やワーキングホリデー(ワーホリ)はできる?

なかには、マルタ留学がしたい高校生やマルタでワーキングホリデーをしてみたいという人もいらっしゃるでしょう。

マルタで正規留学できる高校の情報があまりなく、語学留学でマルタに行く高校生が多いようです。夏休みなどの長期休暇を利用して英語や異文化を学ぶ短期から、1年以上の長期まで期間も選ぶことができます。

また、現在のところ(2023年12月時点)、マルタと日本の間でワーキングホリデー協定は結ばれていないので、マルタでワーキングホリデーをすることはできません。

ですが、マルタでは学生ビザを取得することで、一定の条件下で働くことが可能です。
マルタで英語を学びながら働いてみたいという方は、学生ビザの取得を検討してみてくださいね♪

マルタ留学の種類を全部知りたいなら パンフレットを見てみたい!

マルタで人気の目的ランキング

ヨーロッパ圏を中心に留学生から密かに人気を集めるマルタ。
地中海を臨む美しい町で、バカンス気分の留学ができますが、そんな魅力的なマルタでは、どのような留学スタイルが人気なのでしょう?

人気の目的をもっと見る

マルタ留学は学生ビザでアルバイトはできる?

 1週間あたり192ユーロ(約3万円)

マルタでは、条件を満たせば学生ビザでもアルバイトができます。

働けるのは週に20時間までと制限がありますが、週に1万円程度の収入になるでしょう。

また、マルタでアルバイトができるのは留学して3ヶ月経過してからとなります。 就労許可を得るのはいくつかの手続きを行う必要があるので、現地に詳しいエージェントなどに相談しながら進めていくことをおすすめします。

マルタ留学費用について詳しく見る

長谷川桃子さん 監修者コメント

面積が東京23区と同じくらいの小さな島なので、職を見つけるのは少し大変です。
かつ最低賃金が800円前後なので、生活費用をまるまる稼ぐのは厳しいでしょう。

マルタの街風景

マルタ留学の費用節約術

こちらでは、マルタ留学をさらにお得にする節約術をご紹介します!
どれも基本的なものではありますが、留学費用を安く抑えたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

節約のコツ① 節約できるポイントは食費!
1日3食しっかり食べていると、1ヶ月あたりの生活費のなかで食費は大きく割合をしめます。
マルタは、ヨーロッパ圏の国などからの輸入食品が多いため、食品選びの段階で食費の差が出やすいのが特徴です。

お買物をするときには、地元でつくられたものを多く取り扱うお店に行くといいかもしれませんね♪
また、パンやパスタなど多く消費する食材は、セールになったものを購入したり、大量買いして費用を抑えたりするのがおすすめですよ!

節約のコツ② 無料SIMをゲットしよう!
長期滞在する留学生は無料SIMに切り替える方が多いのですが、実は無料でSIMを配布している語学学校もあるんです!

絶対とは言い切れませんが、ほとんどの語学学校で行われているようなので事前に日本で確認していくこともポイントですね!

節約のコツ③ 通学はバスを利用しよう!
交通手段にはバスを利用しましょう!

バスのチケットにはさまざまな種類があり、長期滞在の方には7日間、12日間分のチケットや定期券がお得なお値段で販売されております。

マルタ留学が気になったら パンフレットを見てみたい!

マルタ留学におすすめな都市

大人なリゾートなら、聖ヨハネ騎士団の首都バレッタやカジノが楽しめるセントジュリアン。
ゆったり過ごすならコゾ島など、魅力的な都市がたくさん!
小さい国なので、留学中にすべての都市を周ってみるのもおすすめです。

マルタ留学におすすめな都市の地図

マルタ留学の基本情報

項目 詳細
首都 バレッタ
公用語 英語/マルタ語
人口 約51万人(2021年)
通貨 ユーロ(€)

1年中、温暖な気候で過ごしやすいマルタですが乾季と雨季の2つに分かれています。
乾季は平均気温が30度、雨季では1~2月では最低気温が20度を下回ることもありますが紫外線も強いので日焼け止め対策は常に意識することをおすすめします。

こちらでは、マルタの基本情報をご紹介しますので、マルタの治安や国民性などについて知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください。

マルタと日本の時差
日本との時差は8時間で、日本時間から-8時間した時間がマルタ時間です。
例えば、日本がお昼の12時のとき、マルタでは早朝の4時となります。

また、マルタでは「Daylight Saving Time(サマータイム)」を導入しているので、該当の期間内は時差が7時間に変わります。

マルタの気候・気温について
マルタは温暖な地中海気候で夏は30℃超えの暑い日が続きますが、湿度が低く過ごしやすいです。
冬も日本に比べると温暖な方ですが、風が強く体感温度は低く感じられます。

例えて言うなら、夏は湿気の少ない沖縄のようなもの、冬は東京より少し暖かいといったところでしょうか。
雨季は10月~2月中頃までありますが、毎日降るわけではなく、1日に1~2時間降る程度です。

そんなマルタのベストシーズンは4月~9月。
雨も少なくカラッとしていて、1年の内でも過ごしやすい時期です。
マルタの綺麗な海でマリンアクティビティを満喫できるこの時期は、短期留学の時期としても人気の期間となっているんですよ♪

マルタの治安について
マルタは周辺のヨーロッパの国に比べると、治安は極めて良いので留学先としては安心です。

日本と同じように銃の所持が禁止されており、例えば夜に外食をしてそのまま宿泊先まで歩いて帰ることもできるほどです。
気軽に街を散策もできますよ♪

しかし、安全といえどもやはり日本ほどではないということを肝に命じておきましょう。
有名な観光地ということもあって、観光客を狙うスリなどはやはり当たり前にいます。

現在の外務省の治安情報によると危険な地域はありませんが、常に最新の情報を確認することが大切です。
観光や留学目的で多くの国の人が集まっているので、バーやカジノ、クラブといった所では行き過ぎた行動に気をつけましょう!

マルタ人にはどんな人が多いの?
マルタは地理的にイタリアに近いです。
そのため、陽気なイタリア人の要素が感じられますが、さらにイギリス植民地だった歴史が長く、真面目なイギリス人の要素も入っていると言われています。

そんなマルタ人は「人間関係を大事にする」「明るく親切」な国民性です。
人懐っこい人が多いので、街中を歩いているだけで声をかけられることもあります。

もう少し詳しく分けると、小さなマルタの中でもマルタ島とゴゾ島ではまた少し国民性が違っています。
どちらかというとゴゾ島の人の方がおとなしめです。

また、マルタは小さな島ですが観光産業が盛んで、観光客や留学生が多く集まる場所です。
観光客や留学生への対応は慣れているので、会話で聞きづらい時でも遠慮せずに聞き直してみてくださいね。

マルタ留学を失敗させないためのコツ

せっかくマルタに留学しても、帰国してから「意味がなかった…」と感じてしまうのはもったいないです! そこでこちらでは、マルタ留学をさらに充実したものにするためのコツをご紹介します。
「やってよかった!」と思える日々を過ごすためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

滞在場所をよく調べる
マルタは、大きく3つの都市から留学をする場所を選定します。

場所によって学校の価格、家賃に変動があります。コストが比較的高めなのは「セントジュリアン」。観光地ならではの高級ホテルが並ぶためです。
バレッタ周辺は比較的安いです。各地域によって良さが異なるため、費用と一緒に街の雰囲気を調べて決めることが大切です!

観光地をうまく利用する!
マルタは、綺麗な地中海で有名なためヨーロッパ圏の中でも人気な観光地となります。

留学するために行ったのに遊びすぎちゃった...ではなく、観光地だからこそ世界から集まる国の方と話すきっかけを作ったりすることができる環境として利用しましょう♪
日本人も比較的少ないため、勇気をもってたくさんの人と話せるチャンスです!

勉強するためにも、健康第一!
マルタでは、正式名称ではないですが「マルタ風邪」というものがあります。
乾燥や埃、塵が多いことが原因と言われていますが症状も重く、回復までにも時間がかかり留学どころではなくなってしまいます!

海に入ったあともしっかり髪を乾かしたり、部屋の換気を行うなど清潔に保ち健康第一に過ごしましょう!

また、より充実したマルタ留学を実現させたいなら、実際にマルタ留学を経験した方の体験談をチェックしてみるのもおすすめですよ♪

マルタ留学が気になったら パンフレットを見てみたい!

マルタ留学で必要なビザについて

ビザ名称 概要
ビザなし 3ヶ月(90日)以内の滞在であれば、事前のビザ申請は不要
学生ビザ(長期滞在/D-ビザ) 3ヶ月以上滞在する際は、入国後にバレッタにある移民局で申請をする

日本国民はマルタ留学の期間が90日以内であれば、事前にビザを申請する必要がありません
入国時にパスポートの残存有効期間が90日間以上あれば、復路の航空券と入国カードを提示することでそのまま滞在することができます。

また、留学や就労などで滞在期間が90日を超える場合には、入国してからマルタ国内で滞在許可を申請します。
語学留学であれば入学許可証のコピーや滞在計画書などが必要なので、早めに用意しておくと安心です。

申請書や必要な書類などに関する情報は、ビザ申請の手続きを行うCentral visa unit(ビザセンター)のホームページに詳しく載っているので、こちらも合わせて確認しておきましょう。

長谷川桃子さん 監修者コメント

13~15週間は学生ビザが下りにくい傾向があるので、3ヶ月を超える場合は16週間以上の留学がおすすめです。
詳しくはカウンセラーにお尋ねいただくのが確実です。
ビザに関する疑問・不安も解消したいなら パンフレットを見てみたい!

マルタ留学の準備

留学先としてまだまだ知られていないマルタは、日本人の留学生も留学人気国に比べてかなり少ないです。
こちらでは、そんなマルタ留学の保険事情についてまとめているので、これからマルタ留学を計画する際の参考にしてくださいね。

マルタ留学保険の準備

マルタに滞在許可を申請する際には、滞在期間をカバーする海外旅行保険の証明書類が必要です。

3ヶ月以内の滞在の場合は必須ではありませんが、留学期間中に何が起きても大丈夫なように保険に加入しておくと安心です。

また、クレジットカード付帯の海外保険などが利用できることもあるので、クレジットカードをお持ちの方は条件等を確認しておくとよいでしょう。
マルタの病院は風邪程度であればカナダやアメリカのように費用が高すぎるということはありません。
貴重な留学期間を体調万全で臨めるように、しっかり準備していきたいですね!

海外保険についてもっと詳しく

マルタ留学の準備をスムーズに進めるなら パンフレットを見てみたい!

マルタに関するよくある質問

マルタ留学中にアルバイトはできる?

2018年4月から、マルタでもアルバイトをすることが可能になりました。90日以上の学生ビザを所有&マルタ入国後90日を超えてからなど条件はありますが、学校で勉強しながらも現地で働けるとよい経験になりそうですね!

マルタでは訛りはある?

主要言語が英語、マルタ語ですがイタリア語も習得している方が多いです。イントネーションの強弱が独特に聞こえるかもしれませんが、語学学校の先生は訛りの心配がないので英語の学習するのに問題はありませんよ。

マルタ留学中の滞在先はどんなところがある?

マルタで留学する際、「ホームステイ」「学生寮」「ルームシェア」などが挙げられます。ほかの国と少し違うポイントは1軒のホームステイに自分以外に2~3人している人がいるという点です。ホームステイをしながらルームシェアも味わえるといったお得なポイントですね!

マルタ留学で英語以外の言語習得はできる?

はい、現在は英語とマルタ語が公用語として使われています。マルタは昔イギリスから独立するまでイタリア語が公用語として使われていたので、この3つの言語をよく耳にすることになるでしょう。テレビ番組などを通してイタリア語を聞けるので、学校で英語を学び、学校外でイタリア語の勉強ができる環境もありますよ!

マルタの食生活はどんな感じ?

マルタは地中海に沿った島国なので、魚料理がとってもおいしいです!外食は高すぎるという方には、格安で食べれるパンも種類豊富でおすすめです。お肉料理で有名なのはうさぎ料理です。なかなか日本では食べなれない食事を味わえるのもよい経験になりますね。また、 日本料理の食材などは買うことはできますが、島国なので輸入される商品は比較的高めです。

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!

マルタの留学プログラム

プログラムをもっと見る

マルタ留学の体験談

No image

2023.08.29

【体験談】マルタへ語学留学!私の感じたメリット・デメリットなどをご紹介します♪

No image

2020.06.12

【体験談】マルタで格安留学を実現!音大卒業後に留学を決意した理由とは?

No image

2019.07.18

【体験談】10代で留学したいなら、費用が抑えられるマルタがオススメ!

体験談をもっと見る

マルタ留学の新着記事

No image

2023.09.14

マルタのおすすめ語学学校22校!人気都市から選ぼう

No image

2018.09.12

マルタのワーキングホリデー制度開始に向けた協議が進行中!【ワーホリ協定国ニュース】

No image

2018.08.23

学生時代から念願の夢だった語学留学をマルタで実現♡ブロガー・okayodonさんに直撃インタビュー

記事をもっと見る

国から留学先を探す

ヨーロッパ

すべての国を見る