利用者 40 万人突破!

(2018年12月12日更新)

長期留学

2018.08.31

留学くらべ〜る編集部

「今学んでいることにもっと本格的に取り組みたい」「現地での仕事にも挑戦してみたい」そんな方には長期留学がオススメです。
滞在期間が長い分費用はかかりますが、現地でアルバイトしたり、奨学金制度を活用したりなど、費用を抑える方法もたくさんあります。
海外に長期滞在した経験は、費用以上に得られるものがあるはずなので、ぜひ長期留学についての情報をチェックしてみてくださいね♪

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

長期留学の種類と選ぶポイント

滞在期間が長い分、長期留学で挑戦できることはたくさんあります!
語学や学問、趣味などにじっくり取り組む他、就労可能なビザを取得することもできます♪

種類 ポイント
語学留学 期間をたっぷり使って語学力アップを目指す!
他の目的と組み合わせたスケジュールも立てることができますよ♪
高校留学 海外の高校で、現地生徒とスクールライフを送る!
語学力はもちろん、人間的にも大きな成長ができる体験が待っています♪
大学留学 海外の大学で、より学びを深める留学をしてみては?
語学や専門分野の研究、国際交流など大学でできることは幅広いです!
ワーキングホリデー 海外に1年間の長期滞在ができるワーキングホリデービザ!
語学学校や就労、観光など、できることの自由度が高い点も魅力です!
習い事・おけいこ 趣味や興味のあることを、習い事・おけいこ留学で極めてみよう!
語学とあわせて習得することもできますよ♪
資格取得 長期間を利用して資格取得にチャレンジ!
専門学校に通う、長期のプログラムに参加するなども可能です♪

年代別おすすめ長期留学

海外にじっくり滞在できる長期留学は、チャレンジできることが数多くあります。
こちらには年代ごとにおすすめの目的をご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

高校生におすすめな長期留学の種類

1年以上の期間であれば、海外の高校に正規留学をし、現地生徒と一緒に学ぶこともできます。
語学力はもちろん、長期の海外生活を経て自立心やコミュニケーション力、国際感覚などをじっくり養うこともできるでしょう。

大学生におすすめな長期留学の種類

大学生では、休学・認定留学の制度を利用し、海外の大学で長期的に勉強することができます。
また、ワーキングホリデーでじっくり海外経験を積んでみるのもオススメ!
いろんな目的に挑戦できるのは、まとまった時間を活用できる大学生ならではです♪

社会人におすすめな長期留学の種類

社会人であれば、長期留学をするためには休職や退職を考える必要があります。
ですが、長期で語学留学や資格取得、大学院留学を志すことは、スキルアップや新しい道につながります!
30歳までであれば、ワーキングホリデーに挑戦するチャンスもありますよ♪

長期留学 期間別おすすめポイント

長期留学は期間が長い分、友達をたくさん作ったり、アルバイトをしたりと楽しい思い出が作れるのも魅力!
こちらでは、半年間と1年間以上に分けて、おすすめポイントをご紹介します。
長期留学はほとんどの国でビザの取得が必要ですが、時間をかけるだけのかけがえのない経験になること間違いなしですよ♪

半年間の長期留学

「1年間はちょっと長すぎるけど、ある程度しっかりと留学したい」という方におすすめなのが、半年間の留学。

特に初めての海外だと、勉強に観光、友人付き合い…としていると、意外にあっという間かも!

始めは難しい言葉も、滞在しているうちにどんどん耳が慣れていきます。
短期留学よりも、さらに現地の人と同じように生活していくため、得られる経験や学びも増えていきますよ♪

こんな方におすすめ!

  • 語学力アップを目指したい
  • 本格的な海外生活を送ってみたい
  • 語学習得も観光もしっかり両立させたい

1年間以上の長期留学

がっつり留学を経験したい、明確な目標がある、という方は、1年以上の長期留学がおすすめです!
1年以上の長期留学では、海外の大学や専門学校に進学したり、時間をかけて語学を学んだり、とさまざまなことに挑戦できます。

1年も経つ頃には、現地での生活にもすっかり慣れ、語学力もかなり身についているはず!
交友関係も広がり、また長い留学生活は大きな自信にも繋がりますよ。

こんな方におすすめ!

  • 語学をしっかり習得したい
  • 集中して学びたいことがある、ディプロマなどの取得を目指したい
  • 将来のキャリアアップに活かしたい

長期留学の注意点

目的とずれた留学生活にならないように!

留学期間が長期になると、海外生活に慣れていろいろなことが楽しくなってくるでしょう。
「自分は何のために留学しているの?」と定期的に振り返り、目的意識を忘れないことが大切です!
長い期間をしっかり活用して、実りある長期留学生活を送っていきたいですね♪

ホームシックになってしまったら?

長期滞在の不安から、留学初期にはホームシックになる方もいるかもしれません。
ホームシックの解消には、気持ちの切り替えが一番!
外に出て友達や人と話す機会をつくったり、趣味などで気分転換をしたり…。
症状によっては、無理をせずにカウンセラーやエージェントに相談することも検討してくださいね。

日々の安全意識もしっかり持とう!

長期の滞在になると、現地の生活に慣れて気持ちが緩みがちになるかもしれません。
ですが、治安情報のこまめなチェックや、安全のためのルールや行動はしっかり守りましょう!
留学生活を最後まで安全・安心に過ごすためにも、自衛の意識を常にもっておくことが大切です。

長期留学のスケジュール

長期留学中のスケジュールは、留学生によってさまざま!
こちらでは、アメリカの大学に進学した場合の、1年間のスケジュール例をご紹介します。
長期留学は、滞在する国ならではのいろいろなイベントを楽しめるのも魅力の1つですよ♪

長期留学のスケジュール

長期留学の費用

長期留学にはまとまった費用が必要ですが、国によって金額には差が出てきます。
こちらでは、主要英語圏の国で、半年と1年に分けて留学に必要な費用の目安をご紹介します!

国名 半年 1年
アメリカ 120~200万円 250~500万円
カナダ 110~150万円 180~300万円
オーストラリア 140~200万円 180~400万円
ニュージーランド 100~180万円 250~350万円
イギリス 250~350万円 250~500万円
ハワイ 120~300万円 250~500万円

表に含まれる費用:学費・居住費・生活費・渡航費
含まれていない費用:海外留学保険費・ビザ申請費・交際費・交通費・おこづかい・空港出迎え費など

留学費用について詳しく見る

格安で長期留学できる国(英語圏)

長期滞在であれば、よりトータルの費用を抑えて留学したいですよね。
英語圏に留学したいけれど、アメリカやイギリスは費用がかかる…とお悩みの方は、同じ英語圏でもより費用を抑えて滞在できる国をこちらでチェックしてみましょう!

1位:フィリピン

フィリピン

物価が安く、授業料も比較的抑えられているフィリピン。
世界的にも英語の話者数が多く、さらにマンツーマンレッスンの授業でが主流なので、英語力をより集中的に磨けます!

2位:フィジー

フィジー

フィジーは、幼少期からの英語教育が浸透している国!
留学費用は、欧米よりも2分の1から3分の1程度にまで抑えられます♪
プログラムは授業料と滞在費がセットになっているものも多いですよ。

3位:ニュージーランド

ニュージーランド

英語圏の中でも比較的留学費用が安いニュージーランド。
オーストラリアやカナダと同様、治安の良さや雄大な自然が魅力で、滞在中には季節ごとに多彩なアクティビティも楽しめちゃいます♪

ヨーロッパ圏に格安で長期留学

ヨーロッパの長期留学にかかる費用は、国や滞在都市ごとに大きく異なります。
1年間の留学費用の目安は200~400万円ほどですが、英語圏ではマルタ、非英語圏ではドイツやポルトガル、ポーランドなどは費用が抑えられる傾向にあります。

また、高等教育機関の学費が無料の国や奨学金制度が充実している国もあるので、目的によっては安い費用で留学することもできますよ♪

長期留学の費用節約術

長期留学では、滞在費や生活費、また語学学校や大学などに通う場合は学費の占める割合が大きいです。
滞在費であればルームシェアをしてみたり、生活費は自炊中心の食事にしてみたりといった工夫をしてみましょう!

また、ワーキングホリデーや大学留学であれば、アルバイトをしたり奨学金制度を利用したりして費用を抑えることもできますよ♪

長期留学に関するよくある質問

長期留学で必要なビザは?また、申請方法は?

国や留学の目的によって異なりますが、学生ビザや就労ビザ、ワーキングホリデービザなどが必要です。 留学期間で取得すべきビザの種類が分けられている国もあるので、各国のビザの条件をしっかり確認するようにしましょう。 申請方法にはオンラインでの受付や大使館での面接など、さまざまなパターンがあります。

長期留学の準備はいつから始めれば良いですか?

留学の目的にもよりますが、語学の勉強なども含めると1年以上前から準備を始めておくと安心です。 留学先の学校からの入学許可証やビザ、航空券の手配など、長期留学のためにすべきことは数多くあります。 いつまでに終わらせるべきかスケジュールを組み、一つひとつ丁寧に準備していきましょう!

長期留学に必要な英語力(語学力)はどのくらいですか?

語学力アップを目的とした長期留学の場合は、初心者レベルの語学力でも問題ありません。 ですが、大学や高校への進学が目的であれば、各学校の条件を満たす語学力が必要です。 国によっては留学生のための語学コースを開いているところもあるので、まずはエージェントやカウンセラーに相談してみましょう。

長期留学でアルバイトはできますか?

国やビザによって異なります。 例えばワーキングホリデービザであれば就労が広く認められていますが、学生ビザであればキャンパス内の仕事のみで週に20時間以内といったように条件が細かく定められている場合がほとんどです。 不法就労にならないよう、ビザの条件はしっかり確認するようにしてくださいね。

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

長期留学の効果

半年以上の滞在であれば、留学の効果を実感できる機会がたくさん出てきます!
具体的にはどのくらい成長できるんだろう…という方は、以下の図を参考にしてくださいね。
あくまでも目安ではありますが、留学後の自分の姿をイメージしやすくなるかもしれません♪

長期留学の効果

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

長期留学を活用して、夢や目標へステップアップ!

いかがでしたか?

語学はもちろん、高校や大学に通ったり、専門スキルの習得に励んだりできるのは長期留学ならでは!
留学生活の合間には、観光や旅行を楽しむこともできちゃいますよ♪

せっかく長い時間を使って留学するのなら、「留学してよかった!」と思えるような経験をしたいですよね。

長期留学はスケジュールの組み方や予算など、悩むことも多いかもしれません。
「長期留学をしたいけど、何から始めればいいか分からない」という方は、留学エージェントへ資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

留学を熟知したスタッフが、あなたの長期留学実現に向けてさまざまなサポートをしてくれますよ!
長期留学はプログラムも多いので、ぜひいろいろな内容を比べて希望にあったものを見つけてくださいね。

長期留学の体験談

no image

【体験談】海外に憧れるダンサー必見!ダンス留学成功の秘訣とは

2018.10.18

体験談

カナダ

語学留学

ワーキングホリデー

バレエ&ダンス

20代

長期留学

no image

【体験談】このまま就職しても大丈夫?アメリカで本気のインターン経験

2018.09.21

体験談

フィリピン

北アメリカ

アメリカ

語学留学

インターンシップ

長期留学

1年間

20代

no image

【体験談】欲張り3か国留学!自分らしい勉強スタイルで大成功!

2018.09.06

体験談

フィリピン

オセアニア

オーストラリア

アメリカ

語学留学

長期留学

1年間

長期留学の最新情報

no image

留学・ワーホリ先でも大活躍!スナップチャットの使い方3選

2018.10.18

語学留学

短期留学

長期留学

おすすめアプリ/ツール

ワーキングホリデー

no image

ワーホリや長期留学する上で忘れがちな税金の支払いについて

2018.09.25

費用

ワーキングホリデー

準備

長期留学

no image

カナダ留学の保険事情~少しでも心配事をなくすために~

2018.09.13

北アメリカ

カナダ

ワーキングホリデー

保険

長期留学

英語圏

トラブル

長期留学で人気の国ランキング

長期留学を検討中の方におすすめの留学目的

長期