アメリカ長期留学 アメリカ 長期留学

アメリカの長期留学で、夢や目標を叶えよう!

世界的にも人気の留学先・アメリカには、短期間では味わいきれない刺激や魅力がたっぷり!
こちらでは、アメリカ長期留学の特徴や必要な費用などの情報をお届けします。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

アメリカの長期留学の特徴

アメリカの長期留学は、語学留学や高校留学、大学留学などなど、さまざまな留学スタイルから選択できるのが特徴です。

その中でも一番気軽にチャレンジできるのが、語学留学。
留学期間が長ければ長いほど英語に慣れることができるので、「本気で英語を習得したい!」という方にぴったりです。
英語力を高めて、そのままアメリカの大学に入学…なんてことも夢ではありません!

アメリカの長期留学では、キャリアアップや資格取得など、社会人向けの留学スタイルもオススメ。
アメリカでは高度な技術や知識を幅広く学ぶことができるので、自分の可能性を広げる貴重な経験になること間違いなしです!

また、アメリカには世界各国からたくさんの留学生が集まってきます。
長期留学ならより多くの出会いのチャンスがあるので、アメリカ以外の異文化交流もじっくり楽しめそうですね。

いろんなことにチャレンジしやすい長期留学ですが、欲張り過ぎると何もかも中途半場になりかねないので、目的や目標はしっかり決めておくことが大事ですよ♪

ALT

アメリカで長期留学ができるおすすめプログラム

アメリカの長期留学でできることはたくさん!
大学留学も、習い事・おけいこ留学も、長期ならアメリカにじっくり浸かりながらチャレンジできますよ♪
プログラムもいろいろなものがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

アメリカの長期留学に必要な費用について

アメリカの長期留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
半年 120~300万円
1年間 250~500万円

アメリカの長期留学で必要な費用は、半年でおよそ120~300万円1年間でおよそ250~500万円です。 上記費用には、渡航費、語学学校などの受講料、滞在費、生活費が含まれています。

アメリカ長期留学という大枠の中でも、語学留学なのか大学留学なのか、半年なのか年単位なのかでかかる費用は大きく変わります。

また、滞在先を田舎にするか都会にするか、あるいは滞在方法はホームステイかシェアハウス、一人暮らしか…と考えても、やはり費用は人によってさまざま。

納得のできる留学を実現させるためには、アメリカへ行く目的と予算をじっくり検討して、自身の希望と照らし合わせながら留学プランを立てていくといいでしょう。

アメリカに長期で語学留学をする場合に必要な費用

留学目的としてもメジャーな、語学留学。
目的問わず留学先として人気の高いアメリカですが、もちろん、語学学校もたくさんあります。

学校によっても費用に差は出てきますが、24週間で80~100万円48週間で150~200万円をひとつの目安として考えてみてください。

語学学校の中にも、ビギナー向けの英語コース、ビジネス英語コース、試験や進学目的が対象の英語コース…など、受講コースの種類が分かれています。
また、1週あたりのレッスン数なども異なるので、組み合わせによってさまざまな受講スタイルが可能。

留学者の多いアメリカでは、語学学校も多く、受講内容も幅広い層の留学者に向けていろいろなコースがあります。
アメリカ留学でしっかりと語学力を身につけたい!という場合は、ぜひたくさんの語学学校の情報を比較して、自分に合う学校を見つけてくださいね。

アメリカに長期で大学留学をする場合に必要な費用

世界的にも有名な大学が多く存在するアメリカ。
学校の数も、学べる分野も多岐にわたります。

アメリカの大学へ長期的に通う場合、私立大学にするか公・州立大学にするかで授業料が大きく異なってきます。

大学の多くは学生寮を設けているため、大学にかかる費用は「授業料+寮費+食費」の総合と考えるといいでしょう。
寮以外の方法で滞在する場合は、アパートなどを借りるかホームステイをするか、といった方法になります。

学校によっても差はありますが、目安としては公・州立大学だと1年間で200~400万円私立大学では1年間で250~500万円ほどです。

公・州立の大学を考える際に注意すべきこととして、地元の州の学生か州外の学生かで、授業料が変わってくるということです。
大学の費用を詳しく調べるときには、気をつけてチェックしてくださいね。

アメリカに長期で習い事・おけいこ留学をする場合に必要な費用

語学や大学進学以外にも、ダンスや音楽、メイクなどの専門的なジャンルを学ぶために留学を希望する方もいるでしょう。

特に、さまざまな種類のダンスの発祥地でもあるアメリカでは、ダンス留学のプログラムが多く扱われています。
費用の一例としては、半年でおよそ80~150万円1年間でおよそ100~280万円です。

他にも、メイクを専門的に学ぶこともできます。
たとえば、ニューヨークにあるMake-up Designoryというメイクを専門的に学ぶ学校には、24週間でおよそ270万円のプログラムがあります。

長期間ならば、本格的に自分の専門技術をアップさせることができます。
ダンスやメイク以外にもさまざまなジャンルの習い事・おけいこ留学があるので、いろいろ調べてみると留学の可能性がさらに広がりそうですね!

オーペアプログラムなら格安でアメリカに長期留学できる!

できるだけ安い費用でアメリカに長期滞在したいという方は、オーペアプログラムに参加するという方法もあります。

オーペアであれば留学費用が1年間で約30~100万円程度と安く済むだけでなく、ホストファミリーの子どもの世話をすることでお小遣いも支給されるんです!
しかも、語学学校の学費補助や有給休暇など、さまざまな特典があります。

参加年齢などの条件はありますが、気になる方はぜひチェックしてくださいね♪

アメリカの長期留学で滞在する都市について

滞在が長期になればなるほど、滞在費や生活費の負担も大きくなりますよね。
大学の寮で過ごす場合はまた違ってきますが、アメリカでは滞在先によって家賃の相場が大きく変わってきます。

一般的には、ニューヨークやワシントンDCといった大都市は、家賃相場も高い傾向にあります。
同じニューヨークの中でも地域によって差がありますが、基本的にニューヨークの場合、1か月の家賃は10万円を目安に考えた方がいいでしょう。

都市部にこだわらなければ、郊外へ目を向けることをおすすめします。
場所によっては、日本とあまり変わらないほどの家賃で生活できるアパートもありますよ。

アメリカの家賃は、年によって州ごとの相場が上がったり下がったりと変動します。
特に長期にわたって滞在する場合は、家賃についてしっかりと確認しておくのも大切ですね。

ALT

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

アメリカの長期留学に関するその他詳しい情報

留学が長期間になると、お金の心配もあり「バイトはできるのかな…?」などの疑問も出てきますよね。
アメリカの長期留学で気になることは、こちらでチェックしていきましょう。

アメリカの長期留学に必要なビザについて

アメリカに長期で留学する場合、必ず何らかの種類のビザを取得する必要があります。

大学や語学学校などに長期的に通う場合は、F-1ビザを取得しなければなりません。
また、同じ学生であっても、語学学校や公共教育機関以外の専門学校に通うときは、M-1ビザを取得することになります。

インターンシップなどの研修や就労が目的ならば、就労ビザが必要になります。
就労ビザについては、種類が細かく分かれているので、自分の目的にあったビザをしっかりと確認しておきましょう。

ビザについての詳細は、在日米国大使館のサイト(こちら)をチェックしてくださいね。

アメリカの長期留学でアルバイトはできるの?

アメリカに学生ビザを取得して渡航した場合、基本的にアルバイトなどで働くことはできません。

学生ビザでのアルバイトが認められているのは、大学留学をする学生のみで、週に20時間以内、学生キャンパス内での仕事と決められています。

ビザを取得して働きたいという場合、J-1ビザを取得するという方法があります。
J-1ビザを取得すると、有給インターンシップとしてお給料をもらいながら働くことができます。

アメリカとはワーキングホリデー制度が結ばれていないので、なかなかお金を稼ぎながら留学生活を送ることは難しいところもあります。
留学を計画する際は、予算をしっかりと考えながら決めていきましょう!

魅力満載!アメリカの長期留学でしかできないことにチャレンジしよう

いかがでしたか?

長期留学だからこそできることが、アメリカにはたくさんあります。
州ごとの地域の雰囲気を味わうのも、「人種のるつぼ」とも言われる多国籍社会の中で深い異文化交流を図るのも、時間があるからこそチャレンジできること!

もちろん、語学などの学びに力を注ぐこともOK!
せっかく長期で行くのなら、いろいろな体験に思いっきりチャレンジしてみることをオススメします♪

アメリカの長期留学が気になる方は、無料のパンフレット請求をしてみてはいかがですか。
プログラムも盛りだくさんなので、いろんな資料を比べてみてくださいね。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】