留学くらべ〜る編集部 2016.08.09

Webマンガ「初海外を女ひとり旅してみたら」第2弾!語学学校初日にあわあわした話

Webマンガ「初海外を女ひとり旅してみたら」第2弾!語学学校初日にあわあわした話

留学くらべ~るの人気連載企画第2弾♡
世界一周の旅をしながら人気ブログ「初海外を女ひとり旅してみたら」を更新しているみさPさんと、イラストレーター・あきばさやかさんのWebマンガをお届けします♪

2話目となる今回は、カナダでワーキングホリデーをスタートして、語学学校に通い始めた初日のお話。
日本人ゼロの環境に飛び込んだみさPさんでしたが、思いもよらぬ事態に...!

日本人ゼロのグループに乱入!....したはいいけど!?

ALT

語学学校にまつわる小話**

みさPさんのコメント

第2弾は、とても懐かしい語学学校初日のお話〜♪

日本語は絶対話さない!語学取得の道は、コミュニケーションから!と、やる気満々で座ったスイス側の席でしたが、全く会話が聞き取れずポツーン。おおお、なんて難しいんだ英会話・・・!!!

と思っていたら、なんとみなさんスイス語(スイスジャーマン)で話していたらしいです(笑)

もともと英会話力0でカナダに渡ったので、初めのうちは、話してる言葉が英語なのか彼らの母国語なのかすら、分かりませんでした。これ、あるあるですよね・・・!?

英会話取得は凹むことや恥をかくことばかりですが、そんなのいちいち気にしてたら、いつまでたっても英語は上達しませんよね!出来なくて当たり前、出来ないからわざわざカナダまで英語を学びに来ているんです!

こうして「全く会話続かなくて友達一人も出来てませんけど、何か?」と開き直って、体当たりで英語を少しずつ学んでいくのでした~♪

ブログご紹介

今回のお話の元ネタとなった記事はこちら
もっとみさPさんのエピソードを読みたい方は、ぜひブログをチェックしてみてくださいね♪

語学学校は異文化が行き交う場所!

みさPさんが体験したように、語学学校にはさまざまな国から生徒が集まっています。
渡航先の国や地域、学校によって人種の比率も違い、アジア人が多いところもあればヨーロッパ人ばかりの学校も。

もちろん個人によって差はありますが...
英語力を身につけるなら、ヨーロッパ人が多めの環境を選ぶのがおすすめです♪
ヨーロッパの国のほとんどが英語と同じ【ラテン語】にルーツがあるため、発音がネイティブスピーカーに近かったり、英語力が高い人が多いんです。

自分で語学学校を選ぶ時は、カリキュラム内容や授業料ももちろん大事ですが、人種別の生徒の割合なども見てみるといいかもしれません。
留学エージェントを通して語学学校に通う場合は、どんな学校がいいのか、希望をしっかり伝えましょう!

また、みさPさんのように日本人ゼロのグループにも積極的に交流を持つことも大事です。
初めは勇気がいるかもしれませんが、みんな「英語を学びたい」という気持ちは一緒。仲間だと思って、交流の輪を広げましょう!( ・ㅂ・)و

Special Thanks**

みさPさんプロフィール

ALT

旅ブロガー。2009年にヨーロッパ周遊旅行を経験し、2012年にワーキングホリデービザを取得しカナダに長期滞在。ワーホリ後は単身で世界一周旅行にチャレンジし、旅行の様子をブログで発信しながらアジアやヨーロッパの国々を多数訪れる。オーストラリアでのワーホリも経験し、現在は41ヶ国目となる世界のどこかに滞在中。

>>ブログ「初海外を女ひとり旅してみたら」

あきばさやかさんプロフィール

ALT

仙台出身、東京在住のイラストレーター/マンガルポライター。雑誌、書籍、広告など幅広い媒体で活躍中。残念なOLヤマコの日常を綴ったマンガ「しくじりヤマコ」をAmebaブログにて更新中。

>>あきばさやかさんのオフィシャルサイト

その他のマンガはこちらから♪

みさPさん・あきばさんのマンガは、まだまだたくさんあります♡
他の記事も、合わせてチェックしてくださいね!

>>第1弾「カナダ入国編」
>>第2弾「語学学校初日編」
>>第3弾「ルームシェア編」
>>第4弾「バスでの交流編」
>>第5弾「運命の出会い編」
>>第6弾「食事編」
>>第7弾「仕事探し編」
>>第8弾「アルバイト編」
>>第9弾「アルバイト編 part2」
>>第10弾「アルバイト編 part3」
>>第11弾「同僚との会話編」
>>NEW! 第12弾「アレックス編」

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

facebook instagram twitter