アメリカの語学留学まるわかり!人気ランキング・費用など【留学くらべ〜る】

利用者358,191人突破!(2018年04月22日更新)

カート

0

アメリカの語学留学を検討しているなら
準備や渡航中のサポートがあるエージェントがおすすめ!

アメリカ語学留学 アメリカ 語学留学

アメリカの語学留学

語学学校に通って、本場の英語を学べる語学留学。人気留学先のアメリカでも、最も人気のある留学方法です。
ここでは、アメリカの語学留学の基本情報や必要な費用など、留学を考えている人にとってタメになる情報をお伝えしています。自分の好みや希望にあわせて、ぴったりな語学留学のプランを選びましょう!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

アメリカの語学留学の特徴

アメリカの語学留学では、日本の学校の授業や参考書では学べない、現地で生活するからこそ触れられる生きた英語を学べます。
語学学校には大学付属の学校と私立の学校があるので、学びたい環境や目的で選ぶようにしましょう!大学内の語学学校に通う場合は、アメリカのキャンパスライフを味わうなんてこともできちゃいます♪

魅力的な都市もたくさんあるアメリカで、英語を学んでみてはいかがでしょうか?

アメリカで語学留学ができるおすすめプログラム

英語を学ぶだけでなく、専門的なことも学べたり、趣味を深められたり、最近では資格が取れるといった欲張りなプログラムも多く用意されている、アメリカ語学留学。
エンターテイメントの発信地で映画製作、世界のビジネスの中心地で世界に通じるビジネス学、プロを目指すダンスレッスン、それともリフレッシュを目的としたサーフィン留学? 住みたい街や目的、予算、期間にあわせてあなたにあったプログラムをぜひみつけてみてくださいね!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

アメリカの語学留学に必要な費用について

アメリカ×語学留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
1ヶ月 30~50万円
3ヶ月 70~120万円
半年 120~200万円
1年 250~400万円

アメリカの語学留学に必要な費用は、1ヶ月でおよそ30~50万円程度です。
滞在方法や語学学校、渡航費によって費用は変わるため、予算にあわせてぴったりのプランを選ぶようにしましょう!

都市別でみるアメリカ語学留学の1ヶ月にかかる費用

渡航する都市や語学学校の特徴によって、語学留学にかかる費用は大きく変わってきます!
アメリカの人気都市で語学留学した際に費用を、「語学学校の費用」「生活費」2つのポイントでまとめてみました。

都市 語学学校の費用 生活費(家賃・食費)
ロサンゼルス 5〜12万円 10〜17万円
ニューヨーク 9〜12万円 12〜20万円
サンフランシスコ ~15万円 12〜20万円
シアトル 〜15万円 10〜15万円

ロサンゼルスの語学留学の費用

《語学学校の費用》
ロサンゼルスは語学学校の数が非常に多く、選択肢が豊富なため、月5万~12万円と、学校によって様々です。

《生活費》
アメリカの中では比較的物価が高いロサンゼルス。観光地にも近いため家賃は高めになっており、生活費は月10万~17万円程度はかかります。

ニューヨークの語学留学の費用

《語学学校の費用》
フルタイムだと月9万~12万円程度かかります。午前中だけの割安なコースを用意している語学学校もあるので、エージェントに相談してみてください。

《生活費》
家賃の相場はアメリカで一番高いです。家賃だけで10万円かかることも。食費なども含めて、月12万~20万円は見ておいたほうがいいでしょう。

サンフランシスコの語学留学の費用

《語学学校の費用》
一般的な語学学校だと月7万〜12万円程度かかります。しかし、市が運営しているシティカレッジや、先生の卵が教えるスクールは無料で開講されているので、探してみるのもいいかもしれません。

《生活費》
ニューヨークに次いで、アメリカで物価が高いのがサンフランシスコ。ニューヨークと同じく、家賃と食費合わせて月12〜20万円は見積もった方がいいです。

シアトルの語学留学の費用

《語学学校の費用》
学校によってもバラつきがありますが、最大でも月15万円程度が目安です。

《生活費》
シアトルは家賃が上昇傾向にあり、今後も上がり続けると言われています。また、物価も高いため、月10万~15万円程度を見ておいたほうがよいでしょう。

アメリカの語学学校の種類と費用の違い

アメリカでの語学学校は主に2種類に分けられます。
民間の企業が運営する私立の語学学校と、大学付属の語学学校です。
それぞれの語学学校の費用を見てみましょう。

私立の語学学校

希望や用途にあわせていろいろなバリエーションが整っているのがプライベートスクールの魅力。
費用もプログラムによって様々ですが、月15~25万円程度をみておくといいでしょう。

大学付属の語学学校

現地の大学に通えることが大学付属の語学学校のメリットです。アメリカのキャンパスライフを楽しみたい人にはうってつけです♪
学生寮などにも泊まることができるので、滞在費などがセットになっている場合が多いです。
費用は滞在費込みで月10万~20万円程度。

アメリカの語学学校に学割みたいなキャンペーンってある?

短いと1週間から参加できるアメリカ語学留学ですが、3ヶ月以上の長期で申し込むと割引がある語学学校も多くあるようです。
割引率は15%~30%で、年間で10万~20万円程度安くなることも。
自分が学びたいコースがある語学学校をいくつかピックアップするときに、長期割引がないか確認してみましょう。

また、決まった日までに申し込むと入学申請料が無料になったり、10週間以上の申込みでプラス1週間分の授業を無料で受けられるといったキャンペーンを実施している学校も。
有効活用しない手はありませんね!

アメリカ留学費用全般について見る>>

ALT

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

アメリカの語学留学に関するその他詳しい情報

語学学校の種類など、アメリカの語学留学についてもっと詳しい情報はこちらを確認してください。

アメリカの語学学校の種類はなにがある?

アメリカの語学学校には、私立の語学学校と大学付属の語学学校があります。

私立の語学学校

私立の語学学校には、主に都市のダウンタウンなどにある都市型の語学学校と、大学のキャンパス内にある語学学校があります。
コースの数も豊富で時間や時期を選らばずに入学できることも大きなメリットです。英語の勉強だけでなくアクティビティなどを組み合わせたコースもあるので、勉強以外も楽しみたいという人におすすめです!

大学付属の語学学校

大学付属の語学学校は、もともとその大学に留学生が進学する際に必要な語学力を補うための学校でしたが、現在は一般的な語学学校として入学が可能です。
大学内の施設や設備を利用して学ぶので、ちょっとしたキャンパスライフを体験することができます。大学の授業に必要な英語の勉強が中心なので、英語のレベルは高めです。

ワクワクがとまらない、アメリカ語学留学!

いかがでしたか?
世界をリードする先進国のひとつ・アメリカに暮らしながら、英語を学べる語学留学。
国際感覚を養いながら、異なる価値観を知り、自分のルーツも再認識できます。

語学留学への第一歩を踏み出したい人は、留学プログラムのパンフレットを取り寄せてみてください。パンフレットは無料で何部でも取り寄せることができます!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】