ニュージーランド留学の費用やビザ・ニュージーランド留学のメリットを徹底解説!【留学くらべ〜る】

利用者375,685人突破!(2018年08月18日更新)

カート

0

ニュージーランド留学を検討しているなら
準備や渡航中のサポートがあるエージェントがおすすめ!

ニュージーランド留学

大自然に囲まれ暮らしやすいニュージーランドで留学!勉強も遊びも満喫できる☆

温暖な気候や治安の良さなどの理由から、ニュージーランドは留学先として人気があります。
こちらでは、ニュージーランド留学の魅力や費用、ビザなどの情報をご紹介しているので、ぜひご覧ください。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

ニュージーランド留学の費用

ニュージーランド留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
1か月 20~50万円
3か月 50~100万円
半年 100~200万円
1年間 200~360万円

ニュージーランド留学の費用は、1か月で20~50万円、1年間だと200~360万円くらいかかります。
英語圏の中でも留学費用が安い国ではありますが、目的や滞在スタイルによって費用も変わってきます。
ワーホリビザはもちろんですが、条件によっては学生ビザでもアルバイトができるので、より出費を抑えることもできるでしょう。

>>ニュージーランド留学費用について詳しく見る

ALT

ニュージーランド留学費用節約術

節約のコツ① 渡航費を抑えよう!

これから留学の計画を立てるのなら、ニュージーランドの観光シーズン(12~2月頃)、スクールホリデー(12~1月末頃)の時期や、日本の大型連休・祝日などを避けた6~8月頃の渡航がおすすめです♪
直行便もありますが、費用を抑えたいならば乗り継ぎ便を使用しましょう。目安としては往復9〜15万円となります。

節約のコツ② 学費節約のためには奨学金制度をチェック!

高校留学や大学留学をする場合、利用できる奨学金制度がないかをチェックしてみましょう。
日本だけではなく、ニュージーランドにも様々な種類があります。学費は留学費用の中でも大きな割合を占めるので、自分が応募できる奨学金があるかをぜひ調べてみてください!

>>奨学金制度について詳しく見る

節約のコツ③ 自炊を行い生活費に余裕をもたせよう!

ニュージーランドは物価が高いため、外食を繰り返すと食費がかさみます。
ですが、旬の野菜や果物が比較的に安く買えるので、自炊なら健康を意識しながら食費を抑えられて一石二鳥ですね♪

ニュージーランド留学を失敗させないためのコツ

エージェントに相談する。

留学すれば、英語が話せるようになる!外資系に就職できる!など夢を描いて海外に出発する方が多いかと思いますが、重要なことは目的をもつことです。
ニュージーランドには語学学校といっても様々な種類があります。
自分に適した環境や費用、授業内容を見つけ出すために留学のプロと言えるエージェントに相談をおすすめします。

>>留学エージェントって何?詳しくはこちら

ホームステイ先や学生寮など滞在先にこだわる

留学をより実りあるものにするために滞在先の環境を整えることは大切です!
ニュージーランドは比較的田舎が多いためお店が17時に閉まってしまったりするところも多いため、学校以外で多くの時間を費やすのは「住まい」となります。
同年代の子供がいる家庭や、シェアルームでも英語が話せる環境を整えることもポイントです♪

失敗を恐れずに行動する

自然も溢れるニュージーランドではアクティビティなど日本では経験できないようなことができるチャンスです!失敗を恐れず、いろいろなことに挑戦していきましょう。
ニュージーランドでしかできない体験や発見を逃さないためには、チャレンジ精神を忘れないことが大切です!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

ニュージーランドの基本情報

項目 詳細
首都 ウェリントン
公用語 英語
人口 469万人(2018年)
通過 NZドル

ニュージーランドと日本の時差

ニュージーランドと日本との時差は+3時間。つまり日本より3時間早いことになります。
そこまで時差がないので、留学中に日本の友達や家族に連絡するのもあまり気を使わなくて済みそうですね♪

ニュージーランドの気候・気温について

ニュージーランドは典型的な地中海性気候で、1年を通して雨が多い国です。
冬は雨が最も少なくなる季節ですが、特徴的なのは、雨が降っても傘をささない人が多いということ。
日本とは違い、雨が止むまで待っているという習慣が普通です。

また、南半球にあるニュージーランドは日本と季節が逆です。

<ニュージーランドの四季>
春:9~11月
夏:1月~2月
秋:3月~5月
冬:6月~8月

基本的には温暖な気候で過ごしやすいですが、朝晩と昼間の気温差が大きいのも忘れてはならないところ。
ニュージーランドでは夏でも上に羽織るものが必要ですよ!

また、ニュージーランドは紫外線が非常に強く、なんと日本の約7倍もあります。
日焼け防止対策としてサングラスや帽子、日焼け止めなどを準備しておきましょう。

>>ニュージーランドの気候・気温について詳しくはこちら

ニュージーランドの治安について

日本と比べると犯罪率は高いですが、世界標準で見るとニュージーランドはかなり治安が良い方です。
凶悪犯罪などはめったに起こらず、銃に関しても厳しく規制されています。

ですが、だからと言って100%安全というわけではないので、留学中はそれなりに対策を立てて滞在することが大切です。
犯罪でも殺人などや強盗などの凶悪なものよりも車上荒らしや空き巣など、貧富の差によってもたらされる犯罪が多めです。
裕福な家庭のほうが安全対策が行き届いているので、ホームステイ先を選ぶ時は考慮した方が安心できますよ。

また、都心部には夜ひとりで出歩かないほうが良いエリアがあるので、必ず確認するようにしましょう。
自分の身を守るのは自分という意識をしっかり持つことが大事です。

>>ニュージーランドの治安について詳しくはこちら

ニュージーランド人にはどんな人が多いの?

ニュージーランドの人口はわずか400万人。
しかし面積は日本の本州と九州を合わせたぐらいなので、北海道の人口が600万人弱くらいと考えると、かなり人が少ない国だということがわかると思います。

そんな環境で育ったキーウィー(ニュージーランド人の愛称)は、のんびりしていて穏やかな性格をしています。
小さなことにこだわらない人が多いようです。

また、ニュージーランド人はみんなラグビーが大好きです。
世界ランク1位のニュージーランド代表は「All Blacks(オールブラックス)」と呼ばれ、圧倒的な強さを誇っています。
ラグビーの話をしたら盛り上がること間違いなしです♪

>>ニュージーランド人の性格・特徴について詳しくはこちら

ALT

ニュージーランド留学の特徴・メリット

「地球の箱庭」と呼ばれるほど、世界中がうらやむ広大な大自然が広がるニュージーランド。
世界的にも安全な国の1つと言われていることから、日本だけでなくその他のアジアやヨーロッパからの留学先として人気の国でもあります。
そんなニュージーランド留学の主な魅力を3つ紹介します。

1.教育ビジネスがとっても盛んだから、語学を学ぶのに最適
2.多国籍の国だから、様々な異文化に触れながら憧れのスローライフを満喫できる
3.自然を活かしたアクティビティを楽しめる

ニュージーランドは教育の質においてトップクラスの国であると評価されているので、語学を勉強する環境として最適です。
また、多国籍の国ということもあり、ニュージーランドはもちろん、色んな国籍の人たちと出会うことができます。

ホエールウォッチングやスキーをはじめ、ニュージーランドの自然を活かしたアクティビティを楽しみながら、憧れのスローライフを送れますよ。

日本での慌しさから抜け出したい、大自然の中でリフレッシュしたいという方におすすめです!

ALT

ニュージーランド留学の準備

ニュージーランド留学前には必ず準備するものを確認しておきましょう!
パスポートはもちろん、留学スタイルや滞在都市によっても必要なものが変わってくるので、忘れ物がないように注意してくださいね♪

ニュージーランド留学のビザの種類

ニュージーランド留学では、滞在期間が3か月以内の場合ビザは不要です。
3か月を超える滞在はビザが必要となるので、下記ビザ情報を参考に、渡航目的に合ったビザを選んでくださいね。

ビザ名称 概要
観光ビザ 3か月以内の短期留学や観光の場合は申請不要
学生ビザ 週20時間以上、3か月以上就学する場合に必要なビザ
ワーキングホリデービザ ニュージーランドで1年間、観光や就労などができるビザ※条件を満たすことで3か月延長も可
テンポラリーワーク ニュージーランドの企業から雇用保障を得ている技能職が申請する就労ビザ

観光ビザで3か月以上滞在する場合には、事前に申請が必要となります。

申請料金は無料ですが、1か月1,000ドル(約7.5万円)の資金証明の提出が義務付けられています。
また、6か月以上の滞在を予定している場合には、TB(結核)スクリーニングも提出しなければいけないので、観光ビザでの滞在を考えている方は事前にしっかりと確認しておきましょう。

ニュージーランド留学保険の準備

ニュージーランド留学において、保険への加入は必須です。

ニュージーランドの法律で決められているので、保険未加入の場合には就学ができないことになっています。
法律上の義務ということだけでなく、ニュージーランドで病院を利用した場合、その治療費はとても高いです。
語学学校に通わない場合でも、保険は加入しておいた方が良いでしょう。

日本で保険に加入した場合、1年間で20万円前後が目安です。
渡航先や補償内容によっても費用が変わるので、あなたのプランにぴったりな保険を見つけてください。

ニュージーランドに関するよくある質問

ニュージーランドの治安は?

ニュージーランドは、英語圏の中でも比較的治安はいいほうです。理由としては、閉店時間も田舎では17時から18時と早く就寝時間も早いため必然的に危険な時間帯の行動を防げます。
ただし、治安が良いと言われていても事件はおきますし、ニュージーランドでの置き引きや空き巣は、日本に比べて多い傾向なので自分自身の管理、行動が大切です。

>> 詳細はコチラ

ニュージーランドではどうやって学校を選べばいいですか?

ニュージーランドの語学学校は様々なレベルでありますし、コース内容も充実しています。
留学前に必ず自分自身の英語レベルを確認し目的似合った学校を探すことが重要です。
無料の資料請求を行ったり、わからない部分はエージェントに相談することがおすすめです♪

ニュージーランドに留学する際、保険は必要ですか?

ニュージーランドに留学するには、移民法という法律から海外旅行保険の加入が法律で義務づけられています。
日本で保険に加入後に出発しても、学校によっては、それと別に保険の加入が必要になる場合もあります。
手続きが不安な方は、24時間日本語サービスがあるものを選ぶこともオススメです♪

ニュージーランドの英語は訛りがありませんか?

南半球のオーストラリアや、ニュージーランドには訛りがあると有名ですね。
それは、住んでいる地域によって発音や言い回しの違いがある方言のようなイメージ。ですが、学校にいる先生方の発音はとても綺麗です♪
安心して英語を勉強できますよ♪

ニュージーランド留学中にアルバイトはできますか?

学生ビザでも週20時間以内ならアルバイトが可能です。英語に自信がない方も日本料理店などのレストランのキッチンで働くことができます。
最低賃金は時給NZ$16.50と日本の時給より比較的高いことも良いポイントですね!(2017年12月)

留学エージェントを使うことでどんなメリットがありますか?

留学エージェントを利用する大きなメリットには、「時間と労力をかけずに、より確実に手続きを行える」ことが挙げられます。

特に、初めて留学をする場合は「何から始めればいいのか?」「手続きの進め方が分からない」など混乱しがち。
留学エージェントでは、語学学校や滞在先の手配、留学保険やビザの手続き、現地サポートなどさまざまな手助けしてくれます。
手続きが滞ったり途中で間違ったりなどのリスクなく、安心して留学に備えられますよ。

また、エージェントを利用することで語学学校の授業料が割引になるところも多いので、ぜひ活用したいところ!

サポート内容、また留学できる国や目的などはエージェントによって異なります。
自分にあったエージェントを探し、留学の夢を確実なものにしていきましょう♪

>> 詳細はコチラ

ニュージーランド留学の新着記事

親しみやすいニュージーランドで、一番自分に合った留学をスタートさせましょう♪

ニュージーランド留学でおすすめのスタイルやイチオシのプログラム、人気都市などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

温暖な気候や治安の良さ、物価の安さなど、慣れない海外でも安心して生活できるニュージーランド。
大自然の中でのんびり過ごせば、日本での忙しい毎日を忘れてリフレッシュできること間違いなしです!

少しでも興味のあるプランやプログラムが見つかれば、ぜひ留学エージェントへ資料を請求してみてくださいね。
海外経験豊富な留学エージェントがあなたのニュージーランド留学を一緒に考え、全面的にサポートしてくれますよ♪

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】