利用者 59 万人突破!

(2022年10月3日更新)

閉じる

アイスランドのワーキングホリデーで仕事を探すなら!知っておきたい情報まとめ

2020.07.30

留学くらべーる編集部

アイスランドのワーキングホリデーで仕事を探すなら!知っておきたい情報まとめ

アイスランドは2018年に日本とワーホリ協定を結んだばかりで、年間のビザ発給数は30のみと少ないです。
そのため「アイスランドワーホリに興味はあるけど、現地の仕事情報が手に入らない…」とお困りの方もいることでしょう。

こちらの記事では、あまり知れ渡っていないアイスランドの仕事事情や求人例などをお伝えしていきます!

パンフレットを見てみたい!

アイスランドの仕事事情

アイスランドは日本としかワーホリ協定を結んでおらず、またビザの発給数は30のみと少ないことから、現地にワーホリ向けの仕事はほとんどありません。
ですが、最近では観光やITの分野で外国人がよく採用されているので、語学力やPCスキルに自信のある方は面接でアピールするとよいでしょう!

また、アイスランドの給与水準は世界トップクラスを誇りますが、給与水準だけでなく物価も高く、アルバイト代だけで生活費をまかなうのは少し難しいです。
仕事がすぐに見つからないことも考えて、ワーホリ資金はできるだけ多く用意するようにしてくださいね。

アイスランドの最低賃金について

 1ヶ月あたり335,000クローナ(約25.5万円)

アイスランドでは法的な最低賃金が定められていませんが、労働協約により18歳以上の労働者には最低でも1ヶ月あたり335,000クローナ(約25.5万円)以上支払うことが義務付けられています。

時給に換算すると1,500~1,600円程度で、日本やほかのヨーロッパの国々と比べて高めです。
アイスランドの最低賃金は少しずつ上昇しており、今後さらに上がる可能性もあるでしょう。

また、アイスランドでは雇用主と直接給与の交渉ができるので、職場で役に立つスキルがある方は契約前に交渉してみるのもおすすめです!

アイスランドで仕事を探すなら英語は必須!

アイスランドの求人サイトを見てみると、応募条件には「英語スキル必須」と書かれていることが多いです。
特に接客やコールセンターなど会話メインの仕事をしたい方は、必要最低限の英会話力を身につける必要があるでしょう。

また、英語力に自信がついてきたら、アイスランド語やフランス語、ドイツ語などほかの外国語を勉強してみるのもおすすめ。
アイスランドにはヨーロッパ各国から観光客が訪れるので、ヨーロッパの言語ができると応募できる仕事の幅が広がりますよ!

アイスランドのワーキングホリデーでできる仕事

アイスランドのワーキングホリデーでできる仕事

自然豊かなアイスランドに憧れる方は多いですが、仕事探しの難しさや物価の高さから「現地で生活が成り立つか不安…」と感じている方も多いことでしょう。
こちらでは、アイスランドワーホリの求人例(賃金の目安)をお伝えするので参考にしてみてくださいね。

現地で募集されている求人例(賃金の目安)

職種 給料
宿舎の清掃員 月給237,000クローナ
(約18.7万円)
ケータリングの調理・配膳スタッフ 月給260,733クローナ
(約20.5万円)
倉庫の作業スタッフ 月給2,225ユーロ
(約27.6万円)

レストランやホテルのスタッフは、アイスランドワーホリで挑戦しやすい仕事だと言えます。
特にウェイター・ウェイトレスやキッチン補助などは、特別なスキルは必要なく、必要最低限の英語さえ話せれば雇ってくれるケースも。
英語力に自信がない方は、清掃員や倉庫の作業員など、あまり会話をしなくて済む仕事を選ぶのもおすすめです!

求人サイトには短期や単発の仕事も掲載されているので、いきなり長期で働くのが不安な方は、まずは1日~数日の仕事を経験してみるのもよいでしょう。

アイスランドワーホリの費用について詳しく知りたい方はこちら

ゲストハウスやコテージのスタッフも人気のお仕事!

アイスランドにはフィヨルドや国立公園など魅力的な自然スポットがたくさんあり、毎年たくさんの観光客がアウトドア旅行を楽しんでいます。

年間を通して多くの観光客が訪れるアイスランドでは、定期的にコテージやゲストハウスのスタッフが募集されているのが特徴です。

大自然のなかでのんびりと働いてみたい方は、アウトドア系の宿泊施設に応募してみるのもおすすめですよ!
短期や住み込みなど条件はさまざまなので、ぜひいろいろな求人を探してみてくださいね。

アイスランドの仕事探しに役立つサイト

アイスランドの求人情報は、下記のようなサイトに掲載されています。

アイスランドで仕事探しをする場合は、求人サイトを活用するとスムーズです。
下記のサイトは英語で求人検索ができるので、どんな仕事が募集されているのかぜひ覗いてみてください!

アイスランドワーホリで仕事を始める前に必要な手続き

アイスランドワーホリで仕事を始める前に必要な手続き

こちらでは、アイスランドで仕事探しを始める前にすべき手続きを紹介します。
仕事探しが本格的に始まると時間に余裕がなくなるので、早い段階で面倒な手続きは済ませておくようにしましょう!

銀行口座を開設しよう!

現地の生活が一通り落ち着いたら、銀行口座の開設手続きに取りかかりましょう。
銀行口座は給与の受け取りに必要となるので、仕事が見つかるまでに手続きを済ませておく必要があります。

銀行口座の開設は、現地の支店で契約するのもよいですし、最近ではネットですぐに手続きできるスマートバンクも人気です。
まずはそれぞれの銀行の情報を集め、自分に合った銀行を選ぶところから始めてみてくださいね!

写真撮影と健康診断を済ませよう!

アイスランドワーホリで居住許可を得るためには、到着後に移民局またはレイキャビック圏外の地区コミッショナー事務所で写真撮影をし、さらに現地の医療機関で健康診断を受ける必要があります。

写真撮影は現地到着後1週間以内、健康診断は2週間以内と決められているので、期限内に忘れず済ませておくようにしましょう。
また、写真撮影の際にはパスポートを持参する必要があることをお忘れなく!

視野を広く持って仕事を探そう!

ワーホリでできる仕事といえば、レストランのスタッフやホテルの受付などの華やかな仕事をイメージするかもしれません。
ですが、アイスランドはワーホリ向けの求人が少なく、理想の仕事にこだわりすぎると仕事探しが難航する可能性が高いでしょう。

アイスランドで仕事をゲットするためには、いろいろな職種に目を向けて、たくさんの求人に応募することが大切です。
アイスランドワーホリは就労期間に制限がないので、まずはとにかく1つの職場で経験を積んでみて、それから別の職場に転職するのも1つの方法ですよ!

パンフレットを見てみたい!

アイスランドのワーキングホリデー新着記事

No image

2018.09.25

アイスランドでワーキングホリデーが実現!2018年9月に開始予定【ワーホリ協定国ニュース】

No image

2018.08.23

ワーホリで行けるようになるかも!星降るオーロラの国、アイスランドって?