ノルウェーのワーキングホリデー(ワーホリ)最新情報

ノルウェーのワーキングホリデー(ワーホリ)最新情報

北欧ブランドのメッカとして知られるノルウェーは、大自然と文化が絶妙に調和している国。そんなノルウェーでも、2013年からワーキングホリデー制度が取り入れられています。

このページでは、ノルウェーの魅力をはじめ、現地で就ける仕事や必要な費用などをまとめてご紹介しています。ノルウェーでのワーキングホリデーは、人生を豊かにしてくれる刺激がたくさんあるので、興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね!

準備や渡航中のサポートもエージェントを使えば安心♪

目次

ノルウェー×ワーキングホリデーの情報

ノルウェー×ワーキングホリデーの魅力
ワーキングホリデービザの概要
ノルウェーのワーキングホリデーで必要な費用
ノルウェーでできる仕事

ノルウェーの基本情報

ノルウェー×ワーキングホリデーでおすすめの都市は?
ノルウェーの治安について

ノルウェー×ワーキングホリデーの関連記事

ノルウェーのワーキングホリデー体験談
ワーホリブロガー・経験者へのインタビュー

ノルウェー×ワーキングホリデーの情報

ノルウェー×ワーキングホリデーの魅力

ノルウェーといえば、女性の心をくすぐる北欧ブランドがたくさん!おしゃれな雑貨に囲まれたカフェも数多くあり、旅行先としてもおすすめの国です。

そんなノルウェーにワーキングホリデービザで滞在したからには、現地のカフェめぐりだけでなく、オーロラやフィヨルドなどの大自然も堪能したいですよね!1年間滞在できるワーホリだからこそ、ノルウェーの魅力をとことん実感できるんですよ♪

また、ノルウェーは社会福祉が充実している国でもあります。数々の公共サービスを利用することで、お得に滞在することも可能なので、ぜひ活用したいですね!

>>ノルウェー×ワーキングホリデーの魅力

ALT

ワーキングホリデービザの概要

ノルウェーのワーキングホリデービザは取得できる人数に制限がないので、思い立った時から準備をはじめても大丈夫です。

滞在期間をカバーする健康保険への加入が必須だったり、ノルウェー渡航後3ヶ月は生活できる資金を用意しなければならなかったりと条件はいくつかありますが、取得が難しいというわけではないので、ぜひ挑戦してみましょう!

また、書類を提出する前にはApplication Portal で事前申請を行う必要があるので、一つひとつ丁寧に手順を進めていってくださいね。

項目 概要
対象年齢 18~30歳※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 制限なし
就学できる期間 最長3ヶ月まで可
就労できる期間 同一雇用主の下で6ヶ月間可
ビザ申請方法 ノルウェー大使館にて申請

ノルウェー×ワーキングホリデーで必要な費用の目安

ノルウェーでワーキングホリデーをした場合、1年間で必要な費用はどれくらいかかるのでしょうか?

ヨーロッパと北欧はワーホリ費用がかかると言われていますが、その中でもノルウェーは特に物価が高い国でもあります。ですが、得られる給料が高いので、ワーホリでの滞在であればしっかり稼ぐこともできますよ♪

ノルウェーは外食費が高いので、費用を抑えたいなら自炊を心がけてくださいね!

項目 費用の目安
渡航前に必要な費用(ビザ申請料/航空券/保険) 46.3万円
滞在費 156万円(月13万円x12ヶ月)
生活費 129.6万円(月10.8万円x12ヶ月)
アルバイト代 136万円(17万円x8ヶ月)※時給1,700円/月100時間勤務と想定
1年間の合計 (46.3万+156万+129.6万)-136万=約195.9万円

>>ノルウェーのワーキングホリデー費用についてもっと詳しく

ノルウェーでできる仕事

ノルウェーの公用語はノルウェー語ですが、ほとんどの場所で英語が通じます。そのため、ノルウェー語に自信がないという場合でも、英語力があれば仕事先を見つけることはできるでしょう。

また、ノルウェーには最低賃金の規定がなく、業界ごとに定められていることも大きな特徴のひとつです。自分のやりたいことやワーホリの予算を考えて、仕事探しをしてみてくださいね!

>>ノルウェー×ワーキングホリデーの仕事についてもっと詳しく ALT

ノルウェーの基本情報

次に、ノルウェーの基本情報についてお伝えします。
ワーキングホリデーで1年間住むとなると、都市の情報や治安についてなど、気になることはたくさんありますよね。しっかり下調べをして、ワーキングホリデー渡航前の不安解消をしましょう。

ノルウェー×ワーキングホリデーでおすすめの都市は?

ノルウェーのワーキングホリデーで人気の都市は、首都オスロ
博物館や美術館、公園などが多く、街全体に落ち着いた雰囲気が漂っています。観光スポットも歩いて周れるくらい便利な都市なので、休日に気軽に観光が楽しめます♪生活費が高いのが少しネックですが、自炊や買い物で工夫をすれば節約できますよ。

世界遺産のブリッゲン地区でも有名なベルゲンもおすすめ。
観光名所のフィヨルドも車で3時間くらいで行けます。お土産屋さんが多く、日本語を話せるノルウェー人が働いているお店もあるので、ワーキングホリデーで働ける可能性も高いです。

ALT

ノルウェーの治安について

北欧は平和で安全というイメージがありますが、ノルウェーは日本と比較すると少し治安が悪い国です。

日本人旅行者をターゲットにしたスリや引ったくりも多発しています。ガイドブックを片手にきょろきょろしながら歩いていると観光客だとわかってしまうので、狙われやすくなります。また、日中は観光客などで賑わっている地域でも夜は雰囲気がガラリと変わり、治安も悪くなるので危険です。

防犯意識を高く持って対策をしっかりしておけば、トラブルに巻き込まれる可能性も低くなるので、常に最新の治安情報を確認しながら過ごしましょう。

ノルウェー×ワーキングホリデーの関連記事

ノルウェー×ワーキングホリデーの体験談

ワーキングホリデー中の生活って実際どんな感じなの?と気になった方は、体験談を読んでみるのがいちばん!まだ渡航者の少ないノルウェーの体験談は貴重なので、要チェックですよ!

ノルウェー以外の国での体験も、あなたの背中を押してくれそうな素敵なお話しばかりです。もしよければいろいろな方のエピソードを読んでみてくださいね♪

cozさんの体験談(渡航した年:2013)

>>体験談『実際に体験してみてわかった!ノルウェーのワーキングホリデーを充実させるコツ』を読む

ワーホリブロガー・経験者へのインタビュー

留学くらべ~るでは、ワーキングホリデー中の日々をつづったブロガーさんへのインタビューも多数掲載しています。

2013年に始まったばかりでまだまだ渡航者の少ないノルウェーなので、貴重なお話が聞けるかもしれません☆ ノルウェーのワーホリブロガーさんへのインタビューの掲載が決まりましたら、こちらのページでご紹介していくので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

ノルウェーのワーホリ情報Related information

img

facebook instagram twitter