デンマークのワーキングホリデー(ワーホリ)最新情報

デンマークのワーキングホリデー(ワーホリ)最新情報

おとぎの国の世界観を体験できるデンマーク。ここでは、デンマークのワーキングホリデーについてご紹介します。

デンマークには安心して過ごせる環境が整っているので、安全にワーキングホリデーを満喫できますよ。ぜひこの機会にチェックしてみてください♪

準備や渡航中のサポートもエージェントを使えば安心♪

目次

デンマーク×ワーキングホリデーの情報

デンマーク×ワーキングホリデーの魅力
ワーキングホリデービザの概要
デンマークのワーキングホリデーで必要な費用
デンマークでできる仕事

デンマークの基本情報

デンマーク×ワーキングホリデーでおすすめの都市は?
デンマークの治安について

デンマーク×ワーキングホリデーの関連記事

デンマークのワーキングホリデー体験談
ワーホリブロガー・経験者へのインタビュー

デンマーク×ワーキングホリデーの情報

デンマーク×ワーキングホリデーの魅力

北欧の国デンマークは「世界一幸せな国」としても有名!「世界幸福度ランキング」で何度も1位に輝いているその理由は、なんといっても福祉と教育が充実していることにあります。納めた税金がしっかりと還元される仕組みづくりができているからこそ、国民が不満なく生活できているんですね!

北海道ほどの国土の広さしかないデンマークですが、王国としても歴史があり、訪れる人たちを魅了してやまない国でもあります。童話作家として知られるアンデルセンの生まれた国でもあるので、おとぎの国の世界観を感じられる街並みにわくわくすること間違いなしですよ☆

また、デンマーク人は仕事とプライベートをしっかり分けるため、終業時刻になったら仕事を切り上げ、自分が好きなことに時間を費やしています。アルバイトの最低時給も高いので、ワーキングホリデー中の生活費をまかなうこともできますよ♪

>>デンマーク×ワーキングホリデーの魅力についてもっと詳しく

ALT

ワーキングホリデービザの概要

2007年の10月から始まった日本とデンマーク間のワーキングホリデー制度。ワーホリビザ申請には、パスポートや申請用紙、証明用の写真以外に、15,000デンマーククローネ(約25万円)以上の資金証明と往復航空券の予約証明が必要です。

日本国籍であれば申請料は無料ですが、申請するためには事前にメールで来館予約をして東京にあるデンマークの大使館に直接行かなければなりません。また、ビザの発給までには最大3ヶ月かかることもあるので、余裕をもって行動することが大切です。

項目 概要
対象年齢 18~30歳※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 制限なし
就学できる期間 6ヶ月
就労できる期間 6ヶ月
ビザ申請方法 在日デンマーク大使館にて申請

デンマーク×ワーキングホリデーで必要な費用の目安

デンマークのワーキングホリデーでは、どれくらいの費用が必要なのでしょうか?

2016年7月現在、デンマークの為替レートは1クローネあたり15円。デンマークの首都コペンハーゲンは同じ北欧のノルウェーと比べても物価は安いですが、ヨーロッパ全体で見ると高めです。

特にレストランやファーストフード店などでの外食が高いので、自炊中心の生活をすれば食費も抑えられますよ♪

項目 費用の目安
渡航前に必要な費用(航空券/保険) 47.6万円
語学学校の費用※3ヶ月通う場合 48万円(月16万円x3ヶ月)
滞在費 96万円(月8万円x12ヶ月)
生活費 96万円(月8万円x12ヶ月)
アルバイト代 136万円(17万円x8ヶ月)※時給1,700円/月100時間勤務と想定
1年間の合計 (47.6万+48万+96万+96万)-136万=約151.6万円

>>デンマークのワーキングホリデー費用についてもっと詳しく

デンマークでできる仕事

デンマークのワーキングホリデーでは、日本食レストランや在住邦人のベビーシッター、カフェや飲食店の裏方など、あまり語学力を必要としない仕事にチャレンジしやすいです。

しかも、デンマークの最低時給は【110デンマーククローネ(約1,650円)】と世界トップクラス!所得税や消費税などの税金も高いデンマークですが、働くことができれば生活には困らないでしょう。

また、英語でもコミュニケーションがとれるので、デンマーク語に自信がなくても仕事は見つかります。ですが、デンマークならではの仕事の場合はデンマーク語を話せる方が有利なので、語学力が身についてきたらぜひチャレンジしてみてください♪

>>デンマーク×ワーキングホリデーの仕事についてもっと詳しく

ALT

デンマークの基本情報

デンマークでワーキングホリデーするなら、デンマークの基本情報もチェックしておきましょう!
ここでは、おすすめの都市や治安情報を紹介しています。滞在先選びやワーキングホリデー中の過ごし方の参考にしてみてください。

デンマーク×ワーキングホリデーでおすすめの都市は?

デンマークのワーキングホリデーでおすすめの都市は、首都コペンハーゲン
最大の都市といっても人口は50万人弱と、東京都の26分の1くらい。そんなに人口が多くないので、ゆったり落ちついた生活が送れます。エリアごとでそれぞれ違った雰囲気が楽しめるのも魅力的です♪

デンマークは自転車大国でもあるので、自転車で気になるエリアを周ってみるものおすすめですよ。デンマークの中でも仕事が見つけやすい都市なので、きっと希望の仕事が見つかるはずです。

また、デンマークが誇る童話作家アンデルセンの生まれた街として有名なオーデンセもおすすめ!街全体がとても可愛い雰囲気で、おとぎの国に来たかのような感覚に♡
アンデルセンの作品に囲まれながら仕事をして、芸術センスを磨いてみましょう。

ALT

デンマークの治安について

デンマークは、世界的にも安全な国と言われています。旅行するにも住むにも安心できるでしょう。

平和な国ランキングでも上位にランクインしており、ヨーロッパの中でも治安が安定しています。国連が調査している世界幸福度ランキングでは、何度も1位に輝いています。

ただ、日本人はお金をたくさん持ち歩いていると思われているので、特に観光シーズンは盗難が多発します。被害に遭わないように、防犯意識を高く持って常に気をつけていきましょう。

安心して渡航できるように、デンマークのワーキングホリデー前には最新の治安情報を確認してくださいね。

デンマーク×ワーキングホリデーの関連記事

デンマーク×ワーキングホリデーの体験談

『留学くらべ~る』では、ワーキングホリデーや留学の体験談をたくさん掲載しています!デンマークのワーキングホリデーの体験談以外にも数多くの体験談があるので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね♪

AYAさんの体験談(渡航した年:2016)

>>体験談『次はデンマークでワーキングホリデー!おとぎの国で第3言語を学ぶ!』を読む

ワーホリブロガー・経験者へのインタビュー

ワーキングホリデーの日々をつづったブログは、渡航先を決めるうえでとても参考になりますよね!

デンマークのように、まだまだ渡航者の少ない国の情報はかなり貴重です。デンマークのワーホリブロガーさんへのインタビュー記事は、掲載が決定次第、こちらに随時追加していきます!

デンマークではどのような日々を送ることができるのか、楽しみにお待ちくださいませ♡

ブロガーインタビュー企画第1弾

>>『Travel Scrapnote』のブロガーKyaoriさんへのインタビュー記事を読む

デンマークのワーホリ情報Related information

img

facebook instagram twitter