アイルランドのワーキングホリデー(ワーホリ)最新情報

アイルランドのワーキングホリデー(ワーホリ)最新情報

日本では味わえない幻想的な風景や広大な自然と穏やかな雰囲気のアイルランドに魅了されている人も多いはず。

このページでは、アイルランドのワーキングホリデーについて役立つ情報を紹介します。ワーキングホリデーの準備に欠かせないビザや費用、現地での生活で必要な仕事についてなど、ぜひ参考にしてみてください♪

準備や渡航中のサポートもエージェントを使えば安心♪

目次

アイルランド×ワーキングホリデーの情報

アイルランド×ワーキングホリデーの最新情報
アイルランド×ワーキングホリデーの魅力
ワーキングホリデービザの概要
アイルランドのワーキングホリデーで必要な費用
アイルランドでできる仕事

アイルランドの基本情報

アイルランド×ワーキングホリデーでおすすめの都市は?
アイルランドの治安について

アイルランド×ワーキングホリデーの関連記事

アイルランドのワーキングホリデー体験談
ワーホリブロガー・経験者へのインタビュー

アイルランド×ワーホリ最新情報

2016年12月、2017年度のアイルランド・ワーキングホリデーに関する応募要項が発表されました。
今回は、ワーホリの申請時期だけでなく、申請料や申請書のメール送付先アドレスなどについて変更点も合わせて発表されたので、アイルランドのワーホリをお考えの方は最新の情報をチェックするようにしましょう!

2017年のアイルランドワーキングホリデーの申請時期

アイルランドのワーホリは申請時期が2回に分かれています。
アイルランドでワーホリをしようと考えている方は、決められた期間内にメールにて申請書を送る必要があります。
2017年の第1回申請時期は下記のとおりです。

===========================
2017年1月20日(金)~2月8日(水)
===========================

この時期に申請した場合は、2017年8月31日以前に渡航することになります。
第1回分の申請結果は2月中旬頃に発表されます。

第2回の申請時期の詳細はまだ発表されていませんが、6月下旬になるとのことです。
2016年8月31日~2017年2月28日以前に渡航する予定の方は、第2回の詳細を待ちましょう。

2017年からはワーホリビザの申請料が必要!

申請書をメールで送った後、申請許可が送られてきた方は、必要書類を「合同会社 VFS サービシズ・ジャパン」宛てに郵送します。

アイルランドのワーホリビザの申請料は6,900円(60ユーロ)ですが、支払いの手続きに関しては申請許可の下りた方にのみ案内されます。

≫アイルランド大使館による発表はこちらから

アイルランド×ワーキングホリデーの情報

アイルランド×ワーキングホリデーの魅力

アイルランドへのワーキングホリデーがスタートしたのは2007年。
1年間のビザ発給人数が400人ということもあり、日本人が少ないワーキングホリデー先として人気が高まっています。

アイルランドの人々は自然がたくさんある環境でのんびりと暮らしていて、ヨーロッパの中でも治安が良いと言われています。初めての海外、初めてのワーホリという人にも住み心地の良い国になるのではないでしょうか♪
教育水準も高いので、英語をしっかり学びたい人にとってもおすすめですよ!

>>アイルランド×ワーキングホリデーの魅力

ALT

ワーキングホリデービザの概要

アイルランドのワーキングホリデービザは申請時期が2つの期間に分けられています。
スケジュールをしっかり把握しておけば、申請手続きはそこまで難しくありません。書類の手配に時間がかかることもあるので、申請する際には余裕を持って行動しましょう。

項目 概要
対象年齢 18~30歳※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 400人
就学できる期間 制限なし
就労できる期間 1週間に最大39時間
ビザ申請方法 アイルランド大使館へ申請書類を郵送する

>>アイルランドのワーキングホリデービザについてもっと詳しく

アイルランド×ワーキングホリデーで必要な費用の目安

ヨーロッパに位置するアイルランド。物価が高そうというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか?
次に、アイルランドでワーキングホリデーをした場合に必要な費用についてみてみましょう。

項目 費用の目安
渡航前に必要な費用(航空券/保険) 45万円
語学学校の費用※3ヶ月通う場合 39万円(月13万円x3ヶ月)
滞在費 72万円(月6万円x12ヶ月)
生活費 60万円(月5万円x12ヶ月)
アルバイト代 85.6万円(10.7万円x8ヶ月) ※時給1,070円/月100時間勤務と想定
1年間の合計 (45万+39万+72万+60万)-85.6万=約130.4万円

>>アイルランドのワーキングホリデー費用についてもっと詳しく

アイルランドでできる仕事

せっかくワーキングホリデーをするなら、アイルランドらしさを感じられる仕事に就いてみたいですよね!

ワーキングホリデーでの初めてのアルバイトでは日本食レストランなどが人気ですが、ある程度英語力に自信がついたら、現地の人とたくさん関われる仕事にチャレンジしましょう♪

また、アイルランドでは仕事経験が採用や時給に影響することが多いので、ワーキングホリデーでチャレンジしたい仕事を日本にいるうちから経験しておくと、チャンスの幅が広がりますよ!

>>アイルランド×ワーキングホリデーの仕事についてもっと詳しく

ALT

アイルランドの基本情報

最後に、アイルランドの基本情報について紹介します。
おすすめの都市や治安情報など、ワーキングホリデーで長期滞在する前に抑えておきたいポイントをお伝えしているので、しっかりチェックしましょう。

アイルランド×ワーキングホリデーでおすすめの都市は?

アイルランドのワーキングホリデーで人気の都市は、首都のダブリン
語学学校が多いので、最初は英語をがっつり勉強したいという人におすすめです★パブや芸術施設もたくさんあって、アイルランドの雰囲気を満喫できます。

また、アイルランドの西部に位置するゴールウェイもワーキングホリデーにはぴったりの都市です!街並みに中世の雰囲気が色濃く残っているので、アイルランドの文化を堪能したい人はぜひゴールウェイに滞在してみてくださいね♪

ALT

アイルランドの治安について

アイルランドはヨーロッパの中では治安が良いとされていますが、決して気を抜いてはいけません。

アイルランド人には人懐っこく温厚な人が多いですが、観光名所にはぶつかったフリをしてスリやひったくりを行う人もいます。スマホ片手に街を散策していたら、通りすがりの人に盗られてしまったというケースもあります。

長期滞在で慣れていたとしても、カバンの口をしっかり閉める、人通りの少ない道は避けるなど、トラブルに巻き込まれないように行動していきましょう。

アイルランド×ワーキングホリデーの関連記事

アイルランド×ワーキングホリデーの体験談

アイルランドのワーキングホリデーでは実際どんな体験ができるのでしょうか?リアルな体験談をチェックして、ワーキングホリデー前の参考にしてみましょう。

『留学くらべ~る』では、これからもワーキングホリデー経験者の体験談を随時紹介していきますので、ぜひご覧ください!

クララさんの体験談(渡航した年:2016)

>>体験談『アイルランドのワーキングホリデーで家探し!~ホームステイ?シェアハウス?~』を読む

ケフィアさんの体験談(渡航した年:2013)

>>体験談『ダブリン・ゴールウェイだけじゃない!アイルランドで田舎暮らしのワーキングホリデー!』を読む

hirokotorikuraさんの体験談(渡航した年:2016)

>>体験談『念願の海外生活!アイルランドでのワーキングホリデーが半年を過ぎてからの心境』を読む

ワーホリブロガー・経験者へのインタビュー

『留学くらべ~る』では、ワーキングホリデーの経験をブログにしてまとめている方へのインタビューを行っています。
渡航人数の少ないアイルランドだからこそ、現地の情報は貴重です!ぜひこちらもチェックしてくださいね♪

ブロガーインタビュー企画第1弾

>>『アイルランドワーホリブログ~Enjoy living my life!!!~』のブロガー・etsukoさんのインタビュー記事を読む

アイルランド ワーホリプログラム

初心者でも安心!自然豊かなアイルランドの首都、ダブリンで英語を学ぶ

アイルランド/語学留学/ワーキングホリデー(ワーホリ)/社会人留学・キャリアアップ/1週間〜 80,300円〜

  • 1ヵ月
  • 半年(6ヵ月)
  • 社会人向け
  • 人と違うことがしたい
  • 1週間からOK

アイリッシュパブの発祥地!ダブリンなら短期留学でも満喫できる♪♪

アイルランド/語学留学/ワーキングホリデー(ワーホリ)/短期留学/2週間〜 133,800円〜

  • 2週間
  • 3ヵ月
  • 大学生向け
  • 異文化にふれたい
  • 初めての留学歓迎

子ども好き必見!アイルランドの首都ダブリンでのオーペア・プログラム

アイルランド/ホームステイ/ワーキングホリデー(ワーホリ)/オーペア(デミペア、ナニー)/インターンシップ/9ヶ月間〜 930,000円〜

  • 1年

アイルランドのワーホリ情報Related information

img

facebook instagram twitter