利用者 69 万人突破!

(2024年5月25日更新)

閉じる

今年こそ短期留学!国別・期間別の費用や節約術
おすすめのプログラムも

No image
短期留学の費用がわかる!国別の費用や節約術、2週間から行けるプログラム紹介も

1週間から3ヶ月ほどの期間、海外の学校に通いながらその国の文化や魅力を堪能できる短期留学。
語学や習い事など、短い期間でも身につくスキルは数多くあるんですよ♪
また、短期留学であれば費用や留学時期の調整がしやすいのも、うれしいポイント!
手軽に行くことができるので、「異文化に触れたい」「実力を試したい」という方は、ぜひ短期留学に挑戦してみましょう!

こちらでは、短期留学の費用や節約術、格安で行ける国、年齢別のおすすめ短期留学、期間別のポイントなどなど、短期留学するなら知っておきたい情報をまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

今すぐ短期留学したいなら パンフレットを見てみたい!

短期留学におすすめのプログラム

プログラムをもっと見る

短期留学の費用

短期留学は渡航費の占める割合が大きいので、1週間や2週間、3週間と1ヶ月を比べてもそれほど費用に差が出ないことが特徴です。
こちらでは、国と期間別に短期留学の費用をご紹介します。

国名 1週間 1ヶ月 3ヶ月
アメリカ 20~30万円 30~50万円 70~120万円
カナダ 20~30万円 20~60万円 60~100万円
オーストラリア 20~30万円 30~50万円 70~120万円
ニュージーランド 20~30万円 30~50万円 60~80万円
イギリス 20~40万円 25~70万円 50~120万円
ハワイ 15~30万円 30~50万円 80~150万円

表に含まれる費用:学費・居住費・生活費・渡航費
含まれていない費用:海外留学保険費・ビザ申請費・交際費・交通費・おこづかい・空港出迎え費など

留学費用について詳しく見る

短期留学の費用節約術

短期留学の費用節約術 費用が比較的抑えやすいとはいえ、できるだけ安い費用で短期留学が実現できるとうれしいですよね!
そこでここからは、短期留学の費用節約術をご紹介します。

物価の安い国・都市を選ぶ

留学先の国や都市の物価は短期留学の費用に大きく影響するので、できるだけ物価が安い国・都市を選ぶことが費用を抑えるポイント!

たとえば英語圏のなかでは、アメリカやイギリスよりニュージーランドのほうが物価は安めです。そのほか、フィリピンやインドネシアなどの東南アジアにも物価が安い国がたくさんあります。

同じ国のなかでも大都市や観光地などは物価が高く、郊外や田舎だと安いことがほとんどなので、短期留学の費用を抑えたいなら大都市や観光地を避けて留学先を決める方法もおすすめです。
ただし、物価が安い国や都市は治安や医療環境など注意すべきポイントも。事前に情報収集をしっかりと行い、安全に楽しい留学を実現しましょう。

航空チケットの購入を工夫する

短期留学は期間が短くなればなるほど、航空チケット代(渡航費)の占める割合が大きくなります。
でも、ちょっとした工夫で大幅に節約することができるんです!

まず、早めの予約は基本中の基本。航空券は出発日が近づくと高くなる傾向があるので、計画的に行動しましょう。

また、オフシーズンに短期留学を計画することで、チケット価格が安くなることも。さらに、トランジット(乗り継ぎ便・経由便)を利用したり格安航空会社のチケットを探したりすることで費用の大幅な節約が期待できますよ。

語学学校などの割引キャンペーンを活用する

語学学校や留学エージェントが提供している割引キャンペーンを上手く利用すれば、短期留学費用の節約に!

たとえば、早期予約や長期利用、グループ申し込みなど語学学校によって取り扱っている割引キャンペーンが違います。キャンペーン情報は、語学学校や留学エージェントの公式サイト、SNSなどに掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。

また、留学フェアなどのイベントに参加することで、特別な割引情報を手に入れられることも。キャンペーンには期間や条件があることが多いので、詳細をしっかり確認してから申し込むようにしましょう。

留学エージェントの選び方とおすすめ13社比較

滞在方法をホームステイにする

滞在方法をホームステイにすることも、短期留学の費用を節約するコツの一つです。

ホームステイは現地の家庭で一緒に生活する滞在方法で、1日2~3回の食事が付いていることも多く、滞在費だけでなく食費が節約できるのもうれしいポイント。ホテルや一人暮らし、寮より安い費用で滞在できますよ!

ホームステイの詳細はこちら

奨学金を活用する

短期留学でも奨学金を利用することができるので、上手く活用して費用を節約しましょう!

たとえば、

  • JASSO「第二種奨学金(短期留学)」
  • JASSO「海外留学支援制度(協定派遣)」
  • トビタテ!留学JAPAN「新・日本代表プログラム」

などさまざまな奨学金があり、返済不要の奨学金を提供している外国政府や地方自治体、民間団体もあります。

申請条件や手続きの流れはそれぞれの奨学金制度で異なるので、自身の短期留学で利用できるかぜひチェックしてみてくださいね。

留学で利用できる奨学金制度について

費用を抑えて短期留学したいなら パンフレットを見てみたい!

格安で短期留学できる国(英語圏)

留学といえばアメリカやイギリス、オーストラリアなどを選ぶ人が多いですが、フィリピンやフィジーなどは同じ英語圏でも格安で短期留学ができます。
物価や航空費も安いため、欧米の約3分の1程度に抑えられるんですよ♪

フィリピン

マンツーマンレッスンで英語を学べるのが人気の理由。
短期留学の費用も欧米諸国の半分以下とかなりお得!マリンスポーツが楽しめるのもうれしいですよね!   フィリピン留学について詳しく  

フィジー

費用はフィリピンとほぼ同額ですが、こちらの授業はグループレッスンが主体。
ホームステイでの滞在がほとんどなので、短期での滞在でも現地の文化に触れられるのもメリットの1つです。   フィジー留学について詳しく  

ヨーロッパ圏に格安で短期留学するには?

ヨーロッパは国や滞在都市によっても費用の差が大きく、1ヶ月で10~50万円ほどかかります。
この費用以外にも、飛行機代や毎日の生活費も必要となってくるので、具体的に費用を計算するときにはくれぐれも漏れのないようにご注意ください♪
ヨーロッパ圏のなかではマルタやポルトガルが物価も安く、短期留学の費用も抑えやすいですよ!

格安で短期留学できる国をもっと知りたいなら パンフレットを見てみたい!

短期留学の種類と選ぶポイント

短期留学の種類と選ぶポイント

「短期留学はできることが限られるのでは?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
ですが、短期であってもチャレンジできる留学スタイルはたくさんあるんですよ♪

種類 ポイント
語学留学 期間が短いため、費用をぐっと抑えて語学を学ぶことが可能!
習い事や異文化体験と組み合わせるのもおすすめです♪
ホームステイ 海外のリアルな生活を体験!
本格的な留学の前に、海外生活に慣れる目的で挑戦してみてはいかがでしょう?
サマースクール 夏休みを使って留学したい学生におすすめ!
世界の学生たちと異文化交流をして、ひと夏の思い出作りをしちゃいましょう!
ボランティア 短期のボランティアは、費用を抑えて海外経験をしたい方におすすめ!
語学だけでない、さまざまな学びや気づきを得る体験ができるでしょう。
インターンシップ 期間が短い分、すべてが新鮮で刺激的な体験になるインターンシップ!
海外就職希望者は、現地の仕事環境を知るチャンスでもありますよ♪
親子留学 「子どもと一緒に海外体験をしたい」という方にぴったりなのが親子留学!
費用も抑えられるので、短期の親子留学プログラムも人気です♪

年代別おすすめ短期留学(高校生・大学生・社会人)

短期留学といっても、留学する年代ごとにマッチする期間も異なり、できる留学スタイルもさまざまです。
こちらでは高校生・大学生・社会人の3つの年代に分けておすすめの短期留学をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

高校生におすすめな短期留学はこちら!

高校生が短期留学するには、夏休みや冬休みなどの休暇期間を利用する方法があります。
プログラムであれば、サマースクールやウィンタープログラムなども豊富にあるのでおすすめです♪

大学生におすすめな短期留学はこちら!

大学生であれば、春休みや夏休みなどを使っての短期留学が可能。
2ヶ月近く休暇のある大学が多いので、語学留学で語学力を身につけたり、ホームステイやボランティアを通して海外体験を積んだりするのもいいでしょう。

社会人におすすめな短期留学はこちら!

自由に使える時間が限られる社会人でも、休暇を利用しての短期留学ならチャレンジしやすいのでは?
語学留学で集中的に語学を学ぶのも、アクティビティや習い事、異文化体験などとあわせてリフレッシュを兼ねた海外生活を楽しむのもアリですよ♪

年代に合った短期留学プログラムを見つけたいなら パンフレットを見てみたい!

期間別!短期留学の魅力やおすすめポイント

期間別!短期留学の魅力やおすすめポイント

短い留学期間でも、学べることは数多くあります。
留学期間にお悩みの方は、1週間・1ヶ月・3ヶ月それぞれの期間で行く短期留学の魅力やおすすめのポイントをぜひチェックしてくださいね!

1週間の短期留学

1週間の短期留学で語学力を飛躍的に上げることは難しいですが、語学に慣れたり、恐怖心を減らしたりすることは可能。

留学での経験をできるだけ吸収しようと行動することが大切です♪

また、1週間の短期留学は、費用を格段に抑えることができるのが大きなポイント。
本格的な留学前の準備やホームステイなどの文化体験…といったスタイルもおすすめです。

こんな方におすすめ!

  • 留学費用を抑えたい
  • 本格的な留学前に、現地での生活の雰囲気などを感じてみたい
  • まとまった時間がとれないので、短い期間の中で留学してみたい

プログラムをもっと見る

2週間や3週間で行ける短期留学プログラムも!

プログラムをもっと見る

1ヶ月の短期留学

1ヶ月の短期留学は、自分の語学力を試す機会がより増えるので、学習へのモチベーションを上げることにもつながります。


1週間の留学と比べると、より現地の生活や文化を肌で感じることができるでしょう。

また、大学生の場合は、夏休みなどの長期休暇を利用して1ヶ月の短期留学をしてみるのもおすすめです!
ホームステイをするなどして、異文化交流を図ることもできますよ!

こんな方におすすめ!

  • 留学費用を抑えたい
  • 現地の生活を肌で感じてみたい
  • 本格的な留学の前に、モチベーションを上げたい

プログラムをもっと見る

3ヶ月の短期留学

3ヶ月の短期留学では、1週間や1ヶ月よりも語学力アップが期待できます。


日本にいるうちから語学をある程度学んでおくことで、留学の効果が表れやすくなるでしょう。

また、観光と勉強を両立させる期間としてもおすすめで、学校に友人を作ることも♪
3ヶ月以内であればビザが不要の国もあるので、準備もスムーズに進められます。

こんな方におすすめ!

  • 確実に語学力をアップさせたい
  • 観光も勉強も充実させたい
  • 本格的な海外生活を送ってみたい

プログラムをもっと見る
自分に合った短期留学がしたいなら パンフレットを見てみたい!

短期留学のメリット・デメリット

短期留学のメリット・デメリット

「短期留学って意味があるの?」と思う方もいるかもしれませんが、短期留学だからこそのメリットも豊富にあるんです!
こちらでは短期留学のメリット・デメリットをそれぞれ紹介するので、どちらも理解したうえで留学を検討してみてくださいね。

短期留学のメリット

短期留学のメリットはこちら!

  • 留学費用が抑えられる
  • ビザがいらない国も多く、長期留学に比べて準備が楽
  • 学校や仕事への影響が少ない
  • 現地の言語を使うことへの抵抗感がなくなる
  • 長期留学前のファーストステップとして活用できる
  • 海外で生活したことで自信につながる
  • 自身の語学力を把握でき、語学学習のモチベーションアップにつながる

1週間程度の短期留学であれば、長期休暇などを利用して気軽に挑戦できます。
留学期間によっては休学したり会社を辞めたりする必要もないため、帰国後の影響もほとんどないでしょう。

また、語学力が著しく成長するわけではありませんが、短期留学を通して現地の言葉を話す楽しさを実感することで語学学習への意欲もアップします。

たとえ短期であっても海外の友人ができたり、海外生活を満喫したりなど、留学ならではの体験が味わえるので、「留学はちょっと勇気が出なくて…」という方にこそチャレンジしてほしい留学スタイルです。

短期留学のデメリット

一方、短期留学には下記のようなデメリットがあることも覚えておきましょう。

  • ・語学力が期待通りに伸びるわけではない
  • ・留学にもの足りなさを感じる可能性もある
  • ・コスパで考えると、長期留学よりもやや悪い

メリットでも述べましたが、短期留学の場合は語学力が急激に伸びることがほとんどありません。
ある程度の語学力があれば成長度合いが比較的わかりやすいですが、イチから学ぶ場合は目に見える形で成果を残すのは難しいでしょう。

また、慣れてきた頃に帰国することになったり、海外でやりたかったことに挑戦できなかったりなど、留学期間の短さを後悔する方もいます。 ですが後悔した分、「長期留学がしてみたい」という思いにつながる場合もあるため、まずは短期留学をしてみるというのも1つの方法でしょう。

メリット豊富な短期留学がしたいなら パンフレットを見てみたい!

短期留学のスケジュール

せっかく留学するなら、短期でも充実させたい!と考える方も多いはず。 みっちり語学を学ぶもよし、アクティビティを満喫するもよし、短期留学でも目的に合った過ごし方ができますよ♪ こちらでは1週間のスケジュール例をご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

1週間のスケジュール例

1週間のスケジュール例

短期留学で語学力はどのくらい上達する?英語初心者の場合の効果

「短期留学って実際にどのくらい効果があるの?」と疑問に思っている方は、成長度合いの目安を参考にしてみましょう!
もちろん留学時の語学力や学ぶコースにもよりますが、短期留学でも確かな成長を感じることができるはずです♪

短期留学の効果

個人差はあるものの、英語初心者が短期留学をした場合は1週間程度で耳が英語に慣れてくるでしょう。
短期留学後1ヶ月で片言で会話ができるくらい、TOEICでいうとスコアが50~150アップくらいが目安です。そして2ヶ月も経過すると英語での会話に慣れ始め、3ヶ月後には日常会話ができるレベルまで上達することが期待できます。
頑張り次第では、もっともっと上達する可能性も!語学学校の授業以外でも積極的に英語に触れたり英語を使ったりして、英語力アップを目指しましょう!

短期留学でも英語を上達させたいなら パンフレットを見てみたい!

短期留学の注意点

留学期間の短い短期留学でも、注意しておきたいポイントはあります。
こちらでは、2つの点について紹介します。

ビザの有無に注意!
海外に渡航するにはビザの所持が基本ですが、短期留学の場合は、渡航する国や期間によってビザの申請が不要になることもあります。

渡航する国や期間が決まったら、大使館のビザページなどでビザの申請が必要かどうかをしっかり確認しましょう。
もし「ビザを忘れてた…」となっては、出国できなくなってしまうので気をつけてくださいね。

期間が短い分、「何のために留学するのか」を明確に!
短期留学は期間が短い分、目的があいまいなままだと「何のために留学したんだろう」と後悔することになりかねません。

「期間いっぱいを使って集中的に語学を勉強する」「異文化交流を通して外国語を話すことへの抵抗をなくす」「長期留学の前に現地の生活スタイルに慣れる」など、自分なりの目的を明確にすることが大切です!

目的意識をしっかり持って、限られた留学期間を有効活用していきましょう♪

安心して短期留学したいなら パンフレットを見てみたい!

短期留学に関するよくある質問

短期留学で必要なビザは?また、申請方法は?

短期留学の場合は、ビザが不要(ノービザ)な国も多いです。たとえばカナダでは半年以内であれば学生ビザもワーキングホリデービザも不要です。渡航先の国によって必要なビザの条件は異なるため、行きたい国のビザ情報はしっかり調べましょう。

学生におすすめの短期留学とは?

学生におすすめなのは夏休みや春休みを利用した短期留学です。中学生や高校生向けのサマースクールが開催されたり、春休みが長い大学生向けのプログラムが多数あったりと、各世代に合わせた留学スタイルを選べます。また、海外の大学に進学を考えているのであれば、短期留学で事前にその国の雰囲気などを知るのもよいですね!

短期留学に語学力はどれくらい必要?

語学力に応じてクラス分けされるので、自信がなくても問題ないです!ですが、限られた時間を有効に使うには、日本で英語の事前学習をしておくことも大切です。留学エージェントによっては、留学前レッスンが無料で受講できるのでぜひご利用ください。

短期留学で英語力・語学力を伸ばすコツは?

短期留学では、どのスキルを伸ばしたいかを明確にしておくこと、目標を設定しておくことが大切です!限られた時間を有効活用できるように、日本にいるうちから英語・語学に触れる機会を増やすなど、下準備はしっかり行いましょう。

短期留学の期間はどれくらい?

短期留学の期間は、一般的に1週間から3ヶ月までを指します。1週間や2週間、3週間くらいの短期留学は休暇を利用した留学や、特定のイベント・セミナーに参加するパターンが多いです。1ヶ月や3ヶ月は春休みや夏休みを利用して留学する人が多いです。期間によってできることが違うので、自分の目的に合わせて選ぶようにしましょう。

短期留学の費用はどれくらい必要?

短期留学の費用は選ぶ国や都市、語学学校、滞在方法などによって大きく異なります。たとえば、アメリカでの短期留学の場合は1週間で20~30万円、1ヶ月で30~50万円、3ヶ月で70~120万円が費用の目安です。短期留学の費用を抑えるためには、物価の安い国や都市を選ぶ、航空チケットの購入を工夫する(オフシーズンに留学するなど)、語学学校などの割引キャンペーンを活用する、ホームステイを選ぶ、奨学金を活用するなどの方法があります。

短期留学で利用できる奨学金はある?

はい、短期留学でも奨学金を利用することができます。たとえば、JASSOの「第二種奨学金(短期留学)」や「海外留学支援制度(協定派遣)」、トビタテ!留学JAPANの「新・日本代表プログラム」などです。留学費用の一部をカバーできるので、短期留学の費用を抑えられます。申請条件や内容は奨学金ごとに異なるので、詳しくは各公式サイトをチェックしてみてください。

短期留学では語学学校に通うべき?通っても意味ない?

短期留学で語学学校に通うかどうか、意味があるかどうかは、あなたの目的や現地での行動によって違います。仮に1週間や2週間、3週間くらいの短期留学でも、できるだけ現地の言語に触れたい、可能な限り語学力を上げたいのであれば語学学校に通うべきですし、授業で学んだことを積極的に現地での生活のなかで活かす努力をすれば、短期間であっても語学力を上達させられるでしょう。ただし、流暢に話せるようになるにはある程度の期間が必要になるので、目的に合わせて留学する期間を決めるのも大事です。

短期留学だからこその魅力がある!費用やポイントを抑えて憧れの海外生活を実現しよう

短い期間で集中して学ぶ、忙しくても予定が組みやすい、短期なら気軽に留学できるなどなど…短期留学だからこその魅力がたっぷりでしたね!

「短期留学は期間も短いし学びたいことが身につくのかな…」なんて不安もなくなっちゃいませんか?

今まで踏み出せなかった方でも短期留学なら旅行気分で留学に行くことができます。
もしかしたらチャンスは今なのかもしれません!

少しでも短期留学に興味があれば留学エージェントに資料請求をしてみてください。
短期留学に詳しいスタッフが、充実した短期留学を実現するためのサポートをしてくれます。
気になる留学エージェントや短期プログラムがあればお気軽に資料請求してみてくださいね!

短期留学の資料を一気にチェックしたいなら パンフレットを見てみたい!

シーズン別の格安おすすめ短期留学

年代別の短期留学情報まとめ

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!

短期留学の体験談

No image

2023.10.16

【体験談】日本ではありえない驚きの数々!インドの短期留学で知った現地の実情

No image

2023.08.29

【体験談】予想外!ドイツの語学留学が思わずハードだった理由

No image

2018.09.05

【体験談】短期でも充実!ニュージーランドで自由気ままな語学留学ライフ♪

体験談をもっと見る

短期留学の最新情報

No image

2024.02.01

【2024年2月最新】人気留学プログラムランキングと2024年におすすめの留学プログラム

No image

2024.01.29

【1分で分かる】語学学校とは?おすすめの国や語学学校一覧・費用相場

No image

2024.01.04

【15万円以下】高校生向け!2024年夏休み留学まとめ

記事をもっと見る

短期留学で人気の国ランキング

短期留学を検討中の方におすすめの留学目的

短期