ポルトガル留学 ポルトガル留学 portugal

ポルトガルで異文化を満喫!ロマンあふれる国に留学しよう♪

留学先としてあまりイメージのないポルトガルですが、実は日本人にとって嬉しいメリットがたくさん!
2015年にはワーキングホリデー協定国のひとつになったことでも話題となりました。

こちらのページでは、ポルトガルの魅力や費用、ビザに関する情報など、ポルトガル留学についてさまざまな情報をまとめています。
異文化を体感したい!歴史あふれる街に住みたい!そんな方は、ぜひポルトガル留学も考えてみてくださいね♪

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

ポルトガル留学の特徴・メリット

ポルトガルは、留学に興味はあるけど海外での生活は不安で…という方にピッタリの国!
ポルトガル留学には、こんな魅力があるんです♪

1.世界で多く話されているポルトガル語を学ぶことができる
2.ヨーロッパの中でも物価が安く、治安も良いので生活しやすい
3.東と西が入り混じるポルトガル文化を堪能できる

ポルトガルの公用語はもちろんポルトガル語ですが、実はポルトガル語はブラジルやアフリカ諸国でも話されている言葉でもあります。
なんとその話者数は2億人を突破し、日本語の話者数をはるかに上回っています。

また、ポルトガルはアラブやイギリス、フランスといったさまざまな国の影響を受けています。
そのため、ポルトガルは東と西、両方の趣を感じられる街並みで、観光も楽しめる国なんですよ♪

ポルトガルは治安や物価面で安定しているだけでなく、食事も日本人の口に合うものが多いです。
主食はお米で海産物もおいしいので、留学中はグルメも楽しみたいという人は、ぜひポルトガルも留学先の候補に入れてくださいね。

ALT

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

ポルトガル留学の費用

ポルトガル留学で必要な費用の目安

留学期間 費用の目安
1ヶ月 20~40万円
3ヶ月 50~90万円
半年 90~150万円
1年間 150~300万円

ポルトガル留学の費用は他の欧米諸国に比べると比較的安く、1ヶ月で20~40万円、1年間で150~300万円ほどです。
語学学校によっては学費が高くなるケースもありますが、大学や大学院の学費は安いので、正規留学であれば年間の留学費用を抑えることができるでしょう。

また、ポルトガルは生活費が安いことも特徴です。
外食のコストもそれほど高くないので、食事を楽しみながら留学したいという人にはぴったりの国ですよ♪

ポルトガル留学で必要な費用の内訳《渡航費・学費・滞在費・生活費・交通費》

留学費用の種類 費用の目安 お得な情報
渡航費(往復) 8~15万円 費用を抑えるなら、渡航時期は11~2月が狙い目!
学費(1ヶ月) 3~20万円 目的によって大きく異なるので、下調べをしっかり行おう
滞在費(1ヶ月) 2~7万円 寮orルームシェアが滞在費を節約するポイント
生活費(1ヶ月) 1.5~3万円 自炊を中心にした食生活で、オトクに済ませられる

渡航費はやや高め!冬に出発すれば10万円以下で渡航することもできる

日本からポルトガルへの直行便はないため、どこかの都市を経由する必要があります。
経由する都市や国、乗り継ぎ時間によってかかる時間は異なりますが、東京発リスボン着で16~25時間ほどが目安です。

渡航費は往復で10~15万円ほどですが、11月~2月であれば往復8万円以下の航空券を見つけることもできます。
また、同じ時期であっても土日は航空券が高くなる傾向にあります。
留学の時期を調整できるのであれば、冬の時期の平日を狙って出発することで渡航費を抑えることができるでしょう。

目的別でみるポルトガル留学の学費

留学の目的 学費の目安
語学留学(1ヶ月) 12~20万円
大学留学(1年間) 30~100万円

ポルトガルで語学学校に通う場合、1週間で3~6万円、1ヶ月で12~20万円程度が目安です。
授業数やシーズンによっても異なりますが、長期になればなるほど割安になる学校もあります。

プログラムの中には食費やホームステイがセットで7万円程度のものもあるので、異文化交流も楽しみたいという人はセットのプログラムを選んでも良いですね♪

また、ポルトガルの大学や専門学校は政府の定める額以上であれば、学費を自由に決めることができます。
支払いも年ごとだったり月ごとだったりと大学によって異なるため、各大学のサイトを確認するようにしましょう。

≪大学留学の学費例/1年間≫
ポルト大学:3,000~8,500ユーロ(約36~103万円)
コインブラ大学:7,000ユーロ(約85万円)
リスボン大学:3,000~7,000ユーロ(約36~85万円)

滞在費を節約するならルームシェア&郊外で家を探そう!

ポルトガル留学では、学生寮やアパート、ホームステイといった方法で滞在することができます。

3つの方法の中で、最も安く滞在できるのが学生寮です。
費用だけ見るとホームステイが割高ですが、食事など生活にかかる手間を考えなくて済むため、学習に集中できる環境にしやすいです。
費用をもっと抑えたいという方は、ルームシェアや郊外の住まいを探してみると良いでしょう。
また、リスボンは他の都市に比べて滞在費が高くなります。

それぞれの費用の目安は以下の通りです。

≪滞在方法の費用目安/1ヶ月≫
学生寮:150~250ユーロ(約18,000~30,000円)
アパート:300~450ユーロ(約37,000~55,000円)
ホームステイ:400~600ユーロ(約49,000~73,000円)

生活費は食費次第で大きく変わる!自炊中心なら100ユーロ程度にも

ポルトガルは物価が低いため、生活費はそれほど高くかかりません。
どのくらい外食するかにもよりますが、1ヶ月あたり100~200ユーロ程度(約12,000~25,000円)で抑えることができるでしょう。

また、外食の費用も安く、大学の食堂であれば1食2.4~5ユーロ(約300~600円)、レストランでも6~10ユーロ(約730~1,200円)ほどで食事をすることができます。

ポルトガルといえばエッグタルトが有名ですが、1個0.5~1ユーロ(約60~120円)で食べることができるので、留学中はいろんなお店のエッグタルトを食べ比べしてみるのも良いですね♪

そしてポルトガルはスーパーの野菜がとにかく安いです。
玉ねぎやじゃがいもが1キロで1ユーロ以下なんてことも多いので、自炊メインで生活することでかなり出費を抑えられますよ。

ポルトガルの交通費は安め!お得なパスを利用しよう♪

ポルトガルの国内を移動する手段は、電車やバスなどがあります。
ポルトガルの学生の交通費は1ヶ月で20~40ユーロ(約2,500~5,000円)ほどが目安です。

留学先がリスボンであれば、地下鉄が走っているので、通勤や通学に利用すると良いでしょう。

料金は1.4ユーロ(約170円)からあり、リスボンのバスや地下鉄の1日パスは6ユーロ(約730円)で利用できます。
留学中に観光も楽しむという方は1日パスの利用がおすすめですよ♪

ポルトガル留学で利用できる奨学金制度について

ポルトガル留学では、目的に応じて奨学金制度を利用することができます。
代表的なもとのしては、オリエント財団奨学金カモンイス言語国際協力機構による奨学金です。

奨学金によっては、語学留学であっても利用できるものもあるので、ポルトガル留学に興味のある方はぜひチェックしてみましょう。

また、日本国内でも留学支援を行っている団体が数多くあります。
どの国の奨学金制度にも言えることですが、応募できる時期や年齢など、奨学金制度の条件はさまざまです。
留学費用にお悩みであれば、まずは自分の条件でも利用できる奨学金制度があるかどうかを調べるようにすると良いですね。

ALT

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

ポルトガルの留学プログラム

ポルトガル留学では、どんなことができるの?とお悩みの方は、留学くらべ~る内にあるプログラムもチェックしてみましょう!
パンフレットは無料で取り寄せることができるので、もっと詳しく知りたい!という方は、ぜひ資料請求も行ってくださいね♪

ポルトガル留学の新着記事

ポルトガルの基本情報

項目 詳細
首都 リスボン
公用語 ポルトガル語
人口 約1037万人
通貨 ユーロ(€)

ポルトガルと日本の時差

ユーラシア大陸の最西端の国・ポルトガルは西ヨーロッパのイベリア半島に位置しており、日本との時差はー9時間です。
そのため、日本が夜の18時のとき、ポルトガルでは朝の9時になります。

また、ポルトガルではサマータイムを実施しています。
夏の時期は日本との時差が1時間短くなるので、期間中に滞在するときは時計の時間を進め忘れることがないように注意しましょう。

ポルトガルの気候・気温について

ポルトガルは、冬場の平均気温が8~18度、夏場の気温が16~30度と比較的温暖な国です。

ですが北部と南部、沿岸部と内陸部の間では気候にかなりの差があります。
北部は降水確率が高く、平均気温が低いのが特徴です。
また、内陸部はポルトガル全土でもっとも気温差が激しい地域です。

一般的に、ポルトガル全体でみると以下のような傾向があります。

季節 傾向
春(3~5月) 天気が不安定で、雨が降ることが多い
夏(6~8月) 気温が高くなるが湿度が低いので涼しく感じられ、朝や夕方は冷え込むこともある
秋(9~11月) 気温の変動が大きい
冬(12~2月) 雨季に入るので多少冷え込む

6~8月に留学する場合でも、羽織るものを1枚用意しておくと安心です。
また、冬でも温かく感じる日はありますが、天候が不安定なことも多いため、体温調節できるようにコート等を準備するようにしてくださいね。

ポルトガルの治安について

ポルトガルは他のヨーロッパ諸国に比べて治安が良く、注意していれば何も問題はありません。

ですが、リスボンなどの大都市では観光客などを狙ったスリや置き引きが多発しています。
混雑した電車や観光客の多いエリアなどを利用する際には、貴重品を手に持って歩かない、酔っ払いには近づかないといったような対策をするようにしましょう。

また、現地の人から情報を集めることも大切です。
どのエリアが危険なのかを知るだけでも身を守ることに繋がるので、早めに学校の先生や友人などに確認するようにしてくださいね。

ポルトガル人にはどんな人が多いの?

ポルトガル人は探究心が強く、人懐っこい性格で、観光や留学などでポルトガルを訪れた際、ほとんどの人は優しく接してくれます。
また、真面目で謙虚なところがあり相手のことを考えて行動する人が多いです。

さらに、目や髪の毛は黒く、平均身長も日本人と同じくらいなので見た目を気にせず過ごすことができるのではないでしょうか。

ポルトガル人は基本的に穏やかな性格の人が多いためか、時間にルーズな人が目立つのも特徴です。
大事な約束があるときは待ち合わせの時間よりも早めの時間を伝えるなど少し工夫すると良いかもしれません。

ALT

ポルトガル留学の準備

最後に、ポルトガル留学の準備についてお伝えします。
海外への留学を考えた際、ビザや保険についてチェックしておくことはかなり大切です!
早めに情報収集して、自分のすべき準備をまとめておきましょう♪

ポルトガル留学のビザの種類

ビザ名称 概要
ビザなし 滞在期間が90日以内の場合はビザが不要
短期滞在査証(E5) アマチュアの方がスポーツ活動をする際に必要なビザ
短期滞在査証(E6) 留学期間が3ヶ月以上の場合に必要なビザ
在留査証(D4) 大学や大学院などへの正規留学、もしくは無報酬の研修やボランティア活動を行う際に必要なビザ
短期滞在査証(ワーキングホリデービザ) 18~30歳であれば申請できるビザ。現地での就労や就学が可能

ポルトガル留学では、91日以上滞在する際にビザの取得が必要で、目的に応じて必要なビザの種類や書類が異なります。
例えば3ヶ月以上の留学であれば、ポルトガルの教育機関が発行した証明書や滞在先を保障する書類、金融機関の残高証明書などを用意しなければいけません。

入国後に行うべき手続きもあるので、在ポルトガル日本国大使館やポルトガル大使館の情報は早めにチェックするようにしてくださいね。

ポルトガル留学保険の準備

ポルトガルは、ビザ申請時に「ポルトガル滞在中の救急治療や病気、けがの治療費、場合によっては日本への送還費用を保証する保険書類」を提出する必要があります
そのため、ポルトガルに3ヶ月以上滞在する際は、留学や海外旅行用の保険への加入をしなければなりません。

留学保険にもさまざまな種類があり、1年間で約10~20万円と費用も異なるので、自分の条件に合ったものを選ぶようにしましょう!

また、ポルトガルの医療費は日本よりも高く、初診料だけでも100ユーロ(約12,000円)、入院だと1日で200ユーロ(約24,000円)ほど必要です。
ポルトガル滞在中に何が起こるか分からないため、3ヶ月以内の短期留学であっても留学保険やクレジットカード付帯の海外保険などについて調べておくことをおすすめします。

費用を抑えてヨーロッパ留学するなら、ポルトガルがおすすめ!

いかがでしたか?

ポルトガル語が学べるだけでなく、治安や物価、食事の面などからも留学先としてぴったりのポルトガル。
少しでも留学してみたいと思ってくれる方がいたら嬉しいです!

ポルトガルについてもっと知りたい、興味がわいてきたという方はパンフレットも取り寄せてみてください。
まずは1週間程度のお試し留学をしてから、ワーキングホリデーや正規留学などの長期滞在を考えてみるのもおすすめですよ♪

ぜひ「留学くらべ~る」で一歩踏み出してみてくださいね!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】